忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仕事を終えてさぁ、帰る。旅のお供に何か小腹満たしのものはないかと思って、駅のコンビニをぼんやりしてたら、ウッカリこんなモノを発見。



    「たこむす」っていう箱入りおむすび。
    実は売り場のイチオシは上方天むす。「ふーん、大阪にも天むすがあるんだぁ」って若干の胡散臭さを感じて斜めてみていたら、並びに胡散臭さを超越したこれ発見し、それで思わず手が出た次第。
    へんてこりん好きさんでございますゆえ、まぁ、失敗してもそれは旅の思い出と思ってかって、電車にのって早速食べる。

    蓋をあけるとビニール袋に包まれ、中には海苔を袴にしたようなたこ焼きズラリ。



    醤油ベースのタレで味がシッカリついていて、香りはたこ焼きというよりどこかねぎ焼きみたいな感じ。
    ひょいとつまみ上げ食べるとなるほど。上半分がたこ焼き風味の粉物で、下が塩味の白米という二段重値の構造。
    粉物部分がもっさりしてて、出来損ないのねぎ焼きだとか、あるいは醤油味のもんじゃのような不思議な食感。マッタリ、ネットリ、口の中の水分奪う強者で、けれどそれがご飯と一緒になるとなんだか不思議にオモシロイ味。
    まずくはない…。というか、これもひとつの料理の有り様かもしれないな…、とあっという間に食べちゃった(笑)。旅の思い出、オキニナリ。

    新幹線の通路を挟んで反対側にいびき親父がグーガー、たまらない。
    ココはひとつ、大音響でレスピーギでも聴いてやろうかと試みる。ところが威勢のいい「祭り」にしてもずっと大音響であるわけじゃなく、ピアニッシモにかぶるイビキがなお物哀しい(笑)。それで結局、K-POP。



    SHINeeっていうグループのこの曲。
    新しいのにどこかナツカシイ、フックの効いた曲の作りに感心しつつ、舌ったらずのラップ部分がちと気恥ずかしい。
    現在この曲、鋭意マスター中でござって、完璧バージョンに仕上げた上で、いつかお披露目しなくちゃと、何度かリピート。イビキを気にせず東京へ。

    東京駅について、家に帰る途中で夕食。頂上麺にやってくる。



    本当は大阪、あるいは神戸でうどんを食べたかった。うどんを食べたいというかおいしい出汁にまみれたくって、けれど時間の余裕がなかった。
    それでちょっと趣向は異なるけれど、中華風のおいしいスープをこころおきなくとそれでココ。
    決して安いものではないのに女性でにぎわう。カウンターなんてボクをのぞいて全員女性。フカヒレのすべすべ効果を期待して…、ってコトかもしれない。




    土鍋でクツクツ煮込んだフカヒレスープ麺。
    ポッテリとしたなめらかスープ。オイスターソースの風味が強くはあるけれど、基本をなすのは鶏ガラやホタテやネギを丹念に蒸して作った上湯スープ。
    熱々で、とろみがあるからゴクゴク飲めるものではないけど、レンゲですくってひと舐めすると、口に広がる旨味のなんとも濃厚にして上等なコト。
    そのまま飲んでもおいしんだけど、麺にからめて口に運ぶと、そのトロトロや濃密感が一層増して、体の芯までとろける感じ。



    麺は細めのストレート麺。熱々スープにずっと浸かっているからどんどん熱が入ってやわらかになる。それがとろみスープにからむとどこからどこまでスープで、どこから麺かわからないほど一体感がでてくるところがたまらない。
    麺はコシだよ…、とかっていう人たちは気絶しそうになるかもしれない。けれどコシをなくしたからこそおいしい麺も世界にゃあるんだよ…、って思いながらズルズルハフハフ。
    黒酢を足すとスープの旨みに広がりがでて、一緒にもやしと黄ニラの炒めたものを合わせて食べると、シャキッと食感のコントラストがまたたのしい。
    おいしいスープにまみれて旅の疲れもとれます…、また明日。


    関連ランキング:中華料理 | 東京駅大手町駅日本橋駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    グッドモーニングホットドッグ HOME 寿司にコーヒー、そして寿司
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]