忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京につき、仕事仲間とたのしく会食。四ツ谷の駅前にある「雪梅花」。



    しんみち通りという飲食店がズラリと並んだ路地商店街。小さなお店が多い中、通りに面して多く扉を開け放った、異彩を放つ大きなお店。
    ショッピングモールや大型商業ビルの中に手広くお店を展開している、大手企業がやってる店で、本来、贔屓にする筋はない。
    けれどこの店。チェーンらしくないオンリーワンなコンセプト。若い店長もどこか店主のような臨機応変と一生懸命をかねそなえ、来るたび、自分のモノになってくような気持ちにしてくれる。



    突然の雨のせいでしょう…、お店の中はまだ静か。
    けれどお店に入った途端に雨があがって、続けざまに電話がいくつか。予約が続々と入り始めたようで、店長、張り切りテーブルセットに余年がない。
    このあわただしさも、おいしい雰囲気の一部であります。
    まずはお茶。
    プーアール茶をポットでもらって、お腹をじんわり温める。お通しにって湯通しをしたピーナツが茶碗にタップリやってきて、料理を待つのがたのしくなります。

    さて、前菜。



    牛すじ肉の煮ごりがまずやってくる。
    仕込んでおけばすぐ提供できる…、そういう料理でしかもおいしいモノが揃ったお店は、飲む人のためにステキなお店。
    ムチュンと粘るゼラチン質に、ネットリ、奥歯にからむ牛すじ。
    塩梅がよく、肉の旨みがグワッと口に広がっていく。お皿の縁に絵を描く用に黒酢が塗られてそれをつけると酸味と風味が脂の甘味を引き立てる。
    蒸した茄子と豆腐の薄切り。山椒がビリリとしびれるタレをタップリかけた料理はヒヤッと舌に冷たく、お酒をねだるオゴチソウ。



    蒸した鶏を丸ごと油で揚げたここの名物料理を今日も。
    遅い時間に来ると売り切れちゃうこともあり、迷わずココにやってきた人へのご褒美みたいなオキニイリ。
    皮はパリッと、肉はフックラ。これも塩の旨みで食べる。
    一羽を丸ごと使うというコトは、つまり鶏のいろんなパーツが揃っているということで、胸肉、もも肉、手羽元、手羽先。パーツがかわると味や食感が劇的に変わるところが鶏という肉のオモシロイとこ。



    人それぞれに好きなパーツがあるから不思議と、取り合い喧嘩にならないところもまたオモシロイ。
    鶏好きの人はもも肉好きの人が多くて、バッサリとした胸肉はなぜか不人気。
    ところがそのバサバサとした胸こそボクの好きな場所。だからユックリ。心置きなく胸肉むしゃむしゃ食べていく。

    大エビの辛味ソース炒めというのがあってたのむと、これが確かに見事に辛い。
    昔なつかしな酢豚のタレにラー油をタップリくわえたようなとろみソースで、衣をまとわせ揚げた大エビや山芋、れんこんを味わう趣向。
    ナイフフォークがついてきて、確かにナイフで切り分けないと食べづらいほど大きなエビに、気持ちも上がる。



    〆にラーメン。ここで一番人気というしじみラーメンをたのんで食べる。
    丼の上にしじみがタップリ。ネギもタップリでスープは塩味。ビックリするのがたのんで3分ほどで出来上がったこと。
    たしかに、飲んでたのしむレストランでは、〆をたのんですぐにやってくるのはアリガタイ。手間かけ時間もたっぷりかけておいしくするよりも、チャチャッとおいしいことの方が粋でありがたい。
    しじみの旨みが塩のスープをおいしくさせて、極細麺もスルンと喉にやさしくてお腹をおいしく蓋をする。ボクらが店を出る頃には、ほぼ満席になっていました。繁盛店。


    関連ランキング:中華料理 | 四ツ谷駅麹町駅四谷三丁目駅



    それにしても東京の雨はすごかった。東京駅から四ツ谷に向かう途中に乗った中央線が、ずっと徐行運転するほど。ニュースをみたら、本当にスゴい雨だったんだと今更ながら思い知る。



    9月の雨は冷たくて…。
    昔の音源を貼りたかったけど、埋め込み許可がとれたのはこれだけでした。大人アレンジの太田裕美もステキでござる。さぁ、寝よう。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    とろけたチーズ HOME たのしい仕事の今日のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]