忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼たべそこなって、笑点はじまる前からお腹がすいてしょうがない。
    それで早めの晩ご飯。
    好き焼きにする。

    f506ebd8.jpeg寒くなったこの季節、鍋はとっても便利な料理。
    熱々、グツグツ。
    しかも下ごしらえさえしておけば、席立つこと無く次々具材を補充して、お腹いっぱいにばく進できる。
    しかもすき焼き。
    甘辛いことこの上ない、その濃厚は冬の寒さにピッタリでそれで今日はすき焼きの夜。
    赤身の牛肉。
    鍋に牛肉の脂をひいて、ジュジュっと焼いてその表面に焦げ色つける。
    そこに少量の割り下流しちょっと焦がしてカラメルっぽい匂いをつけて、一旦、お皿に引き上げる。
    肉の旨味が移った鍋に具材を入れる。
    下仁田ネギに焼き豆腐。
    シラタキ、エノキにはるさめとなるべく水気のでないモノだけ選んで、割り下つかって焼くように煮る。
    グツグツグツグツ。
    ネギと豆腐の色が変わった頃合いで肉を戻してクツクツしながらハフっといきます。
    すき焼きです。

    9e6e1317.jpeg一通り、普通のすき焼きが終わったところで、トマトをいれます。
    大きなトマトを湯剥きして、鍋の真ん中にドッシリと置く。
    まわりにお肉とそれからクレソン。
    トマトにどんどん熱が入ると、トマトの中の水気が出て来て甘辛割り下と混じりあう。
    みずみずしさと酸味がくわわりサッパリ味になっていく。
    とはいえ、脂まじりの割り下の味と風味は頑丈で、緑臭くならないところがおもしろいとこ。
    実はこれ。
    料亭青柳さん直伝のレシピなんです。
    鴨を使った小鍋の中に、甘辛味に梅酢の酸味を少しのせセリと一緒に煮込む料理が実はあり、そのなぞり。
    梅とトマト。
    セリとクレソン。
    確かにどこかに似たとこのある素材でそれらを置き換えて新たな料理にするという、なんともたのしい創作性。

    1c9e3f13.jpegしばらくする、トマトのジュースがおびただしいほどほとばしりでて、すき焼き一転、お鍋の中が寄せ鍋風になってくる。
    水を足した訳でなく、正真正銘、トマトの水気でみずみずしくなる。
    しかもこれ。
    煮込んだトマトを崩してそれを牛肉でまきつつ食べると、甘辛味がほどよく薄まり玉子いらずでおいしくいける。
    生の玉子が苦手なボクには、とてもありがたくうれしい料理。
    そういえば、今年は鍋がブームといいます。
    それも家鍋。
    節約志向と手軽にお腹いっぱい指向が鍋のニーズを加速させてる。
    不況の申し子…、って言われる鍋料理。
    不況疲れで逆に不況をたのしましょう…、って遊び心がカレー鍋やらトマト鍋やらアレンジ鍋を生んでいる、なんても言われる。
    今日のお鍋もまたたのし。

    そして〆。

    3d2cdb0f.jpeg牛肉の味。
    脂の甘味にタンパク質の旨味がとけた割り下に、トマトの酸味。
    やさしい甘味。
    いろんな具材の風味がとけたお鍋の中にカツオでとったお出汁少々。
    薄くスライスした玉ねぎ入れて炒め煮しながら、鍋肌、木べらでやさしく擦る。
    こびりついた旨味をもれなく出汁にうつして、そこに茹でうどん。
    平打ちの分厚い紐かわうどんを入れて、しばらく煮込む。
    出汁が減ってきたらばその都度足してクツクツ煮込んで最後にキムチを放り込み、うどんの中に旨味スープを吸い込ませたらできあがり。
    プルコギの〆のうどんのような仕上がりにする。
    うどんの麺が脂でツヤツヤ。
    ビリっとキムチの辛味と酸味が、すき焼きの〆をたのしくさせる。
    ひとつの鍋で3つの料理を次々作ってたのしむ贅沢。
    お腹いっぱい、日曜日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    素晴らしく美味しそう!
    おでんのたねでトマト。以前は一部の店だけだったのに最近ではめずらしくなくなってきましたよね。
    トマトとしょうゆ味って意外に合うなーと思っていたけれど、
    すき焼きに入れる発想はまったくなかったです!!
    おいしそう!!
    サカキ家のジャガイモもあわせて今度、挑戦したいと思っています。
    みとごルごさん / 2009/12/13(Sun) /
    ぜひ、ご一緒に!
    > みとゴルゴさん
    すき焼きや鍋の裏技は、まだまだ豊富にございます。
    ぜひ、ご一緒に。
    闇鍋にならぬ程度に鍋で遊んで戯れるのもおもしろいかと存じます!
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/13(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ハート HOME ダブルデッカーにポタージュの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]