忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中の仕事を終えて、中継地点の東京駅で昼を迎える。



    土鍋で煮込んだフカヒレ麺が名物の店。
    ステンレスとテカったタイル。色も単調、白っぽく冷たい感じがするインテリア。食事をたのしむ場所としてはいかがなものか…、という人もいる。
    けれど清潔感をアピールしながら、目の前のモノに集中できる、緊張感に満ちた空間。しかもやってくる料理は過剰に熱々だから、バランスとれているんじゃないかと思いもします。ボクは好き。



    焼きそばにフカヒレあんをかけたのたのむ。熱々に熱した薄い陶器の鍋に入れてグツグツやってくる。
    蒸した極細麺を焼く。それを直接焼けた食器に移すから、当然ずっとバチバチ麺が焼け、焦げる。そこに熱々あんかけかけて、だから蒸気がモウモウ大変。フカヒレあんの香りが鼻を直撃するのもたのしい先味。
    もともと濃度の強いあんが、沸騰しながらたちまち煮詰まり、泡がどんどん大きくなっていくのをみながら、ゴクリと喉が大きくなります…、さぁ、食べる。



    それにしてもこの料理。よく考えられていると思うのがあんのかけ方。
    タップリのあんを麺の上に満遍なく注ぐのではなく、半分ほどを残して注ぐ。だから乾いたところができるのですネ。
    あんに漬かった麺はしっかり煮こまれ、トロトロになる。
    ところがあんがかからぬ乾いたところはパリパリ、まるで揚げ麺のように水気を吐き出し痩せていく。痩せるだけじゃなく固くポリッと仕上がって、それととろみのあんがからむとなんとも言えぬ食感になる。
    ひと皿の上に2つの違った料理を作りだすこの工夫…、ウットリします。



    お皿に麺を移してそこに黒酢を注ぐ。コクある黒酢が醤油風味のあんかけスープにより一層のコクを与えておいしくさせる。
    追加でもらったもやしと黄ニラの炒め物。
    よくもまぁ、これほどまでシャキシャキしかもみずみずしく、炒めあげることができるものよと感心しつつ、麺に乗せるとそのシャキシャキが一層引き立つ。
    炒め油の香りもキリッとおいしさ誘う。
    麺がユックリやわらかになり、モッタリとしてフカヒレあんと一体化していくのもたのしく、味わい深い。どれもおいしく、でもなによりもスープの旨味に圧倒されつつ、お腹の中が満たされしたたか温まる。そしてササッと移動です。


    関連ランキング:中華料理 | 東京駅大手町駅日本橋駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    鶏の女王様 HOME 残念なリニューアル
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]