忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    サンドイッチを朝、作ります。

    f005326d.jpeg週末の儀式のようなおいしい習慣。
    今日は小さな明治屋のパン。
    厚さ1センチに切った薄切り。
    生地のキメがこまやかで、だからトーストするとザクザク、前歯をひっかくくらい乾いて仕上がる。
    トーストサンドにするのにピッタリ。
    それで今朝もトーストサンド。

    いつも以上に入念に、両面焼いてカサっとさせます。
    薄切りきゅうり。
    ハムをグリルして油を拭う。
    それから卵焼きを焼く。
    フライパンに溶いた玉子をジャジャっと流し上にポタンと、とろけるチーズをのっけて溶かす。
    バターを塗ったトーストに、きゅうりを敷き詰めハムをのっける。
    そして再びきゅうりをのせて、焼いた玉子をフンワリかぶせる。
    プチュンとケチャップ。
    それから再びマヨネーズ。
    パンで蓋してザクッと切ると、今日も断面、うつくしい。
    小さなサイズのパンで作ると大きく口を開けずとも、すんなり口が受け止めてスパッと歯切れておいしく感じる。
    パンのキメが細かくてだから一口分でも十分、たのしい噛みごたえ…、存在感が豊かなパンのサンドイッチの朝となる。

    ところでこれ、スンゴイたのしい食品なのでありますけれど…、なんだと思います?
    cheesepencil.jpg鉛筆、あるいはクレオラみたいなデザインの、実はこれがチーズなんです。
    軸の部分はパルメザンチーズ。
    三色そろった芯の部分は、右から赤唐辛子、バジルソースにトリュフのフレーバーと味の入ったチーズになってる。
    鉛筆削りがセットになっててそれで削った削りかすを料理にふりかけ食べるというモノ。
    なんたるアイディア。
    レストランで子供にコレを渡して削ってもらう…、とか、あるいはペンケース付きで持ち運んで一緒に食事をする仲間をビックリさせる、なんてたのしい使い方までできそうで。
    今のところ本格的に量産をする気配はなくて、あくまでプロモーション用に作ってためしに売っただけのよう。
    初回ロットはたった500個…、すでに完売というコトでして、なんだかほしい。
    量産キボンヌでございます!

    それからもひとつ、料理関係の話題をします。

    eigacooking.jpgiPhone用の料理アプリ。
    多機能キッチンタイマーだったり、カクテルレシピ。
    ワインに関するクイズアプリなんかは読み物的に面白かったりしてかなり好き。
    見つけると、ダウンロードしてしまっちゃう。
    実用的なモノはあんまり使わないかなぁ…。
    クックパッドなんてPC上で見たほうが分かりやすいし、案外たよりにならないし(笑)。
    だからレシピモノのアプリはダウンロードしてもすぐに削除しちゃう。

    そんな中…。
    昨日見つけて、こりゃオモシロイかもって、たちまちダウンロードしたのがコレ。
    「映画の一皿」なるアプリ。
    映画の中に出てくる料理のレシピを公開いたしましょう…、って、オモシロそ!
    だって料理が印象的に扱われている作品が結構ある。
    例えばクレーマークレーマーでダスティン・ホフマンが子供のために作るフレンチトースト。
    あるいはゴッドファーザーの中で、ソフィア・コッポラがアンディ・ガルシアと一緒に夜中につくるオレキエッテ。
    あのシーンがあったからこそ。
    あの料理があったからこそ、物語がその先に向かって進んでいける。
    そんな料理の世界をこれで楽しむコトができるのかなぁ…、と思ってそれで使ってみた。
    …、のではありますけれど。
    ちょっと残念。
    WOWOWが放映している映画と連動しているというコト…、だから掲載作品がなんでこんなの?っていうモノが多い。
    映画名から検索できるわけでなく、しかもレシピがその映画で登場した料理のモノではなくて、類似の料理の平均的なるレシピだという。
    レシピアプリとしては不出来で、読み物的に付きあおうと思えど果たせぬじれったさ。
    LAN環境にないと使えぬというとこも、なんだかなぁ…、って思ったりする、レシピアプリの世界はやっぱり玉石混交、しばらく気長に付き合ってみる。
    そんな具合に思う朝。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    cinema table
    IPhoneアプリの記事を見て、この本を思い出しました。
    CINEMA TABLE
    http://p.tl/_lCO

    アプリという点が斬新だけれども、
    ついこの本の方を身贔屓にしてしまいます。

    頑張れば頑張るほどこれの模倣になっちゃうから、あんまりぐぐっとフォーカスした内容にしないのかなあ、なんて勘ぐってしまったり。
    ちりつぶさん / 2011/09/05(Mon) /
    ステキな本
    > ちりつぶさん
    本当ですね、ステキな本。
    不勉強ながら知りませんでした。
    たしかにこんな本があったら、少々のがんばりでは越えることはできないですよね。
    どうもありがとうございます。
    ぜひ、書店で手にとってたしかめさせていただこうと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/09/05(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    オレンジーナじゃないバヤリース HOME カレーの日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]