忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を和風にはじめてみます。

    d22c794e.jpeg日曜は朝昼兼用でパスタを作る…。
    それが最近の、ルーティンみたいになっていた。
    ところが先日、魚久の魚の粕漬けをもらってて、それを焼いて食べようと…。
    それから実は昨夜の〆にパスタを作って食べた。
    それで和風に。

    朝からご飯を炊くのはたのしい。
    お米を研いで、固めスイッチをピピッと押して、それから料理の準備をはじめる。
    昨日使って残した茹海老。
    スモークサーモンを使って卵焼き。
    チキンストックを玉子に混ぜてディルの葉っぱで風味をつける。
    プリプリ海老とふんわり玉子のコントラストがたのしくて、ホロッとスモークサーモンのうま味に風味が玉子をちょっとハイカラ味にしてくれる。

    それから菜花。
    実は昨日の〆のパスタに具材で使おうって思ってた。
    使い忘れてそれをタップリ。
    味噌汁の中で蒸らしてお椀に持った。
    シャキシャキ、歯ざわりたのしくて、しかもかすかにほろ苦い。
    朝を目覚ます鮮やかな味…、味噌汁飲んではじめる朝は、体あったか、気持ちがやさしくおだやかになる。
    971977fe.jpeg魚久さんの包みの中には銀だらとホタテがあって、それをグリラーでこんがり焼いた。
    銀だらの脂がときおり、グリラーの中でバチッと爆ぜて火花が散って、その度、おいしい香りがやってくるのにウットリ。
    ツルンと舌の上をすべっていくようなハリある身質の銀だらに、ネットリ歯ぎれるホタテの歯ざわりたのしくて、カスの中に水気を手放しその分、うま味が凝縮された粕漬けならではのおいしさにニッコリしました、朝のコト。

    昨日の夜…、簡単なホームパーティーのような食事をしてたのしんだ。

    54c49784.jpegメインはお鍋。
    スンドゥブチゲのスープを使って、豚しゃぶ風にたのしみましょう…、と。
    豚バラ肉のスライスを買う。
    脂ののりが程良くて、スープに入れてクツクツ炊くと脂がキレイに透き通る。
    食べるとツルンとなめらかで、肉の歯切れも見事な逸品。

    それ以外にはキャベツに油揚げ。
    魚のすり身に山芋まぜてフックラ揚げた魚河岸あげ。
    セラミック製の鍋に並べてクツクツ煮込む。
    他の料理を作りつつ、大丈夫だろうと思ってしばらくほうっておいた。
    そしたら魚河岸あげが鍋に焦げ付き、焦げた匂いがスープに移った。
    なんたる失敗。
    痛恨の出来事。
    お客様が来た時に限ってこういう不足の自体が起きる。
    焦げた香りも風味のひとつ…、と言いくるめつつ(笑)ハフハフ、フルフル、味わい食べる、それもまたよし、おいしい思い出になりました。
    それにしてもスープをタップリ含んだ油揚げ。
    フックラ膨れて舌にドッシリ重たくて、しかも熱々。
    やけどしちゃうとわかっていても、何度か不用意にぷちゅっと上顎で潰してしまって熱々スープに舌を焼く…、それも美味しさ、オゴチソウ。
    991362e9.jpegおつまみっぽい料理をいくつか。
    いくらを散らしたサーモンロールは某デパ地下で買ってきたもの…、ロール寿司っていうのは刺身のようであり、寿司のようでありおしゃべり促す便利な料理。
    茹でた海老をアボカドであえた一品。
    マヨネーズとマスタード、それに少しのタバスコで味をひきしめ風味をつけた、ムッチリ感とポッテリ感の両方一緒に味わえる、食べ始めるととまらぬ料理。

    2401438f.jpegそれからもひとつ。
    時間をかけるだけで、簡単にできるオキニイリ。
    エノキを少量の油で炒める。
    ほんの少しの塩と胡椒をほどこして、放ったらかしては裏返す。
    20分ほども熱を加えていくととある瞬間。
    焦げ目がついてきつね色になる。
    それも構わずずっと炒めていくと、バリバリかわいて仕上がる。
    ゴリゴリ歯ごたえたくましく、風味ゆたかでまるでスルメのような味わい。
    香りも濃密。
    顎においしく噛めば噛むほどうま味が滲む。
    食感たのしくオモシロイ。

    それから〆をパスタにします。
    玉ねぎ、ニンニク、唐辛子。
    よぉく炒めてトマトの水煮にバジルを少々。
    厚めにできたリングイニを茹でつつトマトを煮詰めてそこにチョリソにパプリカ。
    麺をあわせて茹で汁使ってトロミを調節。
    ほどよき具合に出来上がる。
    ただ、始めた使ったパスタ故、若干固めに出来上がりツルツルじゃなくモグモグしながら食べる料理になっちゃった。
    時間が経つとゆっくり本来のアルデンテに近づきおいしくなっていくのも、もてなし料理には良かったのかもって思ったりした、そんな夜。
     

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    サカキさん!
    昨日はうちも友人たちとうちでお鍋でした。
    キョーコさん / 2012/12/16(Sun) /
    なんてステキ
    > キョーコさん
    もう偶然を超えて、一心同体を感じます(笑)。
    年末年始がたのしみ!
    サカキシンイチロウさん / 2012/12/16(Sun) /
    銀色の道 HOME ホビットの旅
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]