忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    月曜日の夕方。
    再放送ばかりのテレビにちいと辟易し、それでNHKの教育テレビをぼんやりみてた。
    なんの、なんの、これがかなりたのしくて、なんと6時から人形劇の「新・三銃士」の初回に遭遇。

    sanjusi.jpgなんたるラッキー。
    「ひょっこりひょうたん島」「新八犬伝」「プリンプリン物語り」と、昔は熱狂したものです。
    特に辻村ジュサブローさんが人形の造形担当をしていた時代の、壮大でロマンティックな神秘な世界にはかなりやられた。
    その人形劇がなんと14年ぶりの復活なんだそう。
    一回目の今日。
    軽快なストーリーてリングと、三谷幸喜の脚本のせいか、それとも今日一日のゲスト出演の西田敏行のアドリブなのか緊張の中にも笑いがあって、かなりいい。
    勇気と友情の物語り。
    「一人はみんなのために、みんなは一人のために」というテーマをこれからどう料理しながら話を進めていくのか、興味津々。
    HDDレコーダーのタイマーセットをさっそくいたす。

    コレに限らず5時半からの1時間。
    教育テレビの実験的にしておもしろいこと…、ビックリします。
    アニメ半分、実写半分。
    唄って踊って料理をつくる「クッキンアイドル、アイ!マイ!まいん」の萌え世界。

    かつての名盤組、ハッチポッチステーションを彷彿とさせるマペット音楽劇の「ゆうがたクインテット」にはもう目が釘付けで、なにしろ「you got a quintet」と書いて、ゆうがたクインテットというこのタイトルセンスすら、かなり好き。

    テレビ世界の困ったときの神頼み的、NHKの教育テレビ。
    今日もかなりお気に入り。
    でもって、今日の「クッキンアイドル」のテーマがナポリタンスパゲッティ。
    それにちょっと触発されて、休日の日のスパゲッティ。

    冷蔵庫の中の棚卸しには、チャーハン、焼きそば、スパゲッティ。
    残り物を切ったり刻んだりしてジャジャッと炒める。
    炒めあわせるモノがご飯か麺かパスタかで、選ぶべき調味料が当然かわり、出来る料理も変わってきはする。
    設計図があらかじめあるわけじゃなく、作りながら臨機応変、仕上げ方を変えていける自由度の高いどれも料理で、だからときおり。
    作って冷蔵庫の中をキレイにさせる。

    cheesepasta.jpg今日の主役はベーコン、それから魚肉ソーセージ。
    厚切りベーコンの塊は、こまかく切ってフライパンに油と一緒に放り込み、コロコロジュワジュワ、転がしながら脂を油に吐き出させておく。
    魚肉ソーセージは拍子木切りに。
    薄切りにしたタマネギと、細切りにしたピーマンと一緒にカラコロ、ベーコン油で炒めてしんなりさせておく。
    タップリのお湯で麺を茹で、茹で上がったらフライパンに移して味をととのえる。
    昨日のステーキソースの残り。
    ほんの少々の柚子胡椒。
    塩の混じったパスタのゆで汁で塩味加えて、最後にクリームチーズをポッタリ入れてザザッと和える。
    味をみたらば、ビックリするほどおいしく出来た。
    奇跡の一皿、シアワセになる。

    思いがけずおいしくできてしまった理由を考えながら、パクンと食べる。
    多分、チーズのコクと柚子胡椒のキリっとさわやかな辛味の相性が良かったんでしょう。
    醤油をまるでつかってないのに、焦げたベーコンのカラメルっぽい香りがパスタをかなり和風な味にしてくれた。
    偶然なれど、うれしく思う、おもしろい。

    ところでこれ。

    pastasaurus.jpg「Pastasaurus Pasta Server」っていう商品名の、スパゲッティをはさむのじゃなくクルクル巻いて鍋から皿やフライパンに移す道具。
    プラスティック製にて長さは13インチ。
    33センチほどの程よい大きさ、しかも軽い。
    通信サイトで売っていて、値段は8ドル、1000円足らず。

    パスタや麺を茹でる場面で、これを使って子供と一緒に料理する…、っていうのもいいけど、グラグラ沸騰をする鍋の横ではちと危険?
    だからこれ。
    ミートソースのスパゲッティーや、お子ちゃま向けのケチャップあえのスパゲッティーを、これでグルグル巻き取って自分の分をお皿に盛る。
    そんな機会に使ってみれば盛り上がるだろうし、お母さんのお手伝いがとてもたのしくなるかもしれない。
    おもしろステキなキッチンがジェット。

    ちなみにこれを売ってるサイト。
    名前も「Perpetual Kid」っていう、永遠に子供の気持ちを持った人向け商品専門
    イマジネーション膨らむたのしいグッズが一杯。
    ブックマークをいたします…。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    三銃士
    ワタクシ、バッチリ録画予約しておきました(笑)
    いや、久しぶりに人形劇見るといいですね。
    公式HP見たら、声の出演は7人だけで主役から端役までこなしちゃうのにビックリ。
    この秋いちばん面白いドラマになりそうです。
    あ、今週来週は月〜金放送ですけど、再来週からは週一金曜日放送ですのでご注意を。
    キザキさん / 2009/10/12(Mon) /
    5時半からは
    ぜんまいざむらい、まいん、クインテット、おじゃる丸だったのですが、
    新・三銃士の為おじゃる丸しばらくお休みです。
    うちの5歳の息子は、まいんちゃん大好きで、
    出てくるメニュー、時々リクエストされます。
    ピタゴラスイッチやにほんごであそぼも、
    面白いですよ~。
    あーたさん / 2009/10/12(Mon) /
    無題
    三銃士、事前の特集から今日はずーっと観てました。
    ダルタニアンの表情に、惚れ惚れしちゃいました。
    教育テレビは、いつまで経ってもたのしいですね。
    京さん / 2009/10/12(Mon) / URL
    人形劇!!
    佐藤もNHKの人形劇が本当に大好きで,
    さすがにジュサブローさんはリアルタイムではないですが,
    三国志,ひげよさらば,平家物語などなど,
    自分の感受性に大きな影響を与えているなと思います.

    こちらで文楽とかの勉強も重ねますが,
    人形に色々な思いを見出す,
    日本人の感受性はアニメや漫画だけじゃないぞ,
    という気がして凄く好きです.
    佐藤Rさん / 2009/10/12(Mon) /
    本当にひさしぶりの…。
    > キザキさん
    声優さんもなかなかに達者な人が揃われていて、とても自然な感情移入ができそうな感じ。
    いいですね。
    こうした入念なドラマ作りって、大河ドラマでもなかなか最近しないような…。
    これからがたのしみです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/12(Mon) /
    料理が好きになるような…。
    > あーたさん
    まいちゃんの番組は、子供が自然に料理が好きになってくれそうなたのしさと、的確なワンポイントアドバイスが、とてもいいなぁ、って思いました。
    これもひとつの食育ですね。
    にほんごあそぼ。
    アニメーションがスゴく良くできていて、目がまんまるになっちゃいました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/12(Mon) /
    凛々しくって
    > 京さん
    本当に顔つきが凛々しくって、しかも色っぽい。
    惚れ惚れしますよね。
    見入っていると人形であるというコトをすっかり忘れてしまう、不思議な世界。
    ワクワクします。
    ダルタニアンの出会いと成長。
    たのしみです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/12(Mon) /
    とても原始的な
    > 佐藤Rさん
    人形はとても原始的なあまりいろんなところが動かぬものなんです。
    顔なんか目だけが動く。
    でも不思議なほどにリアルなんです。
    唇が動きもしないのにまるでしゃべっているように見える。
    日本ならではの人形文化がここにシームレスにつながっているような気さえします。
    なかなかです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/12(Mon) /
    手は30秒洗うのだぞ
    おもしろかったですね!三銃士。
    クインテットは以前から毎日予約で見てました♪
    音楽にぴったりついていく
    人形の動き、(特に指)
    最初に見たとき度肝抜かれました。
    クラシック好きのサカキさんなら
    なおのことワクワクしたのでしょうね。
    ワクワクする楽しさ、って
    民放では少なくなったかもです。
    99さん / 2009/10/12(Mon) /
    風邪を引かぬように…。
    > 99さん
    死に際の言葉が「手は30秒洗うのだぞ」って、思わず吹き出しちゃいました。
    これからどんなサプライズが用意されているんだろう…、ってワクワクしますね。
    テレビを付けたらまずNHK。
    デフォルトになっちゃいました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/13(Tue) /
    再放送予約
    わぁ!「新・三銃士」が始まっていたのですね。
    見そびれました。再放送を予約しなくっちゃ。
    こどもたちが観るので、NHKの教育番組はほとんど知っています。
    私は、にほんごであそぼ、クインテット、がお気に入り、娘はマインが別格扱いです。
    あれはすごいです。オンナノコゴコロをわしづかみですw
    子どもの頃は、ひげよさらば、にハマっていました。わんわん三銃士も思い出しました。
    今日の夕方が楽しみです!
    ryoko*さん / 2009/10/13(Tue) /
    子供騙しじゃない!
    > ryoko*さん
    NHKの教育テレビ。
    子供向けなのに子供騙しじゃないとても丁寧で真摯なつくり。
    しかも実験的なことを次々くりだす冒険心。
    スゴいですよね。
    特にこの人形劇。
    昔のワクワクを思い出してしまいました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/13(Tue) /
    無題
    初めまして^^
    昨日母が新聞の批評か何かを見たらしく、この人形劇凄いらしいわよ。
    人形に哀愁が漂ってて、大人だけに見せておくのは勿体ないみたい。と話してました。
    残念ながら1回目は逃してしまいましたが、来週は見たいと思います。
    このスパゲティを取る道具、めちゃめちゃ可愛いですね!!
    こういうの大好きです☆


    lovekumaさん / 2009/10/13(Tue) /
    はじめまして
    > lovekumaさん
    本当に大人がみても十分にたのしく、しかも子供にもわかり易いなかなかの出来だと思いました。
    多分、再放送もあるはずですよ。
    ボクもこれからしばらく、録画予約をキッチリしなくちゃ、と思っています。

    コメントどうもありがとうございます。
    またたのしい書き込み、お待ちしています。
    よろしくです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/13(Tue) /
    無題
    NHKの人形劇、大好きです。小さい頃は15分のお話人形劇もよく観てました。
    もちろん、ハッチポッチも大好きです。トランクかわいいですよね。
    それにしても、手は30秒洗うのだぞってセリフ。こんな面白いセリフが出てきたんですか?観ればよかった!!手は30秒・・・流行りそう。
    チキンさん / 2009/10/13(Tue) /
    6時だけれど8時だよ!
    > チキンさん
    8時だよ全員集合!な感じの台詞が次々、出てくるんですよ。
    本当だったら湿っぽくなるシーンを、ちょっとした笑いでその深刻を和らげる。
    さすが、三谷流って感心しました。
    これからどういうふうに暴走していくのか。
    たのしみでしょうがありません。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/14(Wed) /
    プーク
    ちょうど昨日、娘の幼稚園の催しで人形劇を観ました。
    それが新・三銃士に関わっているスタジオと同じ団体の劇団でした。
    すごいです。プロフェッショナル。
    人形の操作や技術だけでなく、ショーとしての完成度も。
    実は劇場で観劇したこともあるんです。
    西新宿の劇場、小さいんですが、それがまた素敵に感じられる空間です。
    嬉しい偶然にますます三銃士のこれからが楽しみになっちゃいました。
    ryoko*さん / 2009/10/14(Wed) /
    プーク!
    > ryoko*さん
    プーク人形劇場はなんども通いました。
    というのも、そこで「ワハハ本舗」が舞台をよくやっていたから。
    あの小さな空間って、気持ちが伝わりあういい雰囲気なんですよね。
    人形劇場って名前がまたステキで、いつかはここで人形劇を…、なんて思っていました。
    三銃士。
    本当にたのしみです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/14(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    新宿ベルクでレッツラゴー! HOME ベトナムランチにマッシュルームのバーガーな昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]