忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    パスタを茹でてソースであえる。
    チーズソース。
    パルミジャーノとグラノパターノ。
    それからリコッタチーズをすりおろし、スタンバイ。

    P1210785.JPGベーコンとおろしたニンニクを鍋で炒めてそこにミルクをちょっとくわえて沸かしとく。
    そこにチーズを入れて溶かしつつ、バターでツヤを出していきます。
    チーズがキレイに溶けたところで一旦火からおろして休ませる。
    麺を茹でます。
    多めの塩でしっかりパスタに味をいれつつ、袋にかいてある指定の時間通りに茹でる。
    チーズソースのパスタはちょっとオーバーボイルくらいがおいしい。
    ムッチリとした小麦の麺にとろけるチーズがポッテリ感を添えて口、舌、奥歯をがんじがらめにするような、コッテリとした食感得るため、芯はほんの少々残して仕上げてあげる。
    タマネギ軽くソテしてそこにチーズソースをあわせて弱火であっためる。
    麺が仕上がる寸前に、玉子の黄身をソースにおとし火から下ろして手早く混ぜてなめらかにする。
    そこにパスタを入れてグルンとあわせてお皿に盛りつける。
    最後にガリッと胡椒を挽いて、カルボナーラ風のパスタができる。

    透き通るまでほどよく炒めたタマネギの、甘さとシャキシャキした食感が、いわゆる典型的なるカルボナーラにはないおもしろさ。
    プルンとパスタにネットリソースにまとわりついて、口の中にてのたうち回る。
    肉感的なる夜のゴチソウ…、オゴチソウ。

    ところでパスタつながりの面白い動画。
    食材とまるで関係ないモノを使って料理を作ってみせる…、というモノ。
    ステーショナリーが主なる素材。
    ルービックキューブが具材になって、色鉛筆がパスタに変わる。
    上手いなぁ…、って思ったのがポストイットをバターにするとこ。
    見ているうちに本当に料理をしてるみたいに思えてくるのが、おもしろい。



    「Home of the Twisted Film」っていうホームページに掲載されてる。
    「ひねりのきいたフィルム」と訳せる。
    「ひねくれ者のフィルム」と訳することもでき、まさに両方、ダブルミーニングな感じだわい…、とHP上の他のフィルムをみて思う。
    屋上でエッチをする椅子の物語なんて、生々しくて良い子にはちょっと見せられないかなぁ…、って。
    それほど上出来、オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    みずみずしい朝、弁天庵 HOME C&C
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]