忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    平日の夜のお家ごはん。
    友人が家にやってきて、せっかくだから何か作って食べましょか…、って。

    9d6a3793.jpeg肉を焼きます。
    ランプ肉の程良く赤みのおいしそうなところがあって、それを焼く。
    軽く筋を切って塩と胡椒をギッシリ、追いつけて、しばらくそっと休ませておく。
    スキレットを焼き込んで、蓄熱させてそこに肉をポンとおきます。
    上から指でギュギュッとスキレットに肉、押し付ける。
    一気に肉の表面に焦げ目をつけて焼き固め、うま味を外に出さぬようにする。
    肉はさわらず、ほったらかして自分でうまく焼けていくのを待つのが肝要。
    それでしばらくそっと置く。
    ジリジリ脂が弾ける音と、肉が焼ける匂いがしてきてそれが肉の返しどき。
    ひっくり返して再び指でギュッと抑えて焦げ目を作る。
    そしたらあとは火を止めて、スキレットのもつ余熱で肉の中まで軽く火を通す。

    肉を休ませおいしさを中にシッカリ閉じ込めている間にサイドの野菜の準備。
    アスパラガスを軽くゆがいてオリーブオイルでソテします。
    小さなトマトをシッカリ洗い、水気をとってお皿に並べる。
    肉を斜めにそぎ切ってお皿に並べてそこにタップリ、パルミジャーノを磨りふりかける。
    赤みの肉は顎においしい。
    噛めば噛むほど肉のうま味がにじみだし、口いっぱいに広がっていく。
    グリーンアスパラガスのほろ苦さと、トマトの酸味、そして甘みが肉のうま味をひきたてて夜のご飯の主役となった。

    c08f8136.jpegそれからグラタン。
    簡単にグラタンができるインスタントパックがあるんだよ…、と友人がそれを持ってきていてそれを使って作ってみます。
    玉ねぎ炒めて、そこに茹でたむきえび投入。
    水にミルクにセットになってるマカロニ入れて強火で一気に沸騰させる。
    それから3分。
    焦げ付かせぬようヘラでずっと混ぜながら、トロミがついたら、それを耐熱容器に移してオーブンに入れあっためるだけ。
    ちょっとおいしくしてやろうと、オーブンに入れる前にバターと、とろけるチーズをタップリのせた。
    それで10分。
    見事に焼き色がついてグツグツ、その表面が沸騰してる。

    どんな具合だろう…、って食べてみたらばソースはなめらか、鍋に入れたときには乾燥していたマカロニも、計算通りにクニュクニュプルプル。
    よく考えられた食品だなぁ…、って思ったりした、ハフハフ食べる。

    ad82a1bc.jpeg〆はお蕎麦。
    ニシンの甘露煮があったもので、それを使ってにしんそば。
    関西風に仕上げましょうか、と出汁は関西風にとってみる。
    昆布とかつお。
    白だし使って透明に。
    蕎麦を茹でて、水であらってシャキッとしめて、それを再び熱湯でクツっとあっため出汁にしずめる。
    ニシンをのせて、みつばを飾る。
    天かす散らしてコクを借り、山椒の香りでひきしめる。
    スッキリとした出汁に魚の甘露煮の、風味と甘みとうま味が交じる。
    江戸の蕎麦とは違った蕎麦の、これもおいしさ。
    体が中からあったまる。
    食欲の秋が本格的にはじまった…、そんな感じの夜になる。

    ところでちょっと気になる調理器具を紹介した動画を一本。

    フィリップスの「Air Fryer」という商品で、名前のとおり油槽にモノを浸すのでなく熱した空気を素材に噴きつけることで揚げたと同じ状態にするという調理器具。
    ドイツの家電フェアーで出品されていたレポート動画で、レポーターがちょっとおちゃらけキャラではありますが、なかなか見ごたえある内容。



    200度に熱した空気を高速で循環させると揚がったような状態になるというのがまずは不思議な発見で、ただ、油が持っているフレーバーを再現するにはほんの少量の油を空気に加えてやれば、もっと完璧な仕上がりになる。
    当然、調理したあとの掃除が簡単なのもいいみたいだし、80%ほどカロリーカットができるともいう。
    なんだか気になる…、欲しいなぁ。
    ヨーロッパでは予約販売中、値段は2万5000円ほどというコトでもある、なんだか未来を感じるガジェット…、他にもいろいろあるんだろうなぁ…、オモシロイ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ゴチソウ
    クリスマスディナーといってもいいようなメニュー。
    とってもおいしそうです。
    寒くなってきたのでグラタンとかあったか~いものがうれしいですよね。

    Air Fryer欲しいです!
    もうすぐ発売のお米からパンの機械も気になるし、
    おもしろいですね。
    あーたさん / 2010/10/20(Wed) /
    調理マシン
    > あーたさん
    調理器具というより調理マシンという方がピッタリくるようなこうした道具。
    気になりますよね。
    お米でパンが出来るベーカリーマシンもかなり評判がいいようですね。
    家がマシンだらけになっちゃうのもちょっと大変。
    でも欲しい(笑)
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/20(Wed) /
    外国の物ってだけで
    外国の商品って、ほんとうに思考が斬新ですよね。その切り口で来たか―!っていう。通販番組見ていてもよく思います。でも、本当は日本の製品も切り口が斬新なのかもしれないですが。。。偏見ありきでどうも外国の商品にはワオ!と言ってしまいます。なぜかワクワクするのですよね~。
    チンプイさん / 2010/10/21(Thu) /
    食習慣
    > チンプイさん
    食習慣の違い。
    そもそもキッチンのスペースや構造の違いが、思いがけないガジェットを作り出す。
    その手があったか…、って結構、ビックリさせられますよね。
    コレ、まずは実機を見てみたいです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/21(Thu) /
    おはようございます。
    最近カメラ代えました。

    接写写真が最高です。

    特に本日の鰊そばは最高です。

    元気で何とか生きています。

    岩手に居てはマイナスな事

    ばかり考えてしまいます。

    都会に出て、新しい空気と

    若い女性を見ないと活力には

    成りません。頑張って早く

    皆に会いに行きたいです。
    問題児(岩手)さん / 2010/10/21(Thu) /
    仕事の話
    > 問題児(岩手)さん
    お元気ですか?
    仕事の話がたくさん待っています。
    ぜひ、東京へ。
    田舎に引き篭っていてはただのデブのおじさんになっちゃいますよ!
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/21(Thu) /
    有難うございます。
    仕事ください。

    何でも良いです。

    お願いします。
    問題児(岩手)さん / 2010/10/21(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    悩ましすぎる朝のコト HOME グットドールクラッティーニ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]