忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅で小腹満たしをすることにする。



    グランルーフって言う飲食店がメインの商業施設を歩く。商業施設といってもいささか裏路地感の漂う通路で、しかもゾロリと長い。
    人出も少なくどこも苦戦をしているようで、開業早々、お店がいくつか入れ替わったりしたりもしました。
    やれているのは体力のある老舗やチェーンって言う感じ。
    そんなひとつの、浅草今半にやってきてみる。



    お店に入るといきなりすき焼きの甘い匂いが漂っている。
    食事時には中途半端な時間ながらも、かんかん帽のおじさんが女子と二人ですき焼きつつく。
    なんと濃密。大人な景色。
    ボクはテキパキ、丼にする。
    「百年牛丼」と名前も豪華な贅沢料理。
    蓋つき丼にうやうやしくも入ってやってくるのがステキ。蓋をあけると丼一面を覆う牛肉。気持ちが上がる!



    薄切りの大きなロース。
    醤油の風味がキリッと強めの、関東風のタレでさっくり炊かれてる。
    それが5枚ほど。
    それぞれの上に軽く煮られた玉ねぎが、ちょこんちょこんと乗っかっている。
    グリーンピースで彩り添えて、牛丼というよりこれはすき焼き丼といった方がしっくりくるような凛々しい姿。
    肉を煮込んだ割り下でクツクツ煮込んだ豆腐が向こうに二切れあって、それがすき焼き風情を一層引き立て、ゴチソウにする。



    肉はホロホロ。口の中でほぐれて消えるやさしい味わい。甘み控えめで肉の脂の旨みが引き立つ味わい深さ。
    それはそれでおいしいのだけど、感心したのが玉ねぎでした。
    炊き加減が絶妙で、甘みがでる寸前で引き上げている。カリッと食感軽快で、苦味はないのに辛味は残る。
    牛肉の脂をサラリと拭って口がすっきりする上、肉の旨みや割り下の甘みをグイッと引き出す、おいしい脇役。
    この状態を絶えず作れるプロの手業に感心します。



    お店の人に「この玉葱、スゴイですね」って言ったら、私たちも同じように作ってみようと家でやってみるんですけど、この状態にはなかなかできない。勇気と経験が必要なんです…、って。
    なるほどとても繊細なのに大胆な味。オキニイリ。
    一緒にやってくる味噌汁は、八丁味噌の酸味にぎやかなドッシリ味で、すき焼き風味の牛肉に一歩も引けをとらないおいしさ。
    緋の蕪漬けにきゅうりの浅漬もよき相性で、お腹がゆたかで満たされる。


    関連ランキング:すき焼き | 東京駅京橋駅二重橋前駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    せいろう蕎麦にホノルルコーヒー HOME アンデルセンのクラブハウスサンドイッチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]