忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を東京駅ではじめる一日…、駅構内の「寿司清」にくる。



    実は東京駅には2軒、朝からやってる寿司清があり、ひとつは改札外にある。そちらは寿司屋の出汁巻き玉子がメインの定食があったりして、足を伸ばしてみようかと思いもするけど、電車の時間が迫ってる。
    それでいつものエキナカのココ。
    いつもはほぼ100%のサラリーマン系レストラン。今日は凛々しいご婦人が3人ほどもが開店時間と同時にお店にやってくる。



    何にしようかと、いつもなら漬丼豚汁のセットか、鯛のだし茶漬け。そのどちらかで悩むのだけど今日はちょっと違う趣向でと、刺身定食。
    商品別に食券の色が違うココ。
    今日ははじめて肌色チケット。しかも刺身定食のうえに「とん」と赤字で文字を追加して、つまり「豚汁追加の刺身定食」という符牒。

    刺身はかなり本格的で、甘エビ、カンパチ、マグロの赤身。イカの上には明太子。大葉に大根のつまがタップリ、ちょこんとわさびで一人前。



    まずは醤油にマグロの赤身を漬け込んで、しばらくまってご飯の上に並べてく。大葉の葉っぱを一枚あしらい、厚焼き玉子をそえて漬け丼。
    こういうやり方があったじゃないの…、とニッコリします。
    熱いご飯の上でほんわか赤身に熱が通っていって、ひんやりとした刺身をおかずに漬け丼食べる。なんたる贅沢。
    脂の香りがコッテリとした脂の乗ったカンパチや、ネットリとしたイカの食感。わさびにはないビリッと尖った赤唐辛子の辛味がたのしい明太子。



    厚焼き玉子に鮭のハラスを焼いたもの。それに豚汁。当然だけど、刺身定食についてくる普通の味噌汁も一緒についてやってくる。
    汁が2つという組み合わせに、豚汁の方は野菜の味噌味煮込みなんだと思い込み折り合いつけてふうふう食べる。
    豚の脂が混じらぬ普通の味噌汁は、驚くほどにいりこの香りがくっきりしてて、なんか田舎の味噌汁を飲んでるみたいな気持ちがしてくる。
    食べてるうちにお腹がポカッとあったかになる…、よき朝の今日。オゴチソウ。


    関連ランキング:寿司 | 東京駅大手町駅二重橋前駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    My Little Town HOME 十七七
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]