忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、冷蔵庫の中のありあわせにて、スパゲッティ。

    sanma.jpg具材のメインにしようと思ったのが、魚の缶詰め。
    さんまを塩焼きにしたのを缶詰めにした、酒の肴にぴったりのこれ。
    パカッと開けて、オリーブオイルに刻んだニンニクと鷹の爪を一緒に沸かした中に投入。
    よぉく、焼きます。
    魚臭さが魚の風味に変わっていくまで火を通し、一旦、お皿に退避させ他の具材を準備する。

    魚の缶詰め。
    特におつまみ用に作られた、魚の形がほどよく残った缶詰めはとても重宝。
    そのまま食べてもおいしい上に、こうして加工をしてやるとビックリするほどのゴチソウになる。
    特に油との相性がよく、ごま油と一緒に炒めると韓国料理風。
    オリーブオイルとニンニク風味にしてやるってちょっと焦がすとまるでフレッシュなアンチョビみたいになってくれるのがおもしろくってありがたい。

    c52efe5b.jpegキャベツを乱切り。
    エノキに竹輪を口にすんなり入るサイズに切ってやり、塩と胡椒で軽くソテする。
    パスタを茹でます。
    塩を多めに入れたお鍋でクツクツ強火で、茹で続け、ときどき口に運んで食べる。
    どんな茹で具合かたしかめるため。
    面白いもので、同じ麺。
    同じお鍋で茹でてても何かの具合で茹で上がり方がちょっとづつ違ってくる。
    だからタイマーを信じぬように、何度も何度も口に運んで噛んで調べる。
    イタリアンレストランのシェフって毎日、これを日常的にやってるのよね…、作る仕事は食べる仕事でもあるってコト。
    ほどよく茹でて、引き上げて鍋に移して具材を合わせる。
    ゆで汁使ってパスタのみずみずしさを調節、塩と胡椒で味を整え三つ葉の茎だけちぎって和える。
    魚の風味、そして味わい。
    クニュクニュとした竹輪の食感が、ちょっと牛筋みたいな感じ。
    キャベツの甘味と、三つ葉の緑の香りがさわやか。
    ほどよきゴチソウ…、腹一杯。

    wanda.jpgところでヨーロッパの不幸な出来事。
    それでも人は移動をしなくちゃいけないワケで、飛行機がダメならタクシーで…、ってこんな話が報ぜられてた。

    ジョン・クリースっていう人。
    「ワンダとダイヤと優しい奴ら」でクセのある弁護士役を好演してた、モンティパイソン出身の俳優さん。
    最近では「ハリー・ポッターと賢者の石」で「ほとんど首無しニック」を演じた人らしいのだけれど、その彼がタクシー移動で50万円近くを払う羽目になった…、っていうのであります。
    イギリスに住んでいる彼。
    ノルウェーでテレビに出て、その後帰国しようとしたらば火山の噴火にあって飛行機、欠航。
    でもどうしても帰りたい彼。
    タクシーをチャーターしてノルウェーのオスロからベルギーのブリュッセルまで移動してユーロスターでめでたくロンドンに到着をした…、というコトらしい。
    船も列車も取れぬ状況で、唯一の選択肢がタクシーだったというコトで、同じようにタクシー使って国境越えって人が続出しているよう。

    それにしても地続きのヨーロッパだからこそのこうした臨機応変で、もし日本でおんなじコトが起こったら、国境越えは船以外の手段がなくなる。
    そのとき日本ってどうなるんだろう?って、そんなコトを思ったりする。
    明日からちょっと忙しい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    なんとかなるかな…!?
    日本の場合タクシーで九州まで行って、釜山に向け、お金持ちの人は船、僕みたい人は、泳ぐしかないですね(笑)。僕のおじいちゃんも戦争時、船がやられ一週間泳いで帰って来たって言ってました。なんとかなるですよ~。

    変わり者ミダさん / 2010/04/19(Mon) /
    戦後のどさくさ
    > 変わり者ミダさん
    たしかに今のヨーロッパの飛行場の状況をみていると、まるで戦後の引き上げ船を待つ人たちみたいな感じですものね。
    家に帰ろうとする戦い。
    これほど悲愴で熱い戦いはないだろうなぁ…、って思います。
    それにしても一週間泳いでかえるというこの情熱と執念。
    今のぼくたちにもてるかなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/19(Mon) /
    魚の缶詰
    確かに使いやすいですね~
    個人的にはオイルサーディン愛用してます。
    三つ葉と茗荷で和えて酒の肴もよし、勿論パスタの具にしてもよし。
    もう少し単価が下がってくれれば(笑)
    めるばさん / 2010/04/19(Mon) /
    無題
    > めるばさん
    クセの強い青魚をおいしく食べる方法の一つが、缶詰め加工なんだろうな…、って思いますね。
    オイルサーディーンにマスタード。
    ちょっとレモンを垂らして缶詰めごとコンロにのっけてグツグツさせて食べると、本当においしい。
    ご飯におかずにも、お酒の肴にもピッタリです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/19(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ハッシュブラウンに惑わされる朝 HOME たこ焼き・タコ飯・しろくまの昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]