忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    日曜の朝をパスタではじめる、ゴキゲンに。

    unip.jpgウニの瓶詰め。
    それからウニに塩をして寝かせた粒ウニ。
    その両方を使ってパスタ作りをしてみましょう…、と。
    麺はリングイニを選びます。
    タップリの塩をとかしたお湯で茹でてる間にホタテの柱の小さなサイズのをドッサリ、バターでソテ。
    中はレアの状態にして、一旦、ホタテは引き上げる。
    鍋にはホタテのジュースがのこって、それを煮詰めてうま味を凝縮。
    パスタがあと2分ほどの茹で上げ時間のところで、茹で鍋にスナップえんどうをほうりこみ、残り時間1分のところで豆だけ引き上げる。

    茹で上がったパスタをホタテのうま味ジュースが入った鍋に投入し、うま味をからめたところにウニの瓶詰めをパスタの茹で汁でといてパシャリと。
    バターをくわえてタプンタプンと混ぜあわせとろみをつけてホタテを戻す。
    塩で寝かした粒ウニをくわえ、刻んだディルを最後にいれて火を止めお皿に盛り付ける。
    スナップエンドウを添えて今朝のパスタの出来上がり。
    バターとウニのほぼ味だけで出来上がっているシンプルパスタ。
    なのに味わい濃厚で、甘くて旨い、しかも最後に仄かな渋みで大人パスタな味になる…、プルンと食感なめらかなホタテの食感、カリカリコツコツシャクシャクとスナップエンドウも甘くて青い香りが鮮やか、日曜の朝が目覚めるゴチソウ、オキニイリ。

    さて昨日の夜のコト…、ランチを肉、おやつも肉という一日で、それで夜は魚をメインにすることにした。
    f8f3131f.jpegまずは前菜かねた料理をいくつか。
    海もすっかり春になってきたのでしょうネ…、魚売り場は貝が多彩で迷ってしまうほどの景色、中でも立派なタイラガイがひとつあり、それを刺身でパクリと食べる。
    勾玉型の大きな柱。
    帆立貝に比べて固くてちょっと透き通ってて、前歯でサクリと歯ぎれる感じが軽快でざっくりとした繊維の存在を奥歯に感じる。
    うま味強烈、しかも繊細、上質でボクは勝手に「貝の女王様」って思ってる。

    a8061d3e.jpegそれから豚肉。
    昨日の夜中に焼きちゃんぽんを作ったときの残りを使う。
    ゴマの脂にニンニク、赤唐辛子をくわえて温め、香りを出したところに豚肉。
    脂をちりちりさせたらそこに玉ねぎ入れて塩と胡椒で味ととのえる。
    中華風のペペロンチーノのような味わい。
    最後に醤油をジャジャっとかけて風味をつけて出来上がり。
    スベスベとした玉ねぎが、野菜を食べてるって感じにさせてくれてたのしい。

    そして今日のメインを作る。
    鯛のアラをすんごく安く売っていて、それをかって鍋仕立て。
    土鍋の底に昆布をひいて、そこに洗って一旦、熱湯くぐらせた鯛のあらをギッシリ詰める。
    頭の部分はウロコを取るのが大変だった。
    けれど土鍋にギッシリ分でたった450円。
    しかもタイムセールで100円引き…、手間を掛けるのもたのしくなっちゃう。
    日本酒タップリ。
    豆腐を飾り、生姜をくわえて蓋して弱火であたためる。
    ちり蒸しみたいな感じで仕上げ、ポン酢で食べると、なんとおいしい。
    脂がのった鯛の身で、キチキチ奥歯がなるような鯛独特の筋肉質な肉のうま味にウットリとなる…、何より鯛のうま味が染みた絹ごし豆腐がプルンとなめらか。
    ハフハフお腹をあたためて、気持ちもやさしくなっていく。

    そして〆に盛岡冷麺…、彼の地の、名店ぴょんぴょん舎の麺とスープがセットになったモノを手に入れ、ササッと作る。
    39127b2d.jpegタップリの湯で麺を茹で、ザブザブ氷水で洗ってキリッとしめる。
    お椀に麺をクルンとまるめてやまなりにして、そこにスープをトロンとかける…、冷たくしても牛骨スープのゼラチン質がスープにとろみをくれるのですネ。
    モヤシのナムルとキムチをタップリ、なぜだかナルトを輪切りでちらし韓国海苔をちぎって飾る。
    案外これがおいしくて、ツルツルとした麺の表面、噛みきれぬほどの弾力とズルンと喉を勢い良く滑り落ち、お腹をヒヤッと冷たくさせる食感たのしい。
    程よくお腹がみたされる、土曜日の夜、オゴチソウ。
     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    こんばんわ!
    パスタ、おいしそ~。

    作った後のお鍋、
    洗わずにそのままスクランブルエッグを作って
    パンに乗っけたいデス。
    masさん / 2013/03/25(Mon) /
    それ!
    > masさん
    ステキなアイディアです。
    今度、ソース系のパスタを作ったときにやってみます!
    サカキシンイチロウさん / 2013/03/25(Mon) /
    ネオ・ソウル HOME パニーノ・ジュスト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]