忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を家で料理にします…、ミルフィーユ鍋。
    先日、広島の友人が作り方を教えてくれたやり方で。
    7136e003.jpgホットプレートの鍋をまずは用意します。
    白菜の葉っぱと葉っぱの間に豚バラ肉を入れ、ストンストンと鍋の厚みにあわせて切って鍋にギッシリ詰め込んで、そこにスープをタップリはります。
    スープと言ってもとっても簡単。
    アゴ出汁パックを使ってとった出汁に少々、塩を入れ、味を整えただけのモノ。
    ニンニクを丸ごと一個スライスし、パラッとちらしてあとは蓋してクツクツ煮るだけ。

    6d1c567b.jpg豚バラ肉が桃色から火の入った色に変わって白菜の葉っぱがしんなりしたらあとは食べるだけ。
    そのまま食べてもおいしいし、しゃぶしゃぶ用の胡麻だれやポン酢、あるいは柚子胡椒。
    味を少々足して食べると味が劇的に変わって飽きずに食べられる。
    最初はシャキシャキしていた葉っぱが、徐々にネットリ。
    葉っぱがユックリ透き通ってきて出汁の色にそまっていくと、容赦無いほどの甘さがでてくる。
    スープも甘みを増してくる。
    それにしても葉っぱ野菜の高いコト。
    今年の冬のはじめがちょっと暖かくって、それで不作になっているという。
    鍋の季節に白菜が高いというのはちと辛い。

    今日、伊勢丹で食料品を買ってたら特設売り場で「長崎物産」を扱っていた。
    いくつかつまみのつもりでかった。

    まず「はとし」。
    料理の名前のようにはまるで思えぬ名前。
    「蝦多士」って中国では書くようで、蝦はエビ。
    多士は英語の「トースト」を中国語風に置き換えたモノ。
    つまりエビトーストって言う意味の料理であります。
    エビのすり身や魚のすり身を棒状にして食パンでくるんでサクッと揚げたモノ。
    噛むと油がジュワッと滲み、エビの旨さが広がっていく…、長らく日本で数少ない外の文化を受け入れていた長崎ならではのインターナショナル感じる料理。
    鶏手羽を揚げて甘酢で和えたモノ…、これにも呪文のような名前がついていたけどスッカリ忘れた…、50過ぎ(笑)。

    それから鍋の〆つくります。

    21e4da94.jpgこれも友人がやっていた、それをそのまま。
    まずは鍋に残ったスープを一旦こします。
    そこにホットプレートの鍋にサラサラ、ジャスミンライス。
    タイのお米でありますね。
    洗わずそのまま入れて、ネギをパラリと。
    それからスープをもどして火をつける。
    180度で10分ほど。
    蓋して焚くというこのやり方は、最近、パエリア作るときに慣れて熟練してる。
    ガラスの蓋の中をみてると、ブクブク小さな泡があがり続けて、ご飯がたけてるところがみえる。

    10分たって蓋開けて、ご飯の具合をみてみたらちょっとホツリと固かった。
    水加減が少なかったみたいであります。
    スープを少々足してやり、再び軽く炊きなおし。

    水気がなくなり蓋をとりシャモジでグルンとかき混ぜたらば見事におこげができていた。
    しかもおいしい。
    アゴ出汁スープに豚の脂の風味と甘味。
    白菜の甘みがジンワリ口に広がる…、ジャスミンライスのむせ返るような甘い香りもそれに混じって切なくなるようなオゴチソウ。
    一緒にオカズを作りましょうと、甘く仕上げただし巻き卵、それからチョリソを炒めて食べる…、健康的で野菜をタップリ食べられて、体もポッカリあったまる。


    週末の夜…、おばかな動画を一枚はります。



    ピングーをキャラクターに使って作った「遊星からの物体X」のパロディーフィルムをクレイアニメで撮りましたってモノ。
    よく出来ていて、笑えもするけどたしかにあれはこんな映画だったよなぁ…、と感心しながらぼんやりみます、馬鹿馬鹿しいのもオキニイリ。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    土曜日の朝、そして昼 HOME コブなサラダにイチゴなマフィン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]