忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜をティーヌンでホットにすます。

    de4a7cce.jpegなんだか最近、アジアの料理がおいしく感じる。
    それも不思議とタイ料理。
    韓国料理もたしかに食べたく思うのだけど、それより東南アジアの料理がまずは頭にポテンと落ちてやってくる。
    甘さをベースにうねるような辛味がやってくるような、韓国料理の力強さが今は重たい。
    寒い時。
    あるいはもっと気温があがり、うだるような蒸し暑さの中、M魂を満たしてやろうと、そう思うときには韓国料理がおいしく感じるのだろうと…。
    けれどスキッとほどよい暑さのこの季節。
    カラッとかわいた酸味と旨み。
    それにツンッと頭の頂上に向かって走る尖った辛味。
    湿度の低い辛さと言えばいいですか…。
    体の中がカラッと乾く、そんな感覚。
    これからしばらく。
    これから梅雨があけるまで、東南アジアの辛さにハマってみようと思う。
    四ツ谷駅の上にある「ティーヌン・ザ・ヌードルバー」っていうお店。
    東京中にかなりの軒数できてるティーヌンの、中でもお洒落でカフェっぽい業態で、ありがたいのが一人でいろんな料理をたのしむコトができるセット料理が充実してる。

    今日、とったのがそんなセットのひとつのコレ。
    「カオパックン」がメインのセットでサラダにスープ、揚げ春巻きがメインについてる。

    08d05e44.jpegカオパックン。
    カオはご飯。
    パッは炒める。
    つまりチャーハン。
    クンがエビで、だからカオパックンはエビチャーハン。
    玉子とネギをタップリくわえた、パラパラっと仕上がるお米が見事な出来栄え。
    固めに炊いたジャスミンライス。
    もともとパラパラ、粘り気がなくだからパラパラ具合も半端ない。

    中国料理のチャーハンも、パラッと仕上げるようにする。
    けれどそれは油をタップリ、米に満遍なくほどこしてスベスベさせているからで、つまり油を食べる料理のようになってる。
    ところがタイのチャーハンは、最小限の油でサッパリ。
    パラパラ具合も軽快で、空気をタップリ含んでいるから食感自体も軽やかでいい。
    エビの旨みと塩の味。
    それ以外にあまり雑な味がなくって、繊細さすら感じるゴチソウ。
    残念なのが、エビが大きく立派なんだけど、炒めるのじゃなく茹でて仕上げて、サイドにそっと乗っけてるだけ。
    見栄えはいいけど、ちょっと残念。
    勿体無い。

    433b65d7.jpeg食べているうちに、やっぱり辛味が欲しくなり、テーブルの上のスパイス使ってタイ味にする。
    タイの赤唐辛子をくだいた粉末。
    辛さもあるけど、不思議と甘みがじんわり後からやってくる。
    だからタップリかけてもあんまりヒーハーこない。
    輪切りの赤唐辛子をつけた甘酢調味料。
    酸味と甘みと辛味がタイの料理の特徴で、これをかけると何でもタイの料理になっちゃう感じ。
    酢漬けの激辛プリッキーヌを、ニュクマムの中に漬け込んだモノ。
    どれも辛くはあるけれど、スキッとしてて後に残らぬ。
    だからと調子にのって使うと、汗があとからドバッと噴き出す辛さ。

    セットについてくるヤムウンセン。
    これはかなりの辛さでビリッと舌がのたうちまわる味。
    とは言え春雨のプルプルとした食感に、コツンコツンと奥歯をたたくナッツの歯ごたえ。
    パラパラチャーハンの軽い食感ひきたてる。

    ライスペーパーでくるんだ春巻き。
    それをカリッと揚げたモノ。
    中国料理の春巻きをスプリングロールというのにちなんで、これを「サマーロール」というのが一時期アメリカで流行ったことがあったりした。
    たしかにサクッと軽い揚がりに夏の食べ物って感じがします。
    前歯で壊れて歯茎をカサっとくすぐって、口の中で散らかる揚がったライスペーパー。
    スイートチリの甘酸っぱさに、体がユルンと癒される。
    ほどよく満腹、ほどよく満足、ひと駅歩いて帰りましょう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    サカキさんこんばんは。いつも楽しく拝見しております。
    夏に向かうこの季節にタイ料理を体がほしがる気持ち、あるある!です。体がぶわっと汗をかいて夏向きにチェンジしようとしているのかな。四季のある国はやっぱりいいなあ、と初夏の陽気に上司(インドネシアから昨年帰国)が誰にともなくつぶやいてました。
    akkoさん / 2011/05/20(Fri) /
    四季
    > akkoさん
    インドネシアにも四季はある…、ってボクの現地在住の友人はいいます。
    たしかに乾季、雨季のような区別はありますけれど、日本の四季の豊かでメリハリのきいたところ。
    恵まれているなぁ…、と思います。
    とは言え、日本の四季も冬と夏がでしゃばり過ぎるようになんだか最近なっちゃいました。
    アナログでなくデジタルな四季の変化に、尚更、食べるということの季節感を大切にしたいなぁ…、なんて思いました。
    書き込みどうもありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/20(Fri) /
    日帰り出張、アサハネダ HOME ポールバセットエトセトラ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]