忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    友人と誘いあって焼肉の夜。
    中野新橋の焼肉屋さん、「焼肉天国かずん」に来ます。

    93bdca1e.jpegほどよき値段で、よいお肉。
    気軽でしかも郊外型のファミレスみたいにブース席にて食べられる。
    東京都心の焼肉専門店には、板間系のお店が多くてだからふっくらさんにはありがたい店。
    せり出す腹を抱えてマーメード座りするのはかなりの大変。
    表通りに面している訳でない、住宅街の中の目立たぬお店。
    なのに満席。
    それも男同士のグループ客や、小さな子供を連れたファミリー。
    女性同士のグループなどなどいろんな人たちがやってきている…、これが本当の気軽な繁盛店なんだろうって思ったりする。
    目当ての席がなかなかあかず、別のテーブルで酒を飲みのみちょっと待つ。
    テーブルを移ったらば本格的に注文するから…、といいつつ最初にこれだけは絶対たのむからとっといてネ。

    5f4dd280.jpegそれがレバ刺し。
    ボヤボヤしてるとすぐなくなっちゃう、ここのお店では稀少な料理。
    ブラックローズの薔薇の色。
    ツヤツヤとして角張っている、つまり新鮮にして上等であることの証しのコレに千切り生姜と塩を混ぜたごま油でツルンと食べる。
    まずはひんやり。
    ピトッと舌に貼り付いて、噛むとしばらく抵抗しつつそれでもプチュッと潰れる。
    たちまちネットリ。
    温度は冷たいはずなのに、なんだか口の中が熱くなるような旨さが走る。
    強烈な…。
    けれどスキッと後味さわやかな潔い味。
    胡麻の風味が味の印象をふくよかにして、一口、二口、お替わりねだる。
    数年前まで食べることができなかったレバ刺しというこの料理。
    それまで本当においしいモノを食べたことがなくってそれで、敢えて食べようとしなかったから。
    食わず嫌いの最たる好例。
    今でもやみくもには食べないけれど、こうしておいしいお店があると必ずたのんで食べるモノ。
    これから肉を焼いて食べる準備をするよなよき前菜。

    さて肉焼こうと、まずはキムチにご飯をたのむ(笑)。

    647d85b6.jpeg焼肉の最高のお供はやっぱりご飯と思う。
    焼いた肉にタップリ、タレをつけてそれをご飯にのっける。
    ビビンパでもなくクッパでもなく、あくまでそれは白いご飯で、その真っ白がタレと肉汁、肉の脂で汚れていくのが何よりゴチソウ。
    それにキムチ。
    それからカクテキ。
    そしてご飯をモリモリ…、っていうのがとてもうれしい食べ方。

    それにしてもココのキムチはなかなかのモノ。
    辛味よりも旨みが濃厚。
    しかも甘みで旨みをごまかさぬ、スキッとしたおいしさがいい。
    カクテキの大根のコリコリとした固さもたのしくて、漬け込み具合に管理の仕方が上手くできてる証拠でしょう。
    チャンジャにナムル。
    酒の肴にピッタリくるモノって、そのままご飯のおかずにピッタリ。
    なによりココのタレやヤンニョムが、メリハリのある甘味に辛味でそれをご飯にかけただけでも多分、おいしく食べられる味。
    ご飯を大盛りでたのまなかったコトをしたたか後悔。

    肉を焼きます。

    f953e23a.jpegハラミにカルビ。
    どれも肉そのものの味がおいしく、ほどよく脂がのった肉。
    直火でボウボウ焼いてくと、端がカリッと焦げて仕上がり香ばしい。
    顎を直撃する筋肉質な肉のかたまり。
    奥歯の周りにジュワッと肉汁吐き出しながらユックリユックリ筋がほぐれて「あぁ、なくなっちゃう」ってその瞬間にご飯を口に放り込む。
    ご飯に混じる脂とうま味が、再び肉のうま味を舌に思い出させるなんたるゴチソウ。

    気持ちがとっても盛り上がりサーロインステーキをたのんで焼きます。
    これは塩。
    ヒヤッと脂が口一杯に広がっていき、口の中で肉がとろけるかなりの濃厚。
    5人でテーブル囲んだ今夜は、一人一切れ…、それがほどよい分量のコレ。
    塩物って食べるとしばらく目を閉じて、そのモノ自体の味に気持ちが集中していく。
    だからご飯のおかずというより、酒のつまみになっていく。
    おもしろいなぁ…、って思って食べると尚、おもしろい。

    コムタンクッパや冷麺でお腹に蓋をやさしくほどこす。
    ワイワイがやがや、たのしい会話に愉快な笑顔が今日一番のオゴチソウ。
    そうそう今日、はじめてマッコリを生ビールで割ったモノを飲んだのだけど、ありゃ、おいしいねぇ。
    ビールの苦味や風味がほとんど消えてしまってマッコリ自体の風味と味が強調される。
    ビールの泡がトロンとちょっと重たくなって、喉全体を撫で回しながらお腹の中に流れ込んでくあの独特の食感はグーッ。
    生マッコリにはかなわないけど、これはこれでいいかもネ…、ってtweetしたらば富山の仲間に「ホワイトアイ」っていうんですよって教わった。
    ひとつ勉強、おやすみなさい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    レバ刺し…
    こんばんは。
    風邪など召されてませんか?

    こんな時間に、
    レバ刺しや焼肉にご飯だなんて、
    なんて殺生な。(笑)
    ちなみに、
    僕が今まで一番感動したレバ刺しは、
    亀戸のホルモン青木でした。
    白いご飯と一緒に。
    なんという贅沢…。
    チンゲン斎。さん / 2010/07/10(Sat) / URL
    肝臓
    レバーがおいしいというのは、ある意味その牛が健康に育てられたということですね。芝浦に集まるようなブランド和牛の場合、6割だかの高率で肝臓に病変が見つかるそうです。霜降りがたっぷり入った肉にするには、牛の生理に反することを相当しなければならないかららしいです。抗生物質なんかの影響も、まず肝臓にでるはずですしね。

    のびのびと生き、なるべく安らかに死んだ動物の肉を、時々ありがたく頂戴する、位の感じがよいなぁと思うこの頃です。
    ウランさん / 2010/07/10(Sat) /
    おひさしぶりです
    > チンゲン斎。さん
    おひさしぶりです。
    今年は珍しく夏風邪知らずで、元気にやっています。
    亀戸のホルモン青木さん。
    ノーマークでした。
    人を感動させる商品をもっている飲食店はシアワセだなぁ…、って思います。
    東京の東側界隈はあまりいく機会がないのですが、今度、もしチャンスがあればと思いました。
    ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/10(Sat) /
    なるほど
    > ウランさん
    たしかに、内臓器官の中でももっとも食生活の影響を受けやすいのが、肝臓でしょうね。
    人だって、肝臓をやられてしまうとかなり厄介なコトになってしまう。
    おいしい肉のために、健康を害してしまっている動物を、果たして食べて本当においしいと感じるのかどうか。
    なやましい問題ですね。
    霜降り和牛を食べることがなくなったココしばらくの生活。
    それもまたよし、というコトなのでしょう。
    感謝です。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/10(Sat) /
    良いのかな?
    レバさしですが、藤沢保健所の衛生責任者の講習会で牛のレバーの中にカンピロバクターがいるのが確認されたと言う事で3年前から鮮度に関係なく生食及びレアで食べるのも禁止だと指導を受けました。全国共通の事と言われたが未だに提供しているお店が多いですね?お客様に提供して良いのかな?
    壺たぬきさん / 2010/07/18(Sun) /
    禁止と言うのは誤解です
    > 壺たぬきさん
    たしかにレバ刺しは食中毒を促す恐れがあると言うことが、確認されています。
    ただ、禁止と言うのは誤解です。
    あくまでリスクがある、というコトで厚生省も心配であれば食べないように。
    また飲食店も心配であれば提供せぬように、と警告はしていますが、禁止はしていません。
    実はレバ刺しよりも、生ガキを含む二枚貝の方が人には危険な成分をその構造上、含んでいるのです。
    それでも食べることが禁止されてはおりません。
    信頼できるお店で、自己責任で。
    それが安心して食事をたのしむ唯一の方法ではないか、と思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/18(Sun) /
    ダバインディア HOME グッドモーニングなハンバーガー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]