忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、すき焼きを作って食べる。

    205c0c65.jpegオウチ鍋ってなんだかたのしい。
    しかも日曜。
    急ぎの仕事もめでたく終わり、それでユッタリ。
    赤身のおいしい牛のリブロース肉を買ってきて、具材あれこれ。
    お麩をお湯で戻して水気を搾った、甘辛ダレで煮込むとまるで肉みたいになるオキニイリ。
    焼いた豆腐に小玉ごんにゃく。
    クレソン、タケノコ、茹でた大根、具だくさん。
    最初に牛脂で鍋肌なでて、そこに具材を並べて割り下。
    クツクツ煮るように仕上げてく。

    サシが入って脂がのった和牛ロースで作るときには、ザラメに醤油で焼きあげるのがおいしく作る方法だけど、赤身系の肉はこうして煮込んだ方がおいしく感じる。
    なによりいちいち、食べる分だけ作らなくっちゃいけない「焼き系」のすき焼きじゃなく、まとめて作れる「煮系」すき焼き。
    ワイワイみんなでたのしみながら食べるときにはありがたい。
    噛みしめながら顎をもてなす肉の味わい。
    肉の旨みを吸い込みドンドンおいしくなってく、豆腐や麩。
    香り豊かでほろ苦い緑のクレソン…、せりのようで甘味につかれた舌をスキッとさせる。
    たのしい鍋のアクセント。

    f9831d9c.jpeg山椒をタップリかけて味わう。
    濃い醤油味を普通は生卵で中和するとこ、ボクは生卵を食べぬ人。
    いろんな味の薄め方があり、例えば葛。
    例えば山芋とろろをつけて食べると、溶き生卵に似た効果を得て食べやすくなる。
    けれど一方、味を薄めず舌をだまして食べやすくする食べ方もあり、その一番が辛さを味方につけるってモノ。
    例えばキムチ。
    例えば七味。
    あるいは山椒をタップリかけると、辛味や甘みを感じる前に、舌が辛味に反応し食べやすくなる上、旨みが薄まるコトがない。
    ご飯のおかずにもピリッと辛味がほどよくて、ニッコリ、ゴキゲン。
    オキニイリ。

    289a1cc1.jpeg〆にうどん。
    すき焼き鍋に出汁を注いで、しゃもじで鍋肌、やさしく撫でる。
    鍋にこびりついた肉や野菜のうま味を出汁にうつしてあげる。
    油に脂。
    醤油と砂糖が焦げてカラメル状になった風味豊かを魚の出汁にうつして、まぜて、そこに焼いた油揚げ。
    甘辛味をすいこませ、やさしく煮るときつねうどんに浮かんだお揚げのようになる。
    うどんを入れてグツグツ煮込む。
    刻んだカマボコ、そしてネギ。
    うどんが出汁を吸い込んでちょっと膨れて、フツフツ、小さな泡のように沸騰をする汁につつまれおいしくなってく。
    七味をかけてズルズルします。
    かなり煮込んでヌルンと腰をなくしたうどんも、またおいしいモノでござります。
    喉をやさしく撫でながら、お腹をポワンとあっためる。

    ところでちょっとうれしなつかし系の動画を一本、発見。
    アップルプロダクトの20年の歴史を2分にまとめてみました…、っていう内容。
    それぞれの機種がモーフィングされながら、次々紹介されていくという趣向がなんだかとてもおもしろく、かなりたのしく見入っちゃう。



    AppleIIからはじまって、LisaにそれからMacintosh。
    クラシックからIIにLC、Power Macとほとんど持ってた、使ってた(笑)。
    ラップトップもPortableからほとんど買ったという、ボクのアップル熱の歴史にダブル、笑っちゃう。
    後半部分のノートタイプのメタモルフォーゼ。
    画面は大きく、けれど本体サイズがどんどん薄くなっていく変化がとても感慨深い。
    おもしろい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    はじめまして
    いつも楽しく拝見しております。マックの映像にノックアウトされてしまいました!アップルIIで英語のドリルをし、クラシックでマックを覚え、LCIIで初マイマック。うっかりeMate300まで買っちゃったくらいなのに、ここ2年ほどは仕事の都合で離れています。今はデュアルで動かせるから、次は絶対マック回帰をと心を新たにしました!
    ・・・もちろん、日々の美味しいお話にもうっとりしています!
    Mさん / 2010/07/04(Sun) /
    ボクも
    > Mさん
    ボクもしばらくMac世界から遠ざかっていたんです。
    スティーブジョブスが独立して作ったNeXT社のワークステーションまで買ってしまったお馬鹿さん。
    でも会社がWindowsマシーンを使っていたことからずっと浮気していたのですが、晴れて今はMacintosh三昧な生活中です。
    たのしいですよね…、マックな世界。
    コメントありがとうございます。
    これからもたのしい書き込み、よろしくお願いいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/04(Sun) /
    Appleねぇ。
    大学卒業したときに先輩の持っているAppleⅡに憧れ、LCでやっと手に入れ、Power Mac、パフォーマー、iMacと乗り継ぎましたが、その後は会社に迎合してWindowsマシーンばかり、でも最近また欲しい!!(笑)
    ながやんさん / 2010/07/04(Sun) /
    マイファーストPC
    > ながやんさん
    ボクのファーストPCはアップルIIでした。
    COBOLを使っていろんなプログラムを組むのがたのしくて。
    今とはまるで違った文化を持ったアップルという会社ではありましたが、夢があったのは昔も同じ。
    ナツカシイですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/04(Sun) /
    すき焼き
    私はすき焼きが嫌いだったんです。
    だって仕事で 「もういやっ!!」って言うほど炊きましたから。(笑)
    でも、アメリカに来て時々すき焼き作っています。
    ようやく呪いが解けたかのように・・・。
    春菊がないからなあって困っていたのですが、そうかクレソン。
    いいアイディアをいただきました。
    今度クレソン入れて作ってみます。

    我が家は最後にうどんを作らずに、煮詰まったタレに卵(溶かずに)を割りいれて、黄身が半分煮えたくらいのところで ごはんにのせて食べています。結構美味しいです。
    お試しを。

    Apple製品。うちもマッキントッシュから、倉庫に眠っています。
    夫が「捨てられない」って・・・。
    私は仕事の都合でWindows派でしたが、Macは使いやすいですよね。
    でもまあ、当分はもういいや、って気持ちです。(笑)
    こちらもすき焼きと一緒で、呪いが完全に解けるまで ちょっと時間が必要なようです。

    サカキさんは食べ過ぎて、或いはつくりすぎて 嫌になっちゃった食べ物ってお有りですか?
    ねえねえさん / 2010/07/06(Tue) /
    玉子かけご飯
    > ねえねえさん
    生卵が大嫌いで、だから今はおそろしくて食べられなくなってしまった玉子かけご飯。
    実は子供の頃に相当な好物でした。
    熱々ご飯に玉子を割って醤油と味の素をぱぱっとやってザブザブ食べる。
    ボクはこれさえあれば何もいらない…、っていいながらほとんど毎食食べてました。
    それが今では。
    何がキッカケだったのかはいまだに定かに思い出せず、でもやっぱりもう二度と食べなくていいほど食べたからなんだろう…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/06(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    金蝶ソースでそばを焼く HOME 昼をお部屋で「Mnago tree deli」
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]