忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    前から気になっていたお店でランチ。

    382f1efa.jpeg「レストラン・ボーイズ」というお店。
    神保町と九段下のちょうど真ん中。
    つまり「さぼうる」と「ロイヤルホストグリル」の真ん中というコトになりますか…。
    真っ赤な看板。
    まるでオリエンタルカレーのパッケージに描かれていた印度人顔が描かれた、その横に大きく「カレー&ハンバーグ」。
    大きな窓から中をのぞくとUの字型をした真っ白なカウンター。

    20人も座れぬ本当に小さなカウンター。

    ちっちゃいコトは気にしない。
    専門店的飲食店は「小さいコトこそすばらしきコト」であったりもする。
    ワカチコワカチコって感じでドアを開けると、カレーの匂いが鼻、くすぐります。
    突き当たりには厨房があり、そこで何かを炒める音がひっきりなしに聞こえてる。
    カウンターの入り口近くの先端には、カレーが入った大きなお鍋。
    それがおいしい匂いの発生源。
    横にはご飯を入れたジャー。
    つまりカレースタンド+洋食キッチンっていう構造。

    5f5ea757.jpeg「ハンバーグ付きカレー」ってメニューをとります。
    カレー&ハンバーグと名乗るコノ店の名物料理を両方一緒に食べられるという、めでたさに抗しがたくそれでこれ。
    お皿にコロンとフックラとしたハンバーグ。
    上にデミグラスソースがたらんとのっかり、サイドに千切りキャベツとナポリタン。
    ボクの注文が出来上がる直前に、ジャジャッとパスタを勢い良くあおる音が盛大にした。
    ちょっと焦げ目がついた麺の表面。
    ツヤツヤとしたオレンジ色の麺の様子に、炒めたばかりの気配がします。
    大きなお皿に平たく広げてご飯を盛って、ステンレスのボウルにカレーをタランと注いでカップスープでひと揃え。
    ナイフフォークにスプーンにお水と、テキパキ、たった3分ほどでみるみるうちに食事の準備が出来ていく。
    カップ麺でも最近は5分またなきゃいけないものがあるというのに、なんたるスピード。
    カウンターの店はこうでなくちゃ…、ってまずは感心。

    e9b765a1.jpegカレーをご飯に少々かけて、まず味わいます。
    小麦粉の香りとトロミを感じるちょっとそば屋さん風のやさしい味わい。
    肉は豚肉。
    サラッとしてて辛味よりもフレーバーを強く感じるおだやかさ。
    一味足りぬおいしさ…、とでも言いますか。
    脂っこさをまるで感じぬサッパリ味で、これならたくさん食べてももたれないよなぁ…、って。
    本格カレーって脂まみれで食べると一日、むかむかすることが多いのです。
    得に最近…、年だから(笑)。
    カレーだけで食べるよりも、他のおかずと一緒に食べておいしくなるようなそんなバランス、おもしろい。

    P1170704.JPGハンバーグは表面に焼き目をつけて、オーブンの中で仕上げてるんでしょう。
    肉汁タップリのフックラ系。
    粗目のひき肉が噛み応えが結構あって、肉そのものの味は濃厚。
    牛肉の歯ごたえとスッキリとした肉の味わい。
    それに豚のドッシリとした脂のうま味とほとばしりでる肉汁と…、その両方のバランスが良い、とてもなつかしいご家庭風。
    ただこれにかかったデミソースもちょっと薄味。
    塩味強めでうま味控え目、一味足りぬ昔風。
    口が必死で味のヒントを探ろうとして、それでカレーをひとすくい。
    酸味強めのデミソースと、スパイシーなカレーが一緒に混じり合い、程よくおいしくなるのがたのしい。
    たしかに「ハンバーグ付きカレー」がここの一押し…、ってのがよくわかる。

    で、他にもいろいろメニューがあります。

    22cd0b60.jpegランチタイムがはじまって、常連っぽいお客様が次々やってきて注文するのが、ハンバーグあるいはナポリタン。
    確かに今日、味わったハンバーグの付け合わせ。
    麺とケチャップソースだけの状態でさえ十分おいしい。
    実は今日のセットの中で一番おいしかったのがこのケチャップ炒めのスパゲッティ。
    アルデンテじゃない、けれど麺に歯ごたえシッカリ感じられ、出す寸前に炒めてある分、こんがりとても香ばしい。
    甘さ、酸味のバランスよくて、タバスコかけると一層、味が引き立ってくる。
    ご飯のおかずに十分なるほど味わい深い。
    もしかしたら東京ナポリタンの最高峰の一つかも…、って。
    次は単品ナポリタンで再挑戦…、って思ったりした。
    いい店一軒、発見なり!

    ところでボーイ。
    それで連想するモノってなぁに?…、ってまず一番最初に思い浮かんだのが「菊池桃子」さま(笑)。
    「ボーイっ!」て舌ったらずに切なく歌う、BOYのテーマ。
    ラ・ムーの時代にも「少年は天使を殺す」なんて名曲リリースしておりますし、そのどちらかの動画がないかと探しはしました。
    けれど玉砕、日本のコノ時代のアーティストの動画ってなかなか残って無いものです。

    そこでとっておきの蔵出し動画。
    ボーイと言えばボーイジョージ…、その半生を描いたブロードウェイのミュージカル。
    「Taboo」の一節…、濃厚です。



    5年ほど前のコトでしたか…、観ました、なんだかなつかしい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お鮨の前菜
    贔屓の鮨屋がその脇の路地奥にあり、
    いつもそこでは香りだけ頂戴してます。(タダで)
    同世代さん / 2010/02/17(Wed) /
    コノ界隈は
    > 同世代さん
    この界隈は本当においしいもの屋さんがたくさん並んでて、腹ぺこでうろうろすると大変なコトになりますね。
    すし屋の前の甘酸っぱい匂い。
    特に開店前のすし飯をととのえる時の匂いは、もうたまらなくなりますね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/17(Wed) /
    無題
    こんばんは
    boysというと・・・
    LadyGAGAのBoysBoysBoysがとっさに浮かんできました!!
    電マニさん / 2010/02/17(Wed) /
    不覚なり!
    > 電マニさん
    そうでした…、レディーガガ。
    忘れてました。
    不覚です。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/17(Wed) /
    でめ金、串揚げ、信州屋 HOME 第2の月の17の日の呪いと洪水、そして朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]