忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、買い物で新宿まで出て、はてさて何を食べようか?
    迷って結局、バフェにする。迷った時のバフェだのみ(笑)…、場所は「膳丸」。野菜がおいしいが売り物の店のランチでござる。



    暑い季節に何をおいしく食べてもらうか?
    飲食店はかなり苦労をするモノで、特にバフェ。お腹いっぱい食べてもらうためには「辛くて熱いモノ」にするか「涼しく食べやすいモノ」にするかの二通り。
    今日のココは「涼しい系」。
    何しろメインがソーメンでした。ソーメンに合わせるように刻んだ油揚げや刻んだネギが揃ってて、そこにきんぴらごぼうに煮たひじき。高野豆腐などを添えズルンと食べる。



    いつもは鶏のから揚げなんかがあるのだけれど、今日の揚げ物はマグロの竜田揚げと、ここもちょっと夏モード?
    モロヘイヤのおひたしがあって、トロトロズルリと食べるとまるで冷たいスープのような味わい。喉を撫でつつお腹をひんやりさましてくれるオゴチソウ。
    山菜の炊き込みご飯と一緒にスルリ。お腹を優しく満たしてお店を後にする。


    関連ランキング:野菜料理 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅



    そして夜…、スゴい肉をいただいて、それをメインの贅沢な夜。



    徳島県産の黒毛和牛のサーロイン。脂ののりがうつくしく、しかもほどよき熟成で普通に焼くと多分、脂が強すぎる。
    それで魚を焼くためのロースターを使って焼きます。
    塩と胡椒を両面にタップリほどこし、あらかじめ熱したグリルの網にのっける。中火でじっくり焼いてくと、表面の脂が焼けて沸騰していく。
    余分の脂は下に落ちます。ひっくり返してまた焼いて両面こんがり焼けたら一旦火を落とし、庫内でしばらく休ませる。



    10分ほども休ませたらば今度は強火で両面をカリッと焼ききり、ザックリ切って出来上がり。
    野菜を並べたお皿にのせて、パクリと食べると…、あぁ、旨い。
    思っていたより脂がきつくはなくて、スッキリとした上等な味。ジュワッと口に広がる肉の旨みにウットリします。焦げた表面がサクッと歯切れる食感に前歯がよろこび、ねっとりとした肉が奥歯を撫で回す、肉感的にウットリします。
    良い和牛というのは脂が旨いというけれど、確かに脂の存在感のすばらしきこと。しかも赤身を邪魔せぬところも粋なとこ。



    サイドの野菜は固めに茹でたブロッコリーに、蒸したかぼちゃに半割トマト。スキレットで焼いた万願寺唐辛子と、食感異なるモノをあれこれ。
    どれも味わい深くて肉の食感、味をひきたてる。
    絹ごし豆腐に重石をのせて水切りをしたモノをお供に。脂で疲れた舌をこれでやすませながら、食べるとこれがまた旨い。

    それから枝豆を焼いたモノ。



    枝豆は茹でるよりも焼いた方がずっとおいしい。
    仕方は簡単…、よく洗った枝豆に塩をほどこし30分ほどやすませる。今日は200g弱の枝豆に大さじ軽く一杯分とちょっと強めの塩をあて、油をひかぬフライパンに平たく並べて火をつける。
    中火で10分。蓋して焼くだけ。途中、一回ひっくり返して両面満遍なく焼くと枝豆の持つ旨みがギュギュッと凝縮されて、焦げたサヤの香りも旨い。サヤについた塩が一緒に口にはいって、豆の甘みをひきたてる。

    そして〆にパスタを少々…、細いリングイニ「リングイニピッコーラ」っていうのを使って簡単に。



    ソースはトマトソースにズワイガニのほぐし身の缶詰。スイートコーンととても簡単。赤唐辛子と胡椒をタップリ使って大人の味に仕上げる。
    固めに茹でたパスタにソースをからめて、そこにオリーブオイル。
    鍋を揺すってタプンタプンととろみをつけて、出来上がり。
    カニの旨みととうもろこしの甘みがソースをおいしくさせる。プルンとなめらかなパスタと一緒に、コーンがプチプチ、奥歯ではぜる食感もしんみりたのしく、夜の気持ちが満たされる。

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    焼き枝豆!
    こりゃ美味しそう☆
    早速真似させていただきます。
    今日はね〜、八百屋さんがまだ開いてる時間に帰れるんですヨ♪♪♪
    ビールも忘れず買わなきゃ!!
    おもちさん / 2014/07/29(Tue) /
    ぜひぜひ
    > おもちさん
    ビールにあいますよ。
    あっという間に一ざる分、食べられちゃいます。
    エンジョイです!
    サカキシンイチロウさん / 2014/07/29(Tue) /
    美味しかったです!
    初・焼き枝豆、おいしかったです!
    ほっくり、こっくりしていて、ちょっとそら豆っぽい風味もあって。
    実はね、ビールも側にあったんですけど、飲むのも忘れてちゅぱちゅぱ食べてしまったんですよ…(笑)

    また作ります!
    おもちさん / 2014/07/29(Tue) /
    よかった!
    > おもちさん
    つまみ上げた指までおいしいですよね。
    気に入っていただいてよかったです。
    サカキシンイチロウさん / 2014/07/29(Tue) /
    RIJN HOME Godzilla
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]