忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ところで昨日の夜のコト。

    kusanabe.jpg鍋をしました。
    とあるデパ地下で「冷しゃぶ用の豚肉盛り合わせ」っていうのを売っていた。
    三枚肉に肩ロース、それからモモと三種類。
    どれもキレイで、たしかに冷ましても脂がキツくないように脂の状態がとてもよいモノ。
    冷しゃぶでもたしかにいいのだろうけれど、夏こそ熱いしゃぶしゃぶをと、野菜と一緒にたのしむコトにいたします。

    まず出汁をとる。
    酒を煮切ったものにあごだしをあわせてやって、そこにニンニク、それから輪切りの赤唐辛子。
    クツクツ沸かした出汁を鍋にはったところで豚をしゃぶしゃぶ。
    一緒に緑の野菜をタップリと。
    空芯菜にオクラにわさび菜。
    シンプルな組み合わせだけど、どれも少々クセがあって、とろみに粘り気それから苦味。
    スープで炊くと緑あざやか、うつくしくなりそれをゆずを搾ったポン酢にトプッとつけて食べると、旨い!
    あまり煮込まず、ササッと色が変わる程度のところで引き上げ、口に含むとシャキシャキ歯ごたえとても痛快。
    肉もおいしい。
    けれど野菜がおいしく食べられて、それでお腹が満たされるってステキだなぁ…、って思ったりした、お腹の中からやさしく体が癒される。
    nasumen.jpg茄子とピーマン、ひき肉を炒めた一品。
    細切りにした茄子を一旦、電子レンジで温めて余分な水気を搾りとる。
    塩と胡椒をほどこした豚ひき肉をニンニクと唐辛子の風味を出した油でよぉく炒めていくと、滲んだ油が透き通ってくる…、そこに具材を投入しオイスターソースとチキンストックで味整えて春雨くわえて余分な水気を吸い込ませたモノ。
    思ったよりもよくできて、それから〆を最近オキニイリの麺。
    みょうがと大葉を薬味にタップリ…、ツルツル食べて夜のお腹を満たす夜。

    昨日はかなりの夜更かしをして、それで今朝は朝とお昼を一度にすます。

    19eb64b7.jpeg冷たいカッペリーニを作ってみます。
    極細の麺。
    2分で茹で上がるという麺を、3分茹でて水にとり氷と一緒にあらってしめる。
    アサリの茹で汁を凍らせたモノ。
    それを煮詰めて味と風味を凝縮させたモノを味の基本にまずすえる。
    塩味。
    うま味ともに上等。
    そこにトマトを裏ごしにしたピュレをくわえて濃度を整え、オリーブオイルをユックリ注いでかき混ぜる。
    乳化させつつバジルを散らしてほぼ出来上がり…、パスタをあえてお皿に盛ります。

    具材をいくつか。
    まずはトマトをケッカにします。
    刻んでオリーブオイルと塩で暫く漬け込み油とトマトが渾然一体となったところをパスタに飾る。
    パプリカを焼いて冷やしてトロンとさせたモノを細かく刻んでちらして、バジルの葉っぱにトビコをあしらう。
    色鮮やかで、風味豊かでしかもプチプチ、小さな魚卵が奥歯で弾ける食感が、細いカッペリーニのたよりない食感おぎないおいしくさせる。
    ディルをまぶしたスモークサーモンを食わて今朝のゴチソウパスタの出来上がり。

    冷たいパスタは味をととのえるのがむつかしく作る途中に何度も味みるのだけど、塩がなかなかのらなくて何度も作り直しをしたからちょっと麺が伸びちゃった(笑)。
    とは言えカッペリーニの食感独特。
    そうめんとも、香港風の麺とも違ったハリと歯ごたえのある極細麺の喉をスルンとかけおりる、その食感がたのしくてかなりの量を一気にズルズルたのしんだ。

    611399e7.jpegそれからゴーヤ。
    ほどよきサイズの手に取るとズッシリとした重たいゴーヤが手に入り、それを使ってサラダな感じの一品作ってサイドの料理といたします。

    半割にしてスプーンで種を取り出して、それから薄切り。
    タンタンカンカン、同じリズムでゴーヤを薄く切ってく。
    薄切りをしているうちに目が本格的にさめてくれるのがウレシイところ。
    一本切って、それを沸騰したお湯に入れて、再び沸騰したらばザザッとザルに移して氷でしめる。
    水気をとったところに塩をうち、冷蔵庫の中でしばらく寝かせる。
    20分ほどでとりだして、水をしぼってツナ缶を油と一緒にパカッと混ぜてほんの少しのだし醤油かけ風味をととのえ出来上がり。

    シャキシャキとした歯ざわりと、おどろくほどのみずみずしさに体の中が潤う感じ…、なにより優しい苦味がキリッと体のそこから元気が湧いてくるようなたのしさ感じる。
    それにしても最近、野菜がおいしく感じる…、野菜で元気をもらう夏。

    朝から今朝は暑かった。
    日本中が緯度を何度か下に移動し、熱帯地方に突入するようなそんな日曜。
    水分補給を怠らぬよう、今日も1日、笑顔でニッコリがんばりましょう…、と仕事混じりの一日をのんびり過ごす、日曜日。
     

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    昨日の夜と今朝のコト HOME おおかみこどもの雨と雪
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]