忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨日の夜、炊飯器で炊いて仕上げたパエリア風の炊き込みご飯の残りをつかって昼のご飯を作って食べる。

    9801a3fd.jpeg玉ねぎと魚肉ソーセージを切って、油でジャジャっと炒める。
    それを冷やしておいた炊き込みご飯に混ぜてザックリ、油をご飯の粒にまとわせフライパン。
    丁寧に炒めていきます。
    鍋を揺すって上、下、ヒックリ返して熱を通していくと固めに炊けてたタイ米が割れて壊れて散らかっていく。
    ほんのちょっとだけ塩をくわえて、それからタバスコ。
    お皿に移して、玉子を焼きます。

    黄身も白身も渾然一体になるまで玉子をよくといて、油をタップリ入れてあたためたフライパンにジャジャっと流す。
    ブクブク、大きな泡が浮かんだところに刻んだピーマン、パラリ。
    ユックリ縁からおりたたむようにして、オムレツ状にして焼き上がり。
    炒めご飯の上にのっけて、スプーンで一緒に玉子をすくってパックリと食べる。
    油を含んで焼けた玉子が縁はサクサク、中はシットリなめらかで、ほとんど生のピーマンがコツコツ奥歯を叩いて緑の香りを吐き出して、口の中をさわやかにする。
    ご飯はパラパラ。
    壊れたタイ米がまるでクスクスみたいな感じで、口の中でパラパラちらかる。
    騒々しくてしかもおいしい。
    甘く炒めた玉ねぎと、魚肉ソーセージのプルンとたのしい食感と食べると昔を思い出す香り、味わいなつかしく昨日の炊き込みご飯より、味がクッキリ鮮やかなのにウットリしました…、家中の窓開け空気を入れ替えて、土曜の午後をのんびりします。

    5fb593d1.jpeg夜は家でユックリと。

    冷蔵庫の中に食べるべきものが沢山ある。
    あるのだけれど、どうにもこうにも食べたくてしょうがないモノができてしまって、それがこれ。
    サッポロ一番の塩ラーメン。
    数ある袋に入ったインスタント麺の中でこのスープほどおいしいスープにいまだ出会えぬ。
    セロリっぽい匂いがするとでもいいますか。
    完全に中華風ではなくてちょっと洋風イメージ。
    塩がベースで具材の種類によって味がちょっとづつ、変わってくるのがたのしくて、それでたまにたべたくなっちゃう。

    具材を準備しましょうと、グリーンアスパラガスを母のシイタケと一緒に炒める。
    味付け玉子を半割にして、あとは麺を茹でるだけ。
    ちょっと多めのお湯で固めに茹で上げて、粉末スープを放り込み足りない味をおいしい塩でととのえる。

    お椀に盛って、具材を上に飾ります。
    アスパラガスを炒めた油。
    甘く煮付けた母レシピなるシイタケの煮汁が混じってそこだけなんだか甘くなる。
    ネギをタップリ。
    それが塩味スープを吸ってシャキシャキなんとも歯ごたえたのしく、胡麻が風味を添えておいしい…、やっぱりこれはオキニイリ。

    母が送ってくれたおかずをちょっと一手間。
    2766b00a.jpegワラビがタップリあったので、それを玉子で閉じてフウフウハフハフ食べる。
    噛むとトロミがでる山菜を、玉子のフックラした食感が一際おいしくしてくれる。
    分厚く大きなアジのフライや、宇和島のじゃこ天を網でこんがり焼き上げて、夜のおかずにして食べる…、土曜の夜のオゴチソウ。

    ところで本日、スーパームーンになるんだという。
    月と地球の距離が一番近くなるときに通常よりも月が大きく、しかも明るく見える現象。
    それがスーパームーンでNASA曰く、今年のスーパームーンはいつものそれより14%も大きく、13%も明るく見えるのだそうな。
    5月5日から6日かけて、月が大きく見えるだけじゃなく当然、海の満潮も数センチ単位で高くなる…、月と地球は密接な関係を持っているという証明を感じる今夜。
    月つながりで、この曲、聞きたくなりました。


    Mecano-hijo-de-la-luna 投稿者 robertomiguel

    「Hijo de la luna( イホ・デ・ラ・ルナ)」、英語にすると「Sun of the Moon」、つまり月の息子って言うタイトルで、メカノって言うスペインのヴォーカルユニットのヒット曲。
    1981年発表で、当時は「スパニッシュテクノ」って言うカテゴリーで、ただテクノと言うにはあまりに切なく、哀愁ただようメロディーと囁きかけるようなボーカル。
    ひさしぶりに聴き、学生時代のコトをいろいろ思い出す。
    月に願いをしましょうか…。
     

    拍手[12回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    サルバトーレのバフェの昼 HOME ハモンセラーノフレッシュネス
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]