忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、家ご飯。
    田舎から送ってきたママご飯に一手間くわえて、晩のご飯にいたして食べる。

    まず餃子。

    de007447.jpeg悪くなったら怖いから、焼いて送ります…、ってギッシリ箱に詰まってきたの。
    あんの中の肉汁がしみ出して、分厚い皮を茶色くそめた大振り餃子。
    フライパンにごま油しき、そこでカリッと再び焼いた。
    半ば揚げるような焼き方。
    中火でジックリ、ヒックリかえし裏側も焼く。
    パチパチ、油がはぜる音。
    小麦粉やける甘い匂いがただよってきて、それを合図に最後にも一度ひっくりかえして強火でバリっと油を飛ばして出来上がり。
    皮の表面に油が作った細かな穴が無数にあいて、そこがサクサク。
    軽く壊れて口にちらかる。
    旨い、旨い。
    何より皮に肉の旨味が全部もれなく吸い込まれてて、そこに油の旨味がのっかりタレ要らずにて十分おいしい。
    カラカラとした、よき前菜。

    海老のフライとエビ竹輪。

    58246d52.jpeg人差し指ほどの大きさの小振りだけれど、その分、旨味がギュッと凝縮されたエビ。
    細かなパン粉をギッシリまとわせ、ふんわか軽めに揚げたフライは、母の得意の仕上げ方。
    冷えてもおいしい。
    塩と胡椒を強めにほどこし、それでソースもなんにも使わずたのしめる。

    エビの竹輪は讃岐独特の特産品で、エビを殻ごとすりつぶし豆腐と一緒に混ぜ合わせそれを竹輪状にして焼き上げる。
    ふんわかとした、まるで最初の一口は焼き豆腐。
    けれど細かくなったエビの殻のかけらがチクチク、口を刺す。
    風味はまさに焼いたエビ。
    素朴なくせして上等な海のご馳走。
    堪能す。

    赤身の肉のこんがりロースト。

    4a45f288.jpegまるで脂を含まぬ肉を程よき厚さにそぎ切って、アルミホイルの上に乗っける。
    それをトースターに入れ、直火の遠火でこんがりと焼く。
    肉の表面が固まって、茶色く色づく。
    そしてら取り出しひっくり返し、再び焼いて裏と表をしっかりきれいに焼き固めたら、出来上がり。
    アルミホイルでギッシリ包み、肉の温度を下げぬようしばらくそっと休ませる。
    簡単レシピのローストビーフ。
    それに茹でたアスパラガスをサイドに添える。
    念のため、マヨネーズを搾りはしたけど、アスパラガスの甘さと旨さのただそれだけで十分おいしい。
    みずみずしい。

    食卓に彩りそえてみましょうか…、とそれで刺身は買ってきた。

    bc9d840a.jpeg何故だか近所のスーパーで不思議なほどに安い値付けの季節の刺身の盛り合わせがあり、それをひと盛り。
    鯛にハマチに鯵にしめ鯖。
    サザエの刺身が入っていたのが買おうと思った決め手になって、確かにコリコリ。
    おいしかった。
    奥歯に硬い。
    壊れていくの嫌とばかりに抵抗しながら、けれどクチュっと儚く潰れる。
    鉄を舐めたときのような、ちょっと渋い味わいがあり、それがユッタリ、磯の旨味に変わってく。
    魚はどれも脂がのってて、夏の終わりは魚の正月。
    …、ってそんな言葉を思い出す。

    〆にお茶漬け。

    2e55895c.jpeg残した鯵を細かく叩く。
    そこに胡麻。
    それから大葉を刻んで混ぜて、包丁使ってカタカタゴトゴト、刻んで混ぜてそこに味噌。
    麦の辛めの味噌をへらにのせ、レンジの上で軽く焼いて香りを出して魚にくわえてコトコト、混ぜる。
    なめろう風に仕立ててそれをご飯にのっける。
    出汁に塩を少々いれて、ザザッと周りにかけまわし、ザブザブ食べる。
    ああ、旨い。
    魚の旨味と味噌の風味。
    出汁の香りがあとをひく、漁師ご飯でしめる夜。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    イエヨルゴハン
    やさしいお母さんですね。私も久しぶりに又デビ夫人に会いたいです
    みすゞ橋本さん / 2009/09/20(Sun) /
    ありがたいことです。
    > みすゞ橋本さん
    いまだに頭が上がらぬありがたさです。
    デビサカキもそろそろ元気充填完了のようであります。
    気楽にいろんなところを旅してもらえるようになればなぁ…、なんて思っています。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/20(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    朝のぶっかけ HOME 甘味の王朝、セロリー麺
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]