忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を焼肉…、ちょっと大変だった仕事がひとつ落ち着いて、打ち上げかねて焼肉にでもいきますか!と。

    1be677da.jpegそれで近所の焼肉の店。
    「山星」ってとこにやってくる。

    肉もシッカリしているし、なにより肉以外のサイドメニューや〆の食事がしっかりしていて、かなりオキニイリのお店のひとつ。
    四ツ谷に2店舗。
    ボクがいつも行っているこの本店は四谷三丁目の駅の近所で、支店は四ツ谷の駅近く。
    ネットで検索かけると不思議と、支店の方が上にくる。
    たしかにそちらの方が目立って便利な場所にあり、サイトを使ってお客様を呼びたい店かもしれないなぁ…、と。
    ココはその点、近所の人やおなじみさんでボクはこっちのお店が好き。

    まずは生。
    ジョッキをカチンとぶつけ合い、ご苦労様!とゴクリとあおる。
    一生懸命がんばった、苦労をねぎらう焼肉ディナーはなんともうれしく、アリガタイ。

    513c8dd1.jpegメニューを開くとレバ刺しがある。
    本当にあるの?って、聞いたら、ええ!と。
    そして即座に、仕入れ、管理はしっかりしてますからご安心して召し上がれ…、って。
    昔はどこでも食べられたモノ。
    今ではこうして、自己責任で信頼できるお店でないと、食べられないモノ。

    そもそも、どこでも扱える食材じゃなかったレバーや生の肉。
    それをどこでも食べられるモノと、思い込んでしまったコトからいろんな不幸がはじまったんでしょう。
    いただきましょう…、とお願いをして、やってきたのはたしかにキレイで角の立った新鮮レバーでウットリ。
    塩と胡麻の油でプルンと食べると、コリっと前歯につっかかる。
    そして歯切れて、中からトロンとうま味が広がっていく…、体の隅々にエネルギーが行き渡る。

    それから塩モノ。
    ミノとホルモンたのんで焼きます。
    コリコリとしたミノの食感。
    プルンとムチムチしたホルモンと、噛みごたえを味わう一品。
    炭で焼きあげ、油が炭に当たって煙が風味になってく。
    炭焼き焼肉の醍醐味だなぁ…、って思ったりする、オゴチソウ。

    それから肉の盛り合わせ。
    f7a363bb.jpeg今日のお値打ちの肉ばっかりを集めて盛ったオススメのコレ。
    脂ではなく、きれいな赤身をたのしんで…、というほどよい肉があれこれ4種。
    きれいな脂がチリヂリ入って赤い大理石のような見た目のカルビと、中落ち…、どちらも焼くと脂が白く透き通り、噛むとジュワッとうま味が広がる。
    クチビルだけがちょっと涼しくなる感じ。
    赤身がキラッと鮮やかな、ササミやロースはちょっと硬くて歯茎がとても心地良く、かみしめるのがたのしく感じる。
    肉を食べてる…、って実感できる、ビールが旨い。

    e9a988c4.jpeg肉と一緒に、サラダをシャクシャク味わいます。
    焼肉屋さんの葉っぱのサラダ。
    冷麺スープのような出汁。
    牛の骨からとったうま味とコクあるスープをまとった葉っぱ。
    ごま油の風味が韓国料理らしさをキリッとひきたてている。
    サラダというよりナマスやおひたしみたいな感じ。
    シャキシャキ、葉っぱの食感が活き活きとした、肉の脂をぬぐう役割も果たしてくれる。
    韓国に行っても、こんなサラダは食べられない。
    叙々苑でしょう…、こうしたサラダ文化を作った張本人は。
    はじめて叙々苑サラダというモノをたべたとき、レタスにこんな食べ方があるんだなってビックリしました。
    今ではいろんなお店がこうして定番サラダにしているけれど、やっぱり叙々苑で食べるサラダは一味違う…、レシピを教えてもらったことがあるのだけれど、自分で作っても味がシッカリ決まらない。
    ひさしぶりに叙々苑サラダを食べたくなってしまう夜。

    a4dc4eb3.jpeg〆のご飯を石焼ご飯。
    具材は牡蠣でココの名物。
    釜飯のような仕上がり方にちょっとみえるけど、実はまるで別モノで固めに炊いたご飯を熱々に焼いた石窯にいれて焼く。
    そこにスープをザザッと注ぎ沸騰させつつご飯に味を吸い込ませていく。
    牡蠣に玉子をドサッといれて、なおもグツグツ。
    スープが全部なくなったとこで、バターを鍋肌そわせて入れる。
    それが焦げをつくるんですネ。
    パチパチ、おいしい音をたてつつやってきてグルンとスプーンでかき混ぜて、ハフハフ味わう。
    バターの風味と牡蠣の味。
    韓国風の石窯でやってくるから韓国料理の〆のようにみえはする。
    けれど味はちょっと洋風。
    スープが韓国的にとった牛骨スープで、だからどことなくアジア的なる風味はするけれどハイカラな味。
    オモシロイ。
    ご飯もシットリ。
    その食感はリゾットみたいで、世界中のおいしい味をまとめてひとつにしたようなココ、オリジナルでオキニイリ。

    ここのお店の従業員さん。
    みんな韓国系の人たちで、ちょっと言葉がたどたどしくはあるけれどみんな言葉遣いが丁寧で、ハキハキしている。
    最近の若い人達が使う変な日本語よりも、彼らが使う日本語がなんだかボクにはわかりやすくて親しみやすい…、インターナショナルかもしれない(笑)。
    お腹一杯、なにより元気をもらって満足します…、また来ます。



    関連ランキング:焼肉 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    叙々苑のドレッシング、安くはないけどついつい買ってしまいます。だって旨いんですもの。
    めるばさん / 2011/08/05(Fri) /
    叙々苑ドレッシング
    > めるばさん
    そうなんです。
    おいしいですよね。
    ドレッシングとして使うだけでなく、お魚をマリネしたり素麺のつけダレにちょっと加えるとか。
    いろんな使い方ができるので、重宝します。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/05(Fri) /
    無題
    久々にこのブログにお邪魔して見てみると山星じゃありませんか。
    見てるとすっごく行きたくなりました!!!
    岩井家は久しく行ってないのです。
    特にここのレバ刺しと牡蠣ご飯大好きです♥



    Kanaさん / 2011/08/05(Fri) /
    そういえば
    > Kanaさん
    偶然、おめにかかったのもこのお店。
    ボクもかなりヒサシブリでした。
    昨日は円山町で…、とも思ったのですが、忙しい中、ワガママをいうのものなぁ…、とそれでココにいたしました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/05(Fri) /
    昔のように
    昔のように、信頼おける店だけがユッケや生レバーを扱う時代に戻ってほしいです。

    いつものお店は鳥レバー仕入れてくれたかな?
    食べたくなりました。
    mioさん / 2011/08/06(Sat) /
    信頼
    > mioさん
    お客様と飲食店の信頼関係。
    その証としてのユッケやレバ刺し。
    その当然が早く帰ってきてくれるといいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/06(Sat) /
    ジャーマンドッグに思うコト HOME スタバそれからガットの開業
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]