忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    映画を見終わり、それでテクテク、大久保に行く。

    mdk.jpg昼はさみしい歌舞伎町。
    朝キャバやってるお店の前で、うずくまるように座り込んでるキャバ譲たちの脂の浮いた、虚ろな顔。
    クロムハーツをジャラジャラさせた黒服ホストに囲まれて、どこかに連行されるかのように歩いていく年端もいかぬおねぇさんたち。
    他の街では見ることできぬ、この世の裏側を横目でみながら職安通りに辿りつく。
    途端ににぎやか。
    広い道路に視界がひろがり、違う街にやってきたんだってそんな感じに包まれる。
    人出がスゴイ。
    韓流おばさまたちが歩道から湧きまけるほどの勢いで、行き交う中を目当ての店を目指します。
    「明洞のりまき」。
    韓国風ののりまきの店…、お店の中はおばさまばかり。

    fd3f1e6a.jpegまずはのりまき、たのみます。
    キンパと呼ばれる日本の太巻きを一回りほど小さくさせたのり巻きで、一口でパクッと食べ切れるよう、薄めに切って板に並べる。
    酢飯じゃなくて普通の白米。
    ちょっと固めでしかも中には具がタップリで。
    だから口にポンッと入れると、途端にパラッと軽くほどける。
    ゴマの風味の韓国海苔の香りがフワッと口に広がり、香ばしい。
    ニンジン、青菜にカニカマボコに、タクワン、それから韓国おでん。
    一つ一つが味をしっかりもった具材の存在感がとても強くて、ご飯の料理というよりも野菜の料理…、という感じ。
    みずみずしくて、とても軽やか。
    食べてる間も次々、お客様がやってきてテイクアウトで買っていく。

    85c0ce96.jpeg一緒に汁物。
    ひとつはおでん。
    のり巻きの具にも使われているとても薄っぺらい練り物のコトを「おでん」と呼ぶ。
    同時にそうした練り物をスープで煮込んだ料理のコトも「おでん」と呼ぶのが韓国式で、これは後者の料理のおでん。
    薄っぺらいのや真ん丸のやら。
    中にイカを練り込んだのやらいろんな種類の練り物を、塩味スープでサックリ煮たモノ。
    牛骨スープでコクはあるけど、最小限の塩味でだからゴクゴク、飲めるスープがまずおいしい。
    その出汁吸った練り物がプチュンと歯ごたえたのしい味わい。
    胡椒をタップリふって、ちょっと刺激的な風味が食欲さそう。

    もうひとつは純豆腐チゲで、これはかなりのオキニイリ。
    韓国料理のチゲやスープは甘辛味に仕上げるコトが結構多い。
    実際、作っているところを見せてもらうと水飴だったり砂糖だったりを、ビックリするほど加えて作る。
    韓国料理は辛いと同時に甘い料理でもあるワケですね。
    ところがココのこのスープ。
    驚くほどにスッキリしてる。
    コチュジャンでなく唐辛子の粉を直接いれて、辛味を作っているからでしょう…、辛味鮮烈、けれど決して後に残らないスッキリ味。
    小さな鍋に10個以上の殻つきアサリにエビとイカ。
    具材タップリで満腹感も味わえる…、はじめて食べてたちまちファンになっちゃった。

    588d9d90.jpeg辛さに汗が誘われて、表に出たら表の暑さにまた汗になる。
    甘いおやつで口のバランスととのえましょう…、とそれでホットク。

    韓国風のホットケーキで、タップリの油で半ば揚げるようにして仕上げるお菓子。
    ドン・キホーテのお店の前に屋台があって、そこで作って売っている。
    鉄板にグルグル、渦巻き状にタネを流しておもしを押し付けぺしゃんこにして仕上げるモノで、中にいれる具材の違いで全部で三種。
    あんこにはちみつ、チーズの中からはちみつ選び、下さいな…、って。
    丁度、出来上がったばかりの一個を、はい、どうぞ。
    熱いですから気をつけて…、って袋に入れてもらって食べる。

    スベスベとしたちょっとお餅のような食感で、けれど前歯に貼り付くことがない潔くってスッキリとした粘り気が好き。
    渦巻き状の回りの部分はニッキに仄かな砂糖の甘味。
    それがどんどん、中心に向け噛んでくと溶けたはちみつの甘味が濃厚、強烈になる。
    最後はまるで、はちみつだけを食べてるみたいな味になり、甘さでコホコホ咳き込んだ。
    食べ終わってもしばらくずっと、鼻の回りにニッキの匂いが漂って、お散歩気分を盛り上げる。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ホットク!
    こんばんは。
    ホットクの屋台、まだあるんですね!
    嬉しくてつい出て来てしまいました。
    辛いの食べた後のハチミツ味にはまっていました。
    よく食べてたなぁとほんわか思っていたら、
    10年近く前のことで冷や汗でてきました…
    DDさん / 2010/03/20(Sat) /
    トッポギも
    > DDさん
    まだ健在ですよ。
    ホットクの鉄板の横では、トッポギがクツクツ煮込まれているのも昔のまんまです。
    ココのトッポギもおいしいんですよね。
    お腹いっぱいでもつい食べちゃう魔力があります。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/20(Sat) /
    チゲ
    ボクも今日のお昼は御徒町で韓国ランチでした。
    今日は肉を食べたくなくて、スンドゥブチゲを注文。美味しいんですね。辛い唐辛子の中から、しっかりとアサリのダシが感じられて、一気にファンになっちまいました。
    映画「ナイン」はお見送りでしょうか(笑)あのダニエル・デイ・ルイスがそんなへなちょことは意外でした・・。
    ではでは「マイレージ・マイライフ」のジョージクルー二ーに期待しましょうかね。
    オレンジさん / 2010/03/20(Sat) /
    悪くはなかったのですけれど…。
    > オレンジさん
    「NINE」は決して悪くはなかったのですけれど、映画的ではないなぁ…、と思いました。
    もしかしたらDVDになったのをお部屋のテレビで見るくらいが程よいかなぁ…って。
    あとは好き嫌いがあるような気がします。
    ジョージクルーニーの新作映画。
    ストーリーそのものが良いって言いますよね。
    次はそれかな?って思ってます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/20(Sat) /
    見過ごした(泣)
    ブログ最近見過ごしていました。大久保に行かれていたんですね。韓国ネタで、ユッケジャンかなり人気が出そうな味に近づきつつあります。今、68%あと12%くらい頑張ります。いけていると自分で思います。(笑)
    変わり者ミダさん / 2010/03/21(Sun) /
    スープ
    > 変わり者ミダさん
    日本人はスープ好きなんで、おいしいスープはこれからの課題の一つだ、って思います。
    スッキリしていて、後をひくスープ。
    食べてみたいものですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/21(Sun) /
    ぶっかけそばにハマリモノ HOME NINE
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]