忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    炒めご飯。

    6550424d.jpeg細かく切った具材でササッと作った普通の炒めご飯に見えますけれど…。
    実は、とある実験の結果の産物。

    永谷園のお茶漬け海苔で、炒めご飯を作ってみよう…、と。
    思い立っておいしい実験。
    ご飯にかけてお茶かけて、それだけでサラサラいけるその持ち味を使えばなんとかなるんじゃないかと思い。
    それで実験。

    具材を切ります。
    冷蔵庫の中にタマネギ、ピーマン、キャベツがあって、まずはそれらをみじん切り。
    ちょっと食感残る程度の大きさに切り、中でもキャベツ。
    芯の部分もトントン切って、歯ごたえ借りる。
    焼いた塩鮭が冷えていたので、その身をほぐして準備する。
    フライパンにごま油。
    ちょっとあっため、そこにタマネギ。
    ジャジャッと炒めて鮭のほぐし身。
    お酒をふって臭みを消しつつ、鮭がパラパラになるまで炒める。
    微塵のタマネギもほどよく茶色に色づいて、そしたらご飯。
    他の具材をバサッと入れて、そこにお茶漬け海苔を投入します。

    chadukenori.jpgパラパラっと入れ、ザザッとご飯全体に行き渡らせてから味を見る。

    と…。

    ひえぇぇぇ、おいしい。
    味のついた素材と言えば塩鮭ぐらいで、なのに旨味も塩味もしっかりついてる。
    ちょっと塩味が強いかなぁ…、とそれで玉子を割りほぐし、落として炒めて出来上がりとす。
    いやはや、これはビックリするほどの旨さで、上手い!
    お茶漬け海苔の味は一切どこにもなくて、塩で仕上げたチャーハンみたいな素直な味わい。
    鮭のほぐし身の香りがホワンと鼻をくすぐる。
    コツコツ、奥歯を叩くキャベツの芯の食感も良し。
    もしかしたら、お茶漬け海苔の炒め物。
    野菜炒めもこれでおいしく出来るかも…。
    あるいはパスタ。
    あるいは塩味やきそばに、お茶漬け海苔で風味付け。
    いろんな実験、したくなるなり。
    いと、おかし。

    栄養バランスとるために、ハーブを食べる。

    hersala.jpgデパ地下でハーブ野菜ばかりを集めてパッケージにしたもの。
    氷で葉っぱを擦るようにして、洗いながらシャキッと冷やす。
    油も塩も、酸味も使わずただただこれだけ、指でつまんでクシャっと食べる。
    葉っぱの香り。
    緑の苦み。
    ハーブ野菜「ばかり」とラベルに書いてはあって、けれどチコリや春菊、カーリーレタスが混じってたりする。
    ハーブと言えばディルやタラゴン、バジルのような香りつけのための「草」のようなモノを頭に思い浮かべる。
    けれど確かに葉っぱ野菜にも香りはあって、もしかしたらば野菜はみんな全部まとめてハーブみたいなものかもしれない。
    そんなことを思ったりした。
    秋の夜。

    ところで今朝。
    千石の駅をでたところにて、小雨にあった。
    傘をさすまでのことはない雨。
    こぬか雨。
    秋とはこうした雨の似合う季節でもある。
    昨日まで、小さな傘を鞄にずっと放り込んでた。
    それを今朝方、取り出して身軽になって出てきたばかり。
    雨宿りでもしばらくしようか、と思いもしたけど、秋雨を感じて濡れて歩くのも、悪くないかな…、とテクっと歩く。
    「9月の雨」を唄いつつ。



    この鮮やかな切迫感。
    70年代歌謡の名曲のひとつだろう…、って思います。
    実はボクのオハコの一曲。
    これに限らず、岩崎良美のレインであるとか、中西保志の最後の雨とか、不思議と雨のつく歌が好きだったりする。
    ちょっとウェットなオッチャンです。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    雨の歌
    ついでのレパートリーにキリンジの「雨は毛布のように」とマドンナの「RAIN」も入れといて頂けるとありがたいですっ。笑
    オレンジさん / 2009/09/09(Wed) /
    キリンジは
    > オレンジさん
    キリンジの「雨は…」は練習しましたよ。
    裏声が上手く出なくて挫折してしまいまった苦い思い出(笑)。
    マドンナのRAINをダンス付きで上手に唄いこなせる50手前のおじさんって、かなりカッコいいでしょうなぁ…。
    がんばろうっと。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/10(Thu) /
    この歌の・・・。
    中西保志さんの最後の雨・・・。実はこの歌の韓国語Ver.を最近、iPodに入れてヘビロテで聞いています。

    http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0010Z2DTA/

    ↑こちらで購入したCDで、韓国人歌手、Zeroさんという方が歌われています。正直、発音がめちゃくちゃキレイです。こちらもいいですよ〜。
    りりこりあさん / 2009/09/10(Thu) / URL
    韓国版
    > りりこりあさん
    韓国シンガーの歌唱力。
    特にバラードのうまさは特筆ものですものね。
    ありがとうございます。
    ダウンロードしてヘビロテ楽曲にさせていただきます!
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/10(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ニューリンゴ HOME 白山下の幸楽苑
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]