忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜に家で料理を作る。



    まずは前菜。朝ご飯のサンドイッチで使ったエビ。残っていた分にオレガノ、タイム、ケチャップそれからマヨネーズ。オーロラソースのようにしたのであえてタバスコで辛味をつける。
    小さなトマトにオリーブオイルとトリュフ塩をまとわせ、クリームチーズも一緒に添える。
    それを全粒粉のクラコットにのせカナッペみたいにして食べる。食感、味わい、そして香りもバランスがよく一口目からお酒をねだる。
    それにしてもオリーブオイルと塩ってなんてステキな調味料…、生のトマトを料理に変える不思議な力を持っている。



    そして鍋…、豆乳に出汁をまぜたスープでコトコト白菜煮込む。輪切りの赤唐辛子をくわえてピリッとアクセントにする。
    そこに京都のお揚げを入れる。
    分厚くしかも揚げた油が上等で、スープを含んでどんどん膨らむ。口に入れるとジュワッとスープを吐き出して口の中をみずみずしくする、オゴチソウ。
    豚肉の肩バラ肉をしゃぶしゃぶし、甘くてとろとろになった白菜で包んで食べると体にみなぎる滋養の力。



    魚の料理を2種類作る。ひとつはマグロ納豆。
    さく切りにしたマグロの赤身をぶつ切りにして、それを漬けにして小粒の納豆とあえて味わう。スプーンですくって一緒に食べると、マグロのサックリした食感と粘る納豆が一緒になって、口に広がる濃厚な味。
    マグロの酸味と納豆の旨味と渋味が大人の味にしてくれる。
    脂ののったブリを網で表面だけ焼き、ネギとポン酢で食べるブリタタキ。
    冬の魚は生命力にあふれる味わい…、力強さにウットリします。

    そして〆にうどんを茹でる…、讃岐の実家から送られてきた半生麺で、タップリのお湯でじっくり時間かけ。



    細かった麺が気づくとビックリするほど太って、水を含んで茹で上がる。ざるにとったらザブザブ冷たい水で洗ってしめていく。
    最初はクタッとしていた麺が、手のひらの中でみるみるうちにシャキッとしまって硬さを帯びてくるのがウレシク、お腹がグーッとなってくる。
    ハリのある麺。しかもツヤツヤ小麦の色がうつくしく、そのまま食べてみるとすでに塩のうま味で味わえる。
    薬味を用意しようかと思いもしたけど、あまりに麺がおいしくて讃岐の生醤油かけまわしただけ。それでズルズル啜って食べる。喉においしいオゴチソウ。

    ところで現在、大いにハマっているのが「ボルジア家・愛と欲望の教皇一族」なるカナダのテレビドラマ。



    スペイン出身というルネサンス期においては極めて珍しい生い立ちに、結婚もし子供ももうけたという異端すれすれの人生を送った実在のローマ教皇をテーマとした物語。
    陰謀と策略、既知とそして何よりも運の強さでのしあがっていく、そのストーリーが強烈で年末年始からずっと見続け止まらない。
    最近のボクの家のテレビというのは、こういう海外ドラマをみるか、録画しといた昔の2時間ドラマをみるためにあるような感じでござる。しょうがない。

    拍手[11回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ナイアガラ瀑布も凍る寒い朝 HOME カフェラミル
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]