忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を東京駅の近所で。

    ag.jpg東京駅の八重洲口。
    大丸よりの出口を出、ちょっと歩くと目の前にある寿司屋に入る。
    「穴子家」という、いささか変わった名前の寿司屋。
    その名の通り、煮穴子の寿司が名物の店。

    一度、ココの穴子巻きをお土産にもらって感激をした。
    太くて、ズッシリ立派なサイズ。
    なにより口を満たす穴子のおいしさに、体がまるごと溶けしまうんじゃないかというほどのシアワセ感じた。
    是非、お店に来て味わいたい…、ってずっと思ってけれど今日まで機会がなかった。
    お店の近所で午前中にヤボ用があり、仕事を終えると昼の前。
    これ幸いとやっと来ました…、いそいそと。

    8327cab5.jpegビルの地下。
    ビルの一階入り口部分に小さな看板。
    駅前なのに、駅前っぽくない鄙びた雰囲気がまず、いい感じ。
    同じフロアにはかつて、調理指導でお世話になったコトがある中国料理のお店があって、早い時間にもかかわらず次々、近所のビジネスマンが階段おりて、やってくる。
    どちらも立派な繁盛店。

    お店の中に入ると鍵の手に曲がった白木のカウンター。
    中には落ち着いた佇まいの寿司職人さんが二人たってる。
    いかにも昔ながらの寿司屋のしつらえ。
    背筋がしゃんとのびるよう。
    すでにカウンターは半分埋まり、テーブル席にもちらりほらりとお客様。
    寿司をにぎる握り手の手際、リズムの軽快なコト、みているだけでヨダレが出てきて口が一杯になっちゃいそうで、つまりお腹が空いてきます(笑)。

    ランチの名物…、「おまぜ」というのをたのんでいただく。

    4ad5396d.jpegにぎりと巻物がその日のネタでつくられて、それをお皿に盛り合わせたモノ。
    いろんな寿司が混ぜ合わさってるから、それで「おまぜ」という洒落っ気がなんだかステキで、オモシロイ。
    二人で行って、それをたのむと人数分を大皿に並べてつくってくれる。
    ニギニギしくて、見た目にゴージャス。

    ハマチにカツオ。
    漬けのマグロにタコ、エビ、トビッコ。
    玉子にそれからメインの穴子。
    それで握りが一揃え。
    どれもシャリが多めでドッシリ。
    パクッと食べると口をズッシリ満たしてくれる、ボリューム感にまずはビックリ。

    それと同時にシャリがちょっとやわらかめに仕上がっているのにビックリもする。
    すし酢も強く、かなりの存在感に最初は違和感。
    特にマグロや白身を食べたときには、シャリがあまりに強烈で寿司というより、酢飯を食べてるみたいな気持ちになりさえします。
    ところが、エビやタコのように食感つよくて、頑丈なネタを食べるとシャリとのバランスがとれてくる。
    タコを噛み終わると同時にシャリがなくなるようなそんな関係。
    しかもフックラとした煮穴子と一緒に食べると、ピタッとはまる。
    シャリの酸味に慣れてしまうと、ツンと鼻刺す米酢独特の酸っぱい香りも気にならず、食べれば食べるほどおいしくなってくるのがたのしい、オモシロイ。

    7a753eae.jpegひとり一本つく細巻きが、穴きゅうというのがまたココらしく、これを食べると、あぁ、このシャリは煮たり茹でたりした食材をおいしくするようできてるんだなぁ…、って感心します。
    フワッと口でとろける穴子。
    穴子独特の匂いと味わい。
    煮詰めて作った甘ダレのコッテリとした風味と甘み。
    それらを決して邪魔せずむしろ引き立てて、しかし過ぎると嫌味になるコクをサラッと中和させるシャリ。
    もし完璧な寿司屋を一軒つくるなら、ネタに合わせてシャリを何種類か準備しないといけなくなるかも。
    そう思うほど、ここのシャリは独特で、その独特が自店のメインのネタに合わせてピタッと最適化されている。
    だから繁盛するんだろうなぁ…、ってそんな勉強、いたします。
    スッキリとした赤だしが付き、とても気持ちいいサービス込みで1050円という値段も値ごろでオキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    久留米ラーメン「龍の家」 HOME ヨツサンの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]