忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日までに食べておきたいママ飯、食べる。

    mamatamago.jpg玉子焼き。

    容赦なく。
    徹底的に焼き上げた、ガッシリとした玉子焼き。
    何事も、中途半端が嫌いな性格。
    母が苦手な料理はトロトロ玉子の親子丼。
    いつも鶏の混じったスクランブルエッグご飯のようになってしまう。
    ボクの半熟嫌いが、その執拗に拍車をかけたのでありましょう。
    今日の玉子もこげこげで、端の部分がめくれ返るようになっている。

    具材は海苔。
    それからネギに魚肉ソーセージ。
    全部タップリ。
    だから玉子以外の味が強かったりする。
    海苔のネチッとした粘り気をもったところに、ネギのシャキシャキ。
    多分、一本丸ごと入れたんじゃないかなぁ。
    どこを食べても必ず魚肉ソーセージが口の中にはいってくる。
    ムチュンと粘り気ある食感。
    魚のうま味と風味がおいしい。
    玉子焼きというよりも、乾いてしまった卵とじ。
    砂糖がかたまり甘甘で、まるでカステラみたいなところがあるのも不思議。
    一口ごとに新たな発見があるのがなんだかちょっとオモシロイ。

    c7f87644.jpegセロリのピクルス。
    かつてセロリだとかピーマンだとか、あるいはパセリが嫌いで嫌いでしょうがなかった。
    それにピクルス。
    強い酸味とほのかな甘みというあの組み合わせに、どうにもこうにも我慢ならないコトがあった。
    なのになぜだか、好きになってしまったんですねぇ…。
    ピクルスが嫌いじゃなくなったのは多分、マクドナルドのハンバーガーのせい。
    セロリやピーマンみたいな香り野菜が好きになったのは、多分、母が執拗にボクに食べさせた結果なんだと思い出す。
    特にセロリ。
    たまに無性に食べたくなる。
    疲れたとき。
    お腹がスッキリしないとき。
    ハーブの香りとガリガリとした食物繊維の力強さに元気をもらえるような感じで、今日もそう。
    酸っぱく、しかも唐辛子入りでピリッと辛い。
    それにしても母…、皮をほとんど剥かずに漬けててかなりバリバリ、口の中が食物繊維まみれになった、母らしい(笑)。

    3ac49d45.jpegそれから田舎の練り物、一本。

    「すまき」ってボクらは呼んでる。
    白身魚の練り物をストロー状のプラスティックでグルンと囲んで筒状にする。
    昔は麦の茎を使って作ってた。
    ボクが小さな頃にもまだ麦だった。
    それをそのまま蒸し上げて、かまぼこ状にしていて、回りの管を一本一本剥いて食べるのだけれども、昔は草の青い香りが練り物につき、魚臭さを和らげていた。
    今ではそれも化学素材。
    だから香りがつくことはない。
    けれど昔ほど、練り物自体が魚臭くはないのですネ。
    洗練されたというべきか。
    それともらしさをなくしてしまったと憂えうべきか…、まぁ、なつかしいからいいじゃない。

    ブチュンと歯ごたえ、とてもたのしい。
    粘り気がある。
    けれどサクッとキレイに歯切れる。
    塩の風味がかなり強くて、それがユックリ、魚の味に置きかわってく。
    昔はコレをそのままおやつで食べてたりした。
    切って食べるとおかずになって、そのままかじればおやつな感じ。
    一本一本、キレイに剥けばいいのに、焦って数本まとめて剥いたらブリンとストローにくっつき形が壊れてしまった。
    おいしいモノを食べる前には気持ちをやさしく穏やかに焦らずユックリたべなくちゃ。

    一品、手作り…、ソーミンチャンプルーをひさしぶりに作ってみます。

    99bb8963.jpeg具材は玉ねぎ、ハムにツナ缶。
    シャキシャキ感を残して炒めたスライスオニオンに、千切りにしたロースハム。
    ハムを細く刻んでよく炒めるとコーンビーフのようになる。
    ソーメン茹でて、良く洗います。
    冷たい水でザブザブ、麺の表面のぬめり気を完璧なほどに洗い取る。
    そうしないと、でんぷん質が麺と麺をくっつけてネバネバしちゃっておいしくない。
    麺がかわいそうになるくらい、ゴシゴシザブザブ、両手で揉んで洗って冷たくしめた素麺を、フライパンにバサッと投入。
    そしたらそこにパカッとツナ缶。
    油と一緒にいれてやり、そこから一気に味をつけてく。
    出汁に塩、それから胡椒をタップリいれて、ジャカジャカ、鍋をふって仕上げる。
    最後に青ネギ。
    それから胡麻で風味とプチプチ、細かな食感くわえてやって、さて出来上がり。
    でんぷん料理ではあるけれど、不思議とこれでお酒がすすむ。
    あるいはご飯のおかずにもなる。
    当然、これをご飯がわりにすることだって出来ちゃう重宝…、ひさしぶりに作ったけれどかなりの上出来、おうちご飯のゴキゲンな夜。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    すまき
    初めてコメント致します。ちょっと どきどきしています。いつも 楽しみに拝見しておりますが、懐かしいすまきの登場で 思わず 麦の感触が蘇ってきました。サカキさんと同郷です。ねずみ年生まれも同じです。今後とも 宜しくお願い致します。
    ゆかさん / 2011/03/02(Wed) /
    ねずみ年
    > ゆかさん
    はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    同じねずみ年つながり…、これからもよろしくお願いします。
    実はボクの母の名前も「ゆか」。
    なんだか身近に感じます。
    プラスティックじゃない麦の茎を使ったすまき…、少々、お値段高めでも食べてみたいなぁ…、って思いますよね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/02(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    テールスープで朝とする HOME 喜久水庵と、旅の名残の仙台出張
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]