忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を日比谷のかに料理…、「蟹工船」という店にくる。



    日比谷に昔から大きなオフィスビル。その最上階。
    入り口の暖簾をくぐるとここがビルの中だということをすっかり忘れてしまえる空間。川がせせらぎ、日本家屋が建ち並ぶ。
    ビルの中に日本の田舎町をまるごと移したように、作りこまれた空間で外国の人を連れてくると、写真撮影で盛り上がる。
    空間だけが作りこまれているわけじゃなく、その空間に感心するのを忘れてしまうほどに料理もシッカリしてる。



    大きな御膳にみめうるわしきお皿がキレイに並ぶお昼のもてなし膳。
    いろんなものを少しずつ味わうたのしみが、日本の料理のたのしみでしかもすべての料理にもれなくカニが使われている。
    例えばサラダ…、糸状にしたかぼちゃを揚げてそれをフワリとサラダの上に。葉っぱ野菜の上にはタップリ、カニのほぐし身。ドレッシングの代わりに三杯酢というゆでガニ食べてるみたいな味わい。
    カニの旨味で深みを出したベシャメルソースのグラタンは、ふっくらとしたカニ肉と、プチプチはぜるトビコが口をニギヤカにする。
    茶碗蒸しにもカニのほぐし身…、とてもなめらか、喉が喜ぶオゴチソウ。



    タラバの足に焼いたモノ。肉が乾かぬようにと蒸し焼き。だからふっくら。手でつかみ指をあてるとホロリと肉が見事にとれる。
    それから刺身。マグロの赤身にアオリイカ。カニは松葉で、ネットリ舌にからみつくよな肉感的な食感がいい。
    きゅうりをバネのように丸めたあしらいや、擦ったばかりの上等わさび。ひとつひとつが丁寧で、隅々までに気持ちが入った料理の数々。



    メインはカニの釜めしで、これもふっくら。全体的に料理がフワリとみずみずしくて、香り高いからボリューム以上の充実感に満たされる。
    一緒についてやってくる汁もカニ汁。しかもワタリガニを使った白味噌仕立ての味噌汁で、香り、うま味がなかなか深い。
    料理に合わせてカニの種類を自由自在に使い分ける。味わい多彩なカニの世界を堪能します。よきお店。


    関連ランキング:かに | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ネクストディケイド HOME 寝冷えした街・寒い朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]