忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    早朝。
    ビックリしました。
    今日は台風由来の風と雨に覚悟しなくちゃいけないな…、っていう潜在意識を大きく揺さぶり突然の揺れ。
    思わず飛び起きテレビを付けてしばらくボンヤリ。
    大事ないことを確認してベッドに再び潜り込むも、しばらく興奮して眠れなかった。
    天災は続けざまにやってくる。
    皆様、おかわりございませんか?

    さて、朝ご飯。
    エディアール。

    hediar.jpg真っ赤に黒いストライプの情熱的なパッケージの紅茶が有名。
    フランスからやってきた食料品店で、新宿にある百貨店。
    京王百貨店がフォション。
    小田急百貨店はトロワグロ。
    英国的デパートメントストアを標榜していた三越だけはハロッズがあればオフランスモノは必要ございません!…、と強気だった15年程前のコト。
    特別なオフランスブランドを持っていなかった伊勢丹が持ってきたのがこのエディアールで、最初は食品フロアの一番目立つ一等席をもらってた。
    今では隅っこ。
    新館の男性下着売り場の手前という、ちょっと冷たい扱い受けてる。
    海の向こうのあこがれよりも、カリスマシェフとか地産地消とか手に届くあこがれの方に売れる食料品のキーワードが変わってきたから…、なのでありましょう。
    ちと、かわいそう。

    ここのパンはとても正直で、他のお店では作らないような特徴のあるのを作ってて贔屓にしてる。
    例えば丸く焼き上げたブリオッシュブレッドがあって、ただ焼くだけでバタートーストみたいなサクサクトーストが出来上がる。
    それを使ったフレンチトーストを作って今日の朝とした。

    2a0872b4.jpegミルクと玉子。
    そこにハーゲンダッツのバニラアイスクリームを入れてシャカシャカほぐす。
    バニラ風味のディップ液に切ったパンを漬け込み、ちょっと待つ。
    もともとキメがギッシリ詰まってて、空気をあまり内に含まぬ焼き上がりのパン。
    なかなかディップ液を飲んでくれぬのを串でグサグサ生地を刺しつつ、無理矢理ゴクゴク飲ませて、シットリ、ポッテリ、重たくさせる。
    それをバターを溶かした鍋にそっと置き、コンガリと焼く。
    玉子を含んだ小麦の生地が甘く焼けて、まるでパンケーキを焼いてるみたいな香りがしてくる。
    それと同時にフライパンがちょっと軽くなってくる。
    水気が抜けてパンに旨味が乗り移った証拠の軽さ。
    ひっくり返してもう一面がカラカラ、乾いて、鍋底すべるようになるまで火を通す。

    シロップ要らずの出来上がり。
    パンが含んだバターが溶け出し表面ツヤツヤ。
    もともとちょっと塩味強いブリオッシュ。
    しっかり生地が吸い込んだ、バニラアイスの甘みを引き立て、味わいまるでバターで焼いたカステラのよう。
    表面のフンワカと、中のシットリのコントラストもまたおいし。

    東京・新宿・四ツ谷ではまだまだ雨も小降り模様。


    ところでこんなキッチンガジェット。

    chefstack.jpgホットケーキをフルオートマティックで作りましょう…、っていう調理器具。
    アメリカの「ChefStack」っていう会社から発表されたモノで、1時間に200枚のパンケーキを作ることができるのだという。
    しかも3種類のサイズ。
    業務用の電子レンジとほぼ同じという小さなサイズ。
    粉とそれを溶く水かミルクを入れさえすれば、それをまず練って種にするところから始まって、それを絞り出し焼き上げる。
    しかも未使用分の粉を新鮮な状態のまま保存するための機構も備える。

    3500ドルという価格のコトを考えると家庭に気軽に…、というワケには行かないガジェット…、ではありますけれど、例えばコレをレンタル化して、パンケーキパーティーをしませんか?なんて。
    バニラの香り。
    小麦が焼ける甘い匂いに包まれたハッピーパーティー。
    いいんじゃないか?…、って思ったりする。
    どうだろう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    私も、今朝のニュースを見て、びっくりしました。台風、集中豪雨、そして地震・・・。いつやってくるかわからない所が恐ろしいですよね。サカキさんも、何とぞお気を付けくださいね・・・。
    りりこりあさん / 2009/08/11(Tue) / URL
    お腹いっぱいでいきたいですね。
    > りりこりあさん
    本当に何が起こってもおかしくない世の中。
    とはいえ先のことをあれこれ心配するより、お腹いっぱい。
    毎食、毎食を心からたのしみ続けたいなぁ、って思いますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/11(Tue) /
    おもしろ~い♪
    パンケーキパーティ、すっごい楽しそうですね。
    子どもも大人も喜びそう。
    エディアール、私も新宿でパンを買うときはいつもここです。食パンが好みの味で☆
    お惣菜もさりげなくしゃれてて(伊勢丹他店のように行き過ぎてない)好きです。
    みとゴルゴさん / 2009/08/11(Tue) /
    ママレンジ
    を思い出しますね。
    欲しかったなあ。
    今でも欲しいけど。

    カリスマ・ナントカって
    不思議な現象だなあ、と思います。
    たばきちさん / 2009/08/11(Tue) /
    エディアール
    > みとゴルゴさん
    エディアール。
    パンにしても総菜にしても特別すぎないところがいいですよね。
    ちょっとした贅沢。
    ちょっとした特徴。
    毎日用にでも決して行き過ぎていない程よさがボクはとても大好きです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/11(Tue) /
    おもちゃっぽくってでも本物で
    > たばきちさん
    おもちゃのはずなのだけれど、子供だましじゃないきちんとした機能をもっているんですよね…、ママレンジって。
    最近ではモスバーガーだとかミスタードーナツだとか、いろんな付加価値が付き始めているようでもあります。
    なんだか不思議。

    カリスマシェフあたりまではなんとかわかるんですけれど、カリスマ主婦っていうコンセプトになるともうどうにもこうにも違和感を感じちゃって。
    よくわからなくなっちゃいます。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/11(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    女王のランチバフェ HOME うどんののらや
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]