忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    サンドイッチを朝、作ります。
    明治屋さんの小さめのパン。
    いつもは1.5センチに切ったトーストブレッドを使って作るのだけど、昨日は運良く1センチ幅のサンドイッチ用のパンがあって、それを買う。

    89e4bcd4.jpeg手のひら大の大きさで、このサイズだと具材がピタッと収まるのです。
    一本の半分の長さ分で作ったキュウリの薄切りや、ロースハム。
    まるでそれではさまれるためにあつらえられたみたいなサイズ。
    軽くトースト。
    若干、水気を残して出して、そこにディジョンとバターを塗る。
    小さなパンゆえ、パンの存在感を際立たせたくそれでここでしっかり味をつけておく。
    塩をほどこし水気を切った薄切りキューリ。
    そしてハム。
    フライパンで軽く汗かく程度に焼いた、脂ののったロースハム。
    そして固めのフライドエッグ。
    マヨネーズ。
    そしてケチャップぷちゅっで、パンで蓋してざくっと二つに切り分ける。
    いつもの手順、作り方。
    ボンヤリしてても手が覚えてて、知らない間に出来上がってる(笑)。
    今朝もテキパキ、しかもおいしくできあがり。
    両手を使ってつかまなくても、片手で持ち上げパクッといける。
    ザクザクカリカリ、前歯で何度も何かが歯切れる感じがあって、しかも奥歯をムチッと叩く、今日も良く出来、朝の糧。

    ところで昨日の夜のご飯。

    da591688.jpegグリルプレートで鉄板焼き風ご飯にします。
    実は昨日、新しいグリルプレートを買いまして…。
    ホットプレートの丸いモノ。
    今までかたくなに、こうした調理器具を買うまいとテーブルコンロにフライパンや網、スキレットと、それで我慢したんだけど友人の家に行って、見せてもらった最近のホットプレートの使い勝手の良さにビックリ。
    それでどうしても欲しくなり。
    四角いのがいいよなぁ…、と思ってさがすもどれも大ぶり。
    それで丸い形のモノで、蒸し器にもたこ焼き器にもなるタイプのモノを買ってくる。
    テフロン加工がシッカリされてて、油をほとんど使わず焼ける。
    便利であります…、それで夜。

    具材は牛肉。
    帆立貝にチョリソに白菜。
    牛もも肉やバラの部分を薄切りにした端材っぽい肉。
    一枚いちまいを伸ばして焼くとすぐ焼けてしまう。
    けれど同時に肉汁も出てしまっておいしくなくなる。
    だからクルンと丸めて置いて、何度も何度もひっくり返して外はカリッと、中はフックラ焼きあげる。
    白菜は焼くと甘くてしかもあんまり水気を出さない。
    だから鉄板焼きの具材のひとつにボクは好き。

    〆を茶そばで瓦焼きそば風にする。

    e101b3c8.jpeg山口県の下関地方の郷土料理で、実は昔、これを日本全国に広めよう…、って仕事をやってたことがある。
    分厚い瓦を焼かなきゃいけない。
    それで茶そばを焼いたのを、そばつゆにつけ食べるという独特だけど、なかなかファンがつきそうにない料理と判断されて結局、そのプロジェクトはなくなっちゃった。
    そのとき習った作り方。
    ケンミンショーで紹介されてるのをみて、ひさびさに昔取った杵柄を発揮する。

    茶そばを茹でます。
    本当は蒸した茶そばを使えば簡単にできるのだけど、東京ではなかなかそれも手に入らない。
    だから固めに茹でた茶そばをフライパンで軽く炒める。
    具材は肉の甘辛煮。
    錦糸卵にみじんぎりのネギ。
    それらを全部、グリルプレートの上にのっけて鉄板に触れた麺がカリッと焦げていくまで焼く。
    それをそばつゆにトプリとつけて、フルっと食べると麺がサクサク、パリパリ歯切れしかも中がムチッとやわらか。
    不思議な食感…、ひさしぶり。
    普通の蕎麦ではこうはいかない…、不思議なほどに頑丈で時間が経っても食感変えぬ茶そばならでは、オモシロイ。

    kinou.jpgそういえば、昨日は暑く、しかも美術館の中を歩きまわったり、家電量販店で品定めをうろうろしたり。
    疲れてしまって甘くて冷たいモノをどうにも食べたくなった。

    それでドトール。
    ヨーグルンを飲むことにした。
    新宿西口地下にある、ちょっと隠れ家風のお店で、空いてるだろうとタカくくっていったらなんの…、100席以上もある客席は争奪戦。
    運良くあいたばかりの席に落ち着きそれで、たのしんだ。

    今年最初のヨーグルンはブルーベリー味。
    それはそれでおいしかったけどもうひとつのフレーバーの、はちみつレモンをためしてみると、うん、おいしい。
    レモンのスッキリした酸味。
    ポッテリとしたはちみつの甘みと風味がヨーグルト味のシャーベットと、相性よくてビックリします。
    シャリッと冷たく、ゴクゴク飲んでしまうと頭がキンと痛くなる。
    頭だけじゃなくて胸が締め付けられるような気持ちになりさえもする。
    なのにどこかあったかく、飲み口なめらか。
    体はシャキッと冷えるけど、気持ちがトロンとあったかになる…、だから余計に好きなのかも…、って思ったりした、オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    今日の晩ご飯
    瓦そばにしちゃいましょう
    こちらでは普通にスーパーで
    瓦そば麺セットがありますので

    香ばしいそばの
    パリパリ感

    ああたのしみ
    ネコスタさん / 2011/05/22(Sun) /
    パリパリ
    > ネコスタさん
    茶そばの麺が水分を吐き出して、パリパリ、ポソポソした食感。
    独特でおいしいですよね。
    瓦そば麺セット。
    うらやましすぎます!
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/22(Sun) /
    みどりめん
    そして夕方
    今日のご飯
    カワラソバッでええ?と
    問いますと

    また
    みどりめん~と
    不評なり

    そうかあ
    今月いっかいたべてたなあ

    それでも
    どうしても
    たべたい

    そこで提案

    焼肉の〆に
    カワラソバッて?ええ

    そしたらそれならいいよと

    野菜中心でやきはじめて
    豚バラ中心でやきやき

    そこにサニーで手に入れて
    おいたかわらそばセットの
    お肉の脂にからませながら
    やきやき

    ほどよくカリッと
    焼けた麺を
    付属のあまいめんつゆに

    はふはうぱりぱり
    ああ幸せな夕飯

    またしようっと

    ちなみにその3食入りの
    麺セット
    しっかり山口のメーカーの
    ものでありました
    ネコスタさん / 2011/05/22(Sun) /
    緑の〆
    > ネコスタさん
    みどりめん。
    確かに、茶そばってみどりめんですネ。
    焼肉の〆のみどりめん。
    うちでは新しい定番になっちゃいそうです。
    もしかしたら普通のソース焼きそばを食べた〆に、みどりめん。
    それもありかなぁ…、と思うくらいのオキニイリになっちゃいました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/23(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    サルバトーレのバフェの今日 HOME 五百羅漢
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]