忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    この春、身内にめでたいコトがあってそれで家族集まりたのしい会食。
    ニューオータニホテルの「ザ・スカイ」ってレストランをお祝いの場にするコトにした。

    f7cf8741.jpegかなり上等で贅沢なバフェレストランでございます。
    「ビュー&ダイニング」ってサブタイトルがついてる通り、東京の空を間近に感じることができる眺望が、この店一番のゴチソウなんじゃないかと思う。
    ホテルの一番上にある「ストローハット」のような丸いフロアー。
    30分ほどでグルンと1回転するようになっていて、東京駅から丸の内、銀座、汐留、赤坂、新宿と東京のスカイラインをすべてもれなく眺めることができる楽しさ。

    周りは緑豊かな都心で、ここから外をみてると「東京って公園の中にある街」みたいに見えてくるのがステキに不思議。
    17階という、今となっては決して高いとは言えぬフロアー。
    もっと高いところにあって、もっと遠くまでも見渡すことができるレストランや展望台は他に沢山あるけれど、見下ろす景色じゃなくて目線に現れ消えていくやさしい景色。
    リアリティーと臨場感をもっているのが、ボクは好き。

    この円盤状のフロアーの窓に面したところは客席。
    芯の部分は建物本体にくっついていて、だから回らず、ずっと同じ場所に固定される。
    そこに料理がおかれてる。
    サラダや冷たい前菜が並んだバフェカウンターもあるけれど、オープンキッチンがぐるり半円形に作られている。
    寿司カウンター。
    鉄板焼きのキッチンや、中国料理の鍋がふられる厨房などなど、専門店的キッチンが回り舞台のようにやってきては消えていく、その様相もまさに「ビュー」。
    外の景色と、中の景色の両方をたのしみながらの、さてランチ。
    3ed03108.jpegまずは前菜…、キュウリの中国風の甘酢漬けやカプレーゼ、スモークサーモンと冷たい料理を色鮮やかにお皿に盛ってまずは目から満たす魂胆。
    実は、このとき、目の前に実はお寿司のカウンターがあったのだけど、やっぱりまずは前菜から、そして徐々に重たいものへと…、だって料理は逃げていくものじゃないんだものネ。
    と、言っていたらどんどん寿司キッチンが向こうに逃げてく。
    急いで前菜、お腹におさめて寿司をもらってゆっくり食べる。

    06ff31cc.jpeg蒸したホタテにマグロにかんぱち、そしてエビ。
    好きなモノをたのんで握ってもらう。
    まるで立ち食いの寿司をつまんでいるような粋な食べ方にニッコリとなる。
    しかもココ。
    ネタの種類はそれほどないけど赤酢を使った江戸前風のシャリがおいしく、食べれば食べるほどに口がさっぱりしてくる。

    鉄板焼きのカウンターで、松阪牛を焼いてもらってパクリと。
    上等な肉を分厚い鉄板でコンガリとやく。
    中は見事なバラ色で、食べると気持ちもバラ色になる。
    ソースはグリーンペッパーソース。
    ピリッと辛くて胡椒の香りが食欲そそる。
    付け合せのかぼちゃや空芯菜の炒めたモノもまたおいしくて、鉄板焼きのコーナーの横で配ってたサワラと筍の煮物をサイドに添えて味わう。
    自分のための一皿を作ってたのしむ…、上等バイキングの醍醐味ですな。

    サラダのような前菜に、寿司にステーキ。
    全部頭文字がSではじまる…、上等バフェのスリーS。
    他にも料理がありはするけどこれら3つのSの料理をかなりのヘビーローテーションにて何度もお替り…、好きなモノを心おきなくって感じがたのしい。
    寿司はお腹を整える。
    鉄板焼きは、牛肉以外に地鶏にハンバーグ、ホタテやキングサーモンとネタもさまざま。

    cb31f5be.jpegホテルのバフェというコトもあり、ホテルが自慢の専門店の料理もあれこれ。
    大観苑っていう中国料理のお店の料理だったり、コーヒーショップの洋食だったり。
    どれもキッチリ、風味整い丹精な味。
    例えばチャーハン。
    目の前で大きな中華鍋をあおってジャジャっとできてくるのが臨場感も抜群で仕上がり時間にあわせて行列ができたりするのであります。
    そのチャーハンに麻婆豆腐をかけてサイドにエビのトースト。

    「牛肉」と「エビ・蟹」の充実具合がバフェレストランの贅沢感を決定する。
    だからココはかなり上等。
    パスタのソースにエビとムール貝のトマトクリームがあったりもして、チャーハンだってかにチャーハン。
    その贅沢を堪能します。
    天ぷら、とんかつ、あるいはズワイガニがこれでもかって入ったコロッケ。
    テーブルの上にまるで回転寿司かのごときお皿の山ができてはなくなり、食べるにつれてみんなの笑顔が明るくなってく。
    会話もはずむ。
    ひさしぶりにあったみんなも、美味しいモノを食べておんなじ時間を一緒にすごすと、会えなかった時間がググッと埋まってく。
    おいしい料理がテーブルを彩る時間の魔法の力!

    おじさんたちは料理でお腹一杯なれど、女子はケーキで別腹埋める。

    f376f4b6.jpegホテル自慢のパティシエが作ったふんわりロースケーキやシュークリームにプリンカラメル。
    アイスクリームにイチゴをとってテーブルの真中あたりに置いてみんなで分けあい食べる。
    うーん、たのしい、腹一杯。
    それにしてもこのお店。
    料理をとりに行ってるうちに、座っているテーブルはグルグル回ってどこかに行ってる。
    だから自分の席を探してさまよう、おじさま、おばさま続出でその右往左往を見るのもたのしい…、オモシロイ。

    ちなみに母。
    実は今回、富士山だとか御苑の桜を撮影しようとそれも旅の目的だった。
    しばらく休んでた写真撮影を最近再開…、自慢の機材でつま先だったりかがんだり、体を使った撮影スタイルでみんなタジタジ。
    あいかわらずに元気そうにてホッとする。



    関連ランキング:バイキング | 永田町駅赤坂見附駅麹町駅

     

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    カメラ撮影に夢中になってるお母様、とても可愛いですね(≧▽≦)ノ
    lovekuma69さん / 2012/04/08(Sun) /
    lovekumaだって
    > lovekuma69さん
    カメラに限らず、何かに夢中になっている女性ってかわいいですね。
    lovekumaのご飯を食べている時は、可愛いですから!
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/08(Sun) /
    お母様素敵!
    画面初登場(私のおぼえている限りでは)のお母様、想像どおり素敵で、思っていたよりずっとお若いのにビックリ!しました。展望レストランの眺望と美味しいお料理有難う御座います!どんな楽しい会話だったのかな~って想像するのも楽しいです。お母様にどうぞ宜しく御伝え下さい(と私が言うのも可笑しいですが(^o^)/
    ボルテイモアのおかずさん / 2012/04/08(Sun) /
    よろこびます!
    > ボルテイモアのおかずさん
    女性はいくつになっても「若い」って言われるとウレシイみたいで、今日も久しぶりに白いハイヒールを履いたのよ…、って。
    なにか感想は?っていうものだから、若くみえるよって褒めてあげたらスゴく喜んでおりました。
    たしかに、このブログで画像ははじめてです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/08(Sun) /
    かっこいい!
    カメラの構えかたが

    かっこいい!

    ほぼ日の

    赤いドレスの

    イメージが

    ぴったりな

    ハイカラな

    かんじ(笑)

    それを

    こっそりとってる

    サカキさん

    すてきですっ
    ネコスタさん / 2012/04/08(Sun) /
    堂に入ってる
    > ネコスタさん
    そう、ボクもビックリしました。
    まるで女流カメラマン。
    撮った写真もまたオモシロクて、ビックリです。

    でもって、母を撮るボクを実は姪っ子が撮るなんていう、これまたたのしい昼食でした。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/08(Sun) /
    無題
    素敵なお母様に、うっとりです。サカキさんのお母様だと、妙に納得いたしました。御両親と御一緒においしいお食事と楽しいおしゃべりは、なによりの親孝行ですね。目で見るおいしいお料理 毎日楽しみにしています。ありがとうございます。
    尾藤さん / 2012/04/09(Mon) /
    はじめまして
    お母様が素敵で、思わずコメントをしてしまいました。
    見ていて元気が貰えるような、私もそんな女性を目指しております。

    実は昔、サカキ様にファンレターを送ったことがあったりして…(笑)
    キクさん / 2012/04/09(Mon) /
    いつかは一緒に
    > 尾藤さん
    今はいろんな理由があって、離れ離れにすんでおりますが、いつかは近くで暮らせるようにと一生懸命がんばっております。
    母の元気な姿を見るのが、ボクの一番の元気の素と感じます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/09(Mon) /
    おひさしぶりですね
    > キクさん
    はじめまして。
    そして、おひさしぶりでもあるのですね。
    母はいつも明るくて、それが心の救いだったりいたします。
    改めまして、これからもよろしくお願いします。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/09(Mon) /
    白いハイヒール?!
    お母様が4月に白いハイヒールを履いてらっしゃる?心弾みですね!特別お洒落な感じですね。考えてみると私は20代から白いハイヒール履いてないです。赤いドレスに白いハイヒールとカメラ、(+リッツのタオル姿)妖艶で華やか、少女の純真さと活発な可愛さ、等々魅力的なお母様ですね~!!(又カッパえびせんになっちゃった、すみません)
    ボルテイモアのおかずさん / 2012/04/09(Mon) /
    春になったから
    > ボルテイモアのおかずさん
    春にお洒落をしないで、いつお洒落をするのよ…、って。
    でもハイヒールは久しぶりに履いたから、ちょっと歩くのに難儀するのよね…、っていいながら、「お洒落も手を抜くとオンナも台無し」なんて反省の言葉もポツリと吐いておりました。
    女性はいつまでたっても少女なんだなぁ…、って。
    とても愛らしくってニッコリしました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/09(Mon) /
    おかあさま
    自分でお洋服を選べて、趣味を実践できて、なんて素敵。

    おかあさまは席が回っていっても、うろたえることなく戻って来られたのでしょうか。
    mioさん / 2012/04/10(Tue) /
    Beautiful!
    素敵なお母様拝見して思わずコメント。

    本を拝読してどんな方かしらと想像しておりましたが、想像していた通り、いやそれ以上に素敵で、しかもキュートなこと!
    それにしても、この日のブログ。コメントのほとんどがお母様ネタですね。
    素晴らしい影響力です。
    t.s.garpさん / 2012/04/10(Tue) /
    途中から
    > mioさん
    白いハイヒールが歩きにくいからと、途中からボクが専任のウェイターになりました。
    そんなこともたのしそうでしたよ。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/10(Tue) /
    明るい太陽
    > t.s.garpさん
    いろんなコトがあって、苦労をかけたのに、いつも明るくまるで太陽のような人です。
    田舎にいるとお洒落をする機会がないからと、今度の旅はまるでタンスがひとつ移動したかのような荷物でした。
    かわいらしい…、って息子ながらニッコリしました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/10(Tue) /
    お腹を養生する夜の今日 HOME 春日和
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]