忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今朝、母から送ってきたおかずを使って夜にする。

    マカロニサラダ。

    f9bba2c0.jpeg母の作る料理の中で、1、2を争うお気に入り。
    細かく溝の付いてクルンと丸まった短いマカロニ。
    セロリの葉っぱとオニオンスライス。
    それにハムか、あるいは魚肉ソーセージ。
    マヨネーズ味のほんとに普通のマカロニサラダ…、なのだけど自分で作ろうとおんなじ素材を見よう見まねで何度も試した。
    でもこの味にはならなくって、それで母にレシピを頂戴って聞いてみた。
    そしたら一言。
    その日の気分で作っているからレシピなんて言われても、私だってわかんない。
    ただスライスをしたタマネギは絶対水でさらさないこと。
    調味料は全部適量を超える分量をタップリ使って作ること。
    思いっきりよく作るのがコツ…、覚えときなさいってそう言ったのを思い出す。
    今日のコレも思いっきりのいいおごちそう。
    家庭料理の唯一のレシピは「愛情」…、ということなのでありましょう。

    煮付けをいくつか。

    5934f1ca.jpegなんでボクが高野豆腐の煮付けを食べたい…、って思っていたのがわかったんだろう。
    って、実は今朝。
    包みをといて不思議に思った。
    高野豆腐。
    クシュっとしたスポンジみたいな噛み心地。
    したたか奥歯をはじき返すたくましさがあり、なのに中からジュワッとやさしく出汁を吐き出すその独特。
    それがどうしようもなく大好きで、ときに無性に食べたくなる。
    とはいえ自分でわざわざ煮付けるほどのこともなく、食べたいなぁと思いはしてもなかなか願いが叶うことない、憧れおかず。
    今日はタップリ。
    一口大に切って煮付けた、だから心置きなく滲みだす出汁を一滴残らず貪れるボク好み。
    結び昆布にほうれん草。
    食卓の上がおだやかになる。

    サイコロステーキ用の肉が入ってて、ソースを作ってメインとす。

    f82c419e.jpeg刻んだニンニク。
    同じように刻んだタマネギ。
    オリーブオイルでユックリ、焦がさぬように炒める。
    そこにトマト。
    小さなでも甘く熟したトマトをお湯で湯剥きして、細かく刻んでそれを鍋にザザッと入れる。
    タプンタプンと鍋揺すりつつ、クツクツ水気を飛ばして煮詰める。
    ミートソースのお肉抜き…、みたいなソースが出来上がるその直前のタイミングで肉を焼きます。
    塩と胡椒で肉を揉み、ちょっと馴染ませ寝かせておいたサイコロ肉をスキレットにてカリッと焼いて、お皿に盛ってソースをかける。

    トマトの旨味がスライスオニオンの甘味と一緒にひとつになって肉の旨味を引き立てる。
    四ツ谷エリーゼに「オニオントマトステーキ」っていう料理があって、それをなぞって作ってみたら、あらおいしい。
    肉の匂いも気にならず、飯にも酒にもしっくりとくる。

    daebce95.jpegそして〆。
    荷物の中に松茸ご飯が入ってて、それを少々。
    それと一緒にこぶりの松茸が生で一本。
    おすましにする。
    松茸を手で立てに裂き、軽くあぶって風味と香りを出しておく。

    出汁を塩で味、ととのえて、そこに玉子をポトっとおとし、ちょっと固めのポーチドエッグを作ってそれをお椀に移す。
    お鍋の中に松茸と、ほうれん草にかまぼこを入れ、クツっとあっためポーチドエッグの枕の上に、キレイに並べて汁をはる。
    シャキシャキっとした松茸の、前歯をくすぐるたのしい歯ごたえ。
    秋の香りがホワンと鼻をくすぐって、松茸ご飯をより一層においしくさせる。
    あぁ、秋なんだなぁ…、ってウットリとする。
    よき、ご飯。

    お腹一杯。
    それ以上に、なつかしい味、やさしい味に気持ちあったか。
    明日は一日、ユックリしましょう…、ありがとう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    空駆ける雲 HOME エスター
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]