忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    変則的なるバフェで朝。

    a8837462.jpeg淡路町にある「近江屋」っていうお店。
    ケーキ屋さんでもあると同時に、パン屋さんでもあるという。昔の街場のケーキ屋さんはみんなこんな感じだった。
    ショーケースの中にはケーキ。
    セルフの棚にはパンが陳列されてて、どちらがメインでどちらがサブって感じではない等価な存在、品揃え。

    パンを買って、お店で食べる人のためにサービス的に用意されてるバフェがスゴイ。
    ジュースにコーヒー、紅茶やココア。
    夏にはかき氷までがついてくる。
    しかもうれしいコトにボルシチまでが食べ放題になる。
    それでたったの500円。
    牛ばら肉や筋の部分を大きく切って、シッカリ煮込む。
    ホロッと前歯でほぐれるほどにやわらかに。
    ジックリ煮込んだ肉のスープに、玉ねぎ、ニンジン、それからジャガイモ。
    朝一番でやってくると、昨日の残りのボルシチが一部混じっているのでしょうね…。
    スープをすって色がちょっと変わるほど味が染み込みおいしくなってる具材がまじる。
    そこを狙って選り分けて、カップに盛っていただきます(笑)。
    トマトの風味がほんのり残る。
    スッキリとした自然な味わい…、パンやジュースと相性が良い。

    とは言えバフェの主役はジュース。

    d0be8fc0.jpegケーキ屋さんというコトもあり、ケーキ用のフルーツを大量に仕入れる。
    その中で、ちょっと訳ありのモノを使ったフレッシュジュース。
    季節、季節でちょっとずつ種類が変わるのがなんだかたのしい。
    今日のジュースのメインはリンゴ。
    トロトロ、ポッテリ、喉にユックリなだれこむ、まるでりんごのすりおろしみたいな濃厚な味。
    飲むというより、食べてるみたいな存在感にウットリします。
    それからイチゴにレモネード。
    どちらも水以外はほぼ100%フルーツで、当然のように食物繊維が浮かんでたまる。
    スプーンで上下に軽く混ぜ、ポタッとグラスにジュースを注ぐ。
    フレッシュジュース独特のトップリとした重たい感触が手首に伝わり、グラスにトロンと注がれていく。
    その充実感。
    そしてフワッと鼻をくすぐる華やかな香りにニコッと、もうおいしい。

    そしてパン。

    8de123f9.jpegここのパンはどれも素朴でなつかしい。
    基本的にはロールブレッドや食パンを使った調理パンがメイン。
    ホットドッグやピザトーストっていうどこにでもある料理もあるけど、ココならではに目がとらわれる。

    ベーコンスクランブルエッグロールっていう、具沢山でドッシリとした一品。
    スクランブルエッグの中にも刻んだベーコンと、微塵に切ってソテした玉ねぎがタップリ入ってとても贅沢。
    タップリとしたショルダーベーコン。
    それそのものにシッカリ味がついているのにそこにケチャップ。
    おいしさに、おいしさ重ねて、しかもタップリ、具材がドサッと零れ落ちてしまいそうなほどのサービス精神旺盛さ。

    もう一つはツナのフレンチトーストサンド。
    甘くはしてない、ミルクと玉子のディップ液に浸したパンをこんがり焼いたフレンチトースト。
    それで具材を挟んで作るここのオリジナル。
    玉子やハムにチーズのような具材があって、どれもおいしげ。
    けれど中でも一番好きなのがツナサンド。
    スクランブルエッグに使ってるソテした玉ねぎがタップリ入って、それがクシャッと潰れる感じがとてもたのしい。
    甘みを発して、ツナのうま味を一層強調してくれる。
    フックラとしたパンもおいしい。
    オキニイリ。
    朝からお店の中には5人のスタッフさんが、パンを作ったりジュースを補充したりととてもにぎやか、キビキビしてる。
    その雰囲気がココの一番ステキなところ…、元気がもらえるいいお店。
    朝のオゴチソウ、さて仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    とんがらし HOME フェアファックスでサンデーランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]