忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅を起点にしたちょっと小さな移動の午後。
    お昼ご飯を「喜助」にする。

    abf5ce52.jpeg仙台風の牛のタン焼き。
    たまに無性に食べたくなっちゃう。
    普通の肉とは違った味わい、そして食感。
    顎と奥歯がなつかしいってそう言いながら、頭に命令するような味。
    そういえば。
    一ヶ月ほど牛タン食べてないようなぁ…。
    焼き肉屋さんには行くけれど、そこではタンものはあんまりたのまない。
    だからとってもひさしぶり。

    東京駅のキッチンストリート。
    かなりしっかりしたレストラン街でビルの中にあるような、そんな感覚になってしまう。
    けれどココの天井の上には線路が入る。
    つまり巨大なガード下を活用している施設なんです。
    だから耳を澄ませる。
    するとゴトゴト、電車が頭の上を走って行く音がする。
    それがなんだかたのしくて、タンが焼き上がるまでの時間がまるで気にならない。
    ゴトゴトゴトゴト。
    この電車はどこ行きなんだろう…、なんて思うとウキウキしてくる。

    そしてコレ。

    d68ac551.jpeg牛タン定食。
    炭でコンガリ焼き上げられた牛の舌。
    何日も味つき液の中につけられ旨みを飲み込み、しかもフックラ、やわらかで食べごたえある食感になった舌を焼き上げるから、焼き肉屋さん的タン焼きなんかとはまるで違った味わいになる。
    仙台の人の英知の塊。
    ただどうだろう…。
    今日のこのタン。
    ちょっと薄めで痩せてる感じ。
    いまだにタンの原料を確保するのは難しい。
    しかもタンの本当においしい部分に限定して扱うような店にとっては、とても厳しい状況でもある。
    しょうがないかなぁ…、って思いつつ、カプっと食べると、ほどよく旨い。

    サクッと歯切れる頑丈な身。
    奥歯をガツンと叩いて、顎に一瞬沈むような歯ごたえがあり、なのに決して固い訳じゃないというタン独特のこの食感。
    一度味わい覚えてしまうと、クセになる。
    ジュワッと旨いジュースが口のすみずみ満たす。
    厳密に言うとタンは肉ではないのでこれを「肉汁」と呼んでいいのかいささか迷う。
    「タン汁」ではあまりおいしく聞こえないのがなやましいトコ…、だから素直に肉汁と言う。
    焼いてる途中に滲み出してきた脂に炭の煙の香りがこびりつき、見事な風味。
    オゴチソウ。

    4db55580.jpegテールスープをコクリといきます。
    タンとテール。
    牛一頭の一番先と一番後ろをこうして一緒に食べるという、なんと不思議なこの組み合わせ。
    どちらも牛の器官の中で良く動くので有名なトコ。
    舌は食べ物食むために…。
    尻尾はハエを追うために、ほぼ一日中、動いててだから身質がシッカリしてる。
    味も濃厚。
    ただそれだけに固くて下ごしらえが大変で、肉食習慣があまりなかった日本じゃずっと捨てられてたとこ。
    フランス人やイギリス人は好きですモノね。
    ドイツ人も舌や尻尾を好んでハムに仕立てて食べる。
    ココのスープはスキッとクリア。
    脂も雑味もほとんどなくて、テールから出た旨みとコクが素直に溶け込むサッパリとした濃厚スープ。
    胡椒をタップリふりかけて、ネギと一緒に食べるとシャクシャク、タンの合間の口にやさしいアクセント。

    297f6c1d.jpeg南蛮つきでとお願いをして、青唐辛子のみそ漬けもらって、ご飯にのっける。
    パリッと辛い。
    噛むと口の中に一瞬火花が散ったようにズキンと辛い。
    一緒に麦飯食べると、それがほんのり甘く感じるおゴチソウ。
    スープを飲むと、スープのうま味を10倍にするこの定食にかかせぬ脇役。
    言えば無料でつけてくれ、言わなきゃ損をもらってパクパク、頭の上から汗をかく。

    ところでキッチンストリート。
    出来たときには、どの店も主力商品を1300円で統一しましょう…、とガイドラインが出来ていた。
    サラリーマンや旅行者が気軽な贅沢と許せる値段。
    それを施設のトータルコンセプトにするという、かなり斬新でおもしろい試みを持ちスタートした。
    フカヒレラーメンも1300円。
    このタン焼きも1300円。
    その一方で、焼きそばやカレーも基本は1300円で、そのため贅沢な具材を使ったりセットにしたりと無理したお店も結構あった。
    今となってはもうバラバラで、この定食もいつの間にか1500円になっていた。
    それでも価値があると思えばそれで良し。
    なにより商売。
    自分で値段を決められないようじゃ、あまりに辛くてがんばれない。
    頭でっかちはいつかは終わり、自然なところに落ち着いていく。
    それでいいんだ、と思う午後。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    牛タン大好きです!
    このお店も好きです(^○^)
    たまぁにしか行かないので、行った時には1.5人前を食べますwww
    lovekuma69さん / 2010/08/13(Fri) /
    無題
    喜助!食べたいですね~。
    牛たんももちろんおいしいんですけど、テールスープがたまらなくおいしいんですよねぇ。
    う~ん、おなかがなっちゃいます。
    京さん / 2010/08/13(Fri) /
    今日は
    > ovekuma69さん
    本当は1.5人前をたのみたかったところ、ちょっとお腹が重たく感じて我慢しました。
    麦飯のお代わりもなし。
    おかげでそろそろお腹が空きはじめました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/13(Fri) /
    テールスープご飯
    > 京さん
    テールスープをご飯にかけて、南蛮と一緒にサラサラすると、夏バテなんかどっかにとんでいっちゃいますよね。
    うーん、やっぱりお腹がなってるぞぉ(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/13(Fri) /
    ハイボール HOME 200円の朝に脱帽す
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]