忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京に帰って昼を丸の内。

    kiji.jpgきじ」という店。
    東京ビルディングという超高層ビルの地下に「TOKIA」って言う飲食フロアがあってそこの一軒。
    関西系のお店がメインのテナント構成。
    インデアンカレーであったり、つるとんたんと、ビッグネームに混じってこの店。
    大阪にあるお好み焼きの老舗店で、暖簾分けで東京にきた。
    本店のやり方は全部教えた。
    あとは、自分の好きなように思う存分がんばりなさい…、そう言いながら送り出されて見事6年。
    そのときの店長さんは、今はあたらしい品川の店に移ったけれど、それ以外の人はほとんど開店当時からいる人たち。

    働く人が長く続く店。
    それはそのまま、お客様も長く続けてきてくれる店。
    この店もそうしたお店なんだなぁ…、と思ったりする。
    ひさしぶり。

    やってきたのは1時過ぎ。
    週末にはずっと街の行列ができる人気のお店だけれど、さすがに平日。
    待たずにすんなり座れてラッキー。
    お店の奥には鉄板カウンター。
    テーブル席にも鉄板が置かれているけど、お店の人がカウンターの大きな鉄板で焼いてくれるというシステム…、ちょっと時間がかかります。

    557013b7.jpegたのんで食べたのは「今日のおすすめお好み焼き」。
    豚肉、チーズ。
    玉ねぎ、ニンジン、大葉というちょっと不思議な組み合わせ。
    しかもチーズは2種類使い。
    生地の間に挟んでとかしたとろけるチーズとお好み焼きの上にほどこす粉チーズ。
    ソースの香りも濃厚だけど、それに混じって豚バラ肉の油の匂い。
    それに粉チーズのコッテリとした香りがにぎやか。
    鼻をくすぐるサービス精神旺盛に、思わず喉がゴクリとなった。

    コテを使ってザクザク切ります。
    まずは縦に4ツ切りにして、続いてそれを横に四つ切り。
    ちょうどひとつひとつが、一口大に切れていく。
    それをコテでパクリといきます。

    表面サクサク。
    定番野菜のざく切りキャベツもタップリで、空気を含んで食感軽やか。
    つるつるとした玉ねぎや、ニンジンコツコツ。
    野菜の食感がとてもにぎやか。
    お好み焼きは「粉物」と言われるけれど、粉っぽなんてみじんもなくて、これなら「野菜物」って分類した方がいいんじゃないかと思ったりする。
    粉チーズの癖ある香りがお好み焼きのソースと混じって一層濃厚で、それを大葉がさわやにする。
    変わっているけど、なかなかたのしい組み合わせ。

    6c75ae18.jpeg鉄板の上におかれて、ずっと程良く温められてる。
    生地の鉄板に面したところが、どんどんサクサク、香ばしくなる。
    お好み焼きを自分で作ると、焼きあがったときにはカリッとしてるんだけど、そのうち自分の湯気でベタベタ湿ってくるのが嫌で、こうした工夫はありがたい。

    さすが大阪の店であります…。
    ご飯と汁の定食セットが用意されてる。
    白いご飯とソースの組み合わせ。
    お好み焼きがまるで野菜炒めのように感じるたのしさ。
    母はこうした食べ方を「ヤジキタ式」ってなぜだか言ってた。
    炭水化物と炭水化物が口の中で仲良く一緒に手に手をとって、どたばた道中するからなんだ…、って言ってたけれど、なんだかそんな感じもするネ。
    キャベツに玉ねぎ、とろろ昆布がタップリ入った味噌汁の味噌もおいしい関西風で、おなかがたのしく満たされる。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    おお、「ヤジキタ」ウチの母親も言っていた気がします。
    母がそれを言うと私が「イジキタ!」(意地きたない)とまぜっかえしてよく笑っていた思い出が有りますねぇ。

    鉄板のお好み焼きは周りから焦げるのでコテ(ヘラ)で周りから切り取って食べるのが好きでした。
    切り方といえば一度に切り分けるのに関西は井の字型に切り分けますが
    関東はピザのように放射線状に切り分ける人が多いような気がします。
    あれは何んなんでしょうね。
    れきさん / 2011/04/13(Wed) /
    お作法
    > れきさん
    周りから切り取って食べる。
    ボクの母もそうしてました。
    コゲるからっていうのもあり、具材が多い真ん中を最後に食べられるからっていうのもあったみたいです。
    ヤジキタって表現も共通している。
    なんだか急に、れきさんのおかぁさまが身近に感じられましたw

    お好み焼きの切り分け方。
    不思議ですよね。
    広島もたしか放射線状に切らなかったような…。
    お好み焼きが日常食だった地域と、お好み焼きの前にピザがやってきたところがあるのかもしれない…、って思いました。
    ちょっと考えてみようと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/04/13(Wed) /
    ドリップコーヒーのち紅とん HOME 富山の朝に、Feel On!
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]