忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そして夜…、キャベツを切ります。

    30bcc50f.jpegタンタンタンタン、千切りに。
    ちょっと考え事があるとき。
    あるいはイライラしたときに、千切りキャベツを作ると結構、気持ちおだやかになるのであります。
    気持ちを手元に集中し、ただひたすらに包丁うごかす。
    スタンスタンと切れてくキャベツ。
    指の先から青い香りがやってくる。

    今の季節のキャベツはキチッと繊維が強くて切りやすい。
    ちょっと固めに感じるけれど、これが口の中に入るとシャキシャキ歯ざわり確かで旨い。
    大葉を一緒にきざみます。
    歯に存在感を感じるように刻んでそれを千切りキャベツとざっくり、あわせる。
    レモン・ジュースと塩を少々。
    オリーブオイルを手になじませて、それでやさしく撫でるようにして味をのせ、お皿に盛ったら胡麻をぱらりと風味付け。
    シャキシャキとした歯ざわりたのしく、噛みしめるごとに口の中がみずみずしくなる。
    キャベツの甘味がじんわりしみて、そこに大葉の青い香りが混じってモサッと葉っぱの産毛が歯茎をなでる。
    お腹の中がキレイになっていくようで、しかもしっかりお腹にたまる。
    みるみるうちに半玉分のキャベツがお腹におさまっていく…、食物繊維でお腹を満たすってなんだかとてもウレシイ感じのオゴチソウ。

    試作品的素材を使った、試しの料理。

    89bb5c65.jpegハムを焼き豚風に燻製した素材。
    赤身の豚肉をまずハムにして、燻製器にて香りをつけた。
    風味をつける前に醤油と中華スパイスを塗りつけいぶして、だからなんだか中国風。
    それを薄く切り分けて、そのまま食べると、それでもまだまだ焼き豚的なる香りが弱い。
    ハムそのものの風味が強くて、なにより食感がまるでハム。
    焼いて仕上げた豚とは違った、ツルンとなめらか。
    ハリある食感。
    ロースハムを醤油につけてたべてるみたいな食感、味わい。
    なんだかそれが悔しくて、なんとかしようとラー油を作る。
    普通のラー油に八角砕いて、それから炒めたネギをたっぷり…、食べる辣油のように仕上げてそれをタラリとお皿に散らす。
    そして食べると、たちまち口の中がチャイナタウンのようなにぎやかさ。
    オモシロイなぁ、料理って…、ちょっとした創意工夫で素材がまるで別のモノへと姿を変える…、食べる気持ちもウキウキしてくる、お酒もすすむオゴチソウ。

    b50af070.jpegそれからもひとつ、試作品。
    ハヤシライスのルーをもらった。
    お子様用に甘めに仕上げたってモノで食物添加物なんかをまるで使ってない自然派食品。
    一口舐めてみたらば大人の口にはちと物足りない。
    具材をいくつはまずは足す。
    焼いた玉ねぎ、それから豚バラ。
    刻んだトマトを足してクツクツ。
    煮込んで味をみてみたら、トマトの酸味が主張し過ぎて、豚ばら肉のトマト煮込みのようになってて、ちと、笑う。

    これをご飯にそのままかけても、イマイチ、ピンとこないだろうなぁ…、とご飯をリゾット風に仕立てる。
    冷凍にしたホワイトソース。
    それをブイヨンで薄めてそこにエビを少々。
    うま味を引き出し固めに炊いて冷凍しといたご飯をクツクツ煮込んでく。
    トロンととろみがでてきたら、パルミジャーノをパラッとふって再びクツクツ、詰めてポッテリ。
    水気がほとんど無くなったとこでお皿にこんもり。
    そしてとろりとハヤシソースを装った。
    茹でたオクラをそっとおき、スプーンですくってハフハフ食べると、チーズの香りとハヤシライスが混じってなんとも奥深い。
    夜のお腹をやさしく満たす…、お風呂を沸かして、はいりましょう。

    それにしてももう12月…、今年一年、いろんな人にお世話になって、いろんな出会いにも恵まれて感謝ばかりのよき年でした。
    あと3週間でクリスマス。
    そんな時期にココロに染み入るテレビCMのフィルムを一本。



    イギリスの「John Lewis」って言う百貨店のテレビコマーシャルで、実はこの百貨店…、イギリスで顧客満足度が一番高いと呼ばれるところ。
    しかも毎年、ステキなクリスマス用コマーシャルを作っているので有名で、今年のテーマが「Jouney」…、つまり旅。
    大事な人へのプレゼントは、自分で旅して買って直接手渡しましょう。
    ネット通販で気軽にものが買える時代ではあるけれど、便利ばかりじゃ味気ない…、自らの目でたしかめて、自分の足を使って買ったモノのもってる魅力を見直す時期にしてはいかがでしょうか?ってメッセージでもあるんでしょうね。
    ゴチソウって言葉もそんな意味を持ってたりする。
    ゴチソウみたいなプレゼント…、今年は誰に?って思って寝ましょ、また明日。
     

    拍手[9回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    しわす〜
    ちょこっと

    気が早いですが

    ほんとに今年も

    ありがとうございました

    サカキさんと

    コロコロ隊のお二人との

    たのしい時間

    宝物です

    来年はぜひ

    ゴキゲンなあのこと

    コロコロ+キューコさん

    それから僕ら

    究極の

    おとなの遠足が

    できたらいいな〜

    うっしし



    おにさんがわらっているかな

    はなたれ

    はやくなおりますように!
    ネコスタさん / 2012/12/03(Mon) /
    たのしい仲間
    > ネコスタさん
    今年はグイッと距離が縮まったように感じます。
    来年は許しませんよぉ…、容赦なく、近づいていきますからね(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2012/12/03(Mon) /
    らじゃ〜であります
    博多遠征も

    楽しみで

    ござります

    広島遠征も!

    って

    キョーコサンの

    つっこみも

    おまちしております!
    ネコスタさん / 2012/12/03(Mon) /
    年末年始
    > ネコスタさん
    年末年始を東京で過ごされる予定のKyokoさんと、ミッチリ打ち合わせをさせていただきますです(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2012/12/03(Mon) /
    天金でサバ HOME 冬の今日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]