忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    おうちご飯で朝ご飯…、まずは味噌汁を炊くことにする。

    47068f1f.jpeg昆布を浸しておいた水。
    お鍋にとって、かつを節をタップリ入れてまずひと煮立て。
    昆布を取り出し、それからクツクツ、軽く煮てザザッと濾して鍋にとる。
    黄金色した香り豊かな命のお出汁。
    そこで軽く大根を煮る。
    太め、短めの拍子木にした大根を入れ浮いてきたらば一旦、火を止め休ませる。

    ポーチドエッグを作ります。
    浅いフライパンに水をはり沸騰させたらそこにお酢。
    火を弱くしてお湯が踊らぬようにしたらば、卵を割ってポトンと落とす。
    それから再び火を強くして、卵の白身がチリチリするのをスプーンで軽く中に寄せつつ、熱を加える。
    黄身の上を覆った白身が白い膜に変わっていくのをたしかめて、スプーンでお湯を卵全体にかけまわす。
    卵の白身が固まって、スプーンで黄身を叩くとカチッと確かな食感するのをたしかめお湯から引き上げ休ませる。
    汁も休ませ、卵も休ませ、間になるとを薄切りにして合わせ味噌を作っておきます。
    程良く休みを挟んで初めて実力発揮できるというのは、料理も人も同じコト…。

    田舎の甘い白味噌と、九州鹿児島の麦みそを出汁で溶き最後の仕上げに突入していく。
    大根入りの出汁を温め、そこにポーチドエッグを入れる。
    なるとをいれて、一旦沸騰させたらそこに出汁で溶いた味噌を入れ、いち、にぃ、さん、しと数えて火を止め出来上がり。

    a47be5f8.jpeg器によそってハフっといただく。

    出汁の中でやすませといた大根の中に出汁がしみこみ、なんとおいしい。
    クチュっと歯切れる。
    フックラとして表面スルンとなめらかだけど芯はシャリッと歯ごたえがある。
    最近はやりの低温調理のような仕上がり。
    甘めの味噌の風味も混じって、大根料理としても成立するかもしれない。
    ムッチリとした出汁を含んだナルトも旨い。

    それにしても今日の卵の仕上がり具合、ウットリするほど見事なり…、です。
    白身はカチッとしっかりしてる。
    黄身も周りは火が入っていて、けれどネチッと粘り気のある食感だけは失ってない。
    芯はトロトロ。
    半熟で、噛むとヌルンととてもなめらか。
    けれど外までたれだしてくるようなコトがない。
    これがボクにとってのベストな卵の状態…、なんだかとってもシアワセになる。

    d27fcb16.jpeg九州の友人から、ゴールデンウィークの帰省ついでのおみやげです…、ともらった辛子明太子。
    切れ子だから期待しないでね…、と言われてもらって、封を切ったらなんのなんの。
    切れ子とは言え、見事に太った明太子。
    しかもほとんど一腹分がしっかり入った贅沢なさま。
    無着色にて、ちょっと色は浅いけれども辛子の粉がタップリミッチリこびりつき、見るだに辛そう。
    皮もシッカリしていてそれを、箸でほぐして口に入れます。
    プチプチ、粒がシッカリしてる。
    確かに辛味も強烈だけど、旨みがそれを上回ってる。
    昆布の旨み。
    魚卵自体の甘みを含んだ旨みがキチッと舌にのっかり、だから辛味に惑わされないで味わえる。
    ひとかけ舌に置いたまま、お米をそこにのっけて食べる。
    そして味噌汁…、あぁ、たまらない。

    81d2db3c.jpeg昨日の晩ご飯にでも、と買っておいたおかずをいくつか。
    閉店間際の、デパ地下グルメ見切り品でございます(笑)。

    家庭的な料理を売ってる惣菜屋さん。
    開店間際ということで、3つ選り取り緑でサービスいたします…、という、謳い文句にのって買ったおかず三種。
    ここでボクが一番好きな料理がこんにゃく。
    甘辛味に煮込んだモノで、とてもシンプル。
    醤油の味がズキンと強烈な、味はキンピラ。
    なのに当然食感は、クニュンとハリのあるこんにゃくという、アンバランスが好きな理由で自分でこんにゃくにこうして味を仕込みかせるのはむつかしい。
    圧力釜のような装置で大量に、グツグツ味を煮含めるから、こうして味がしっかり中まで入るんでしょう。
    冷蔵庫から出してしばらく外の温度に馴染ませはした。
    けれど中はやっぱりひやっと冷たくて、朝の頭がスキッとします。

    エビのかき揚げを崩したモノ。
    崩してそれに出汁醤油をかけなじませた。
    だから衣がシットリ、揚げたてかき揚げとは違った食感。
    うどんや蕎麦にのっけてツユを吸い込んだ、天ぷらみたいな味わいで、これはこれでまたオモシロイ。
    茄子のそぼろ煮が最後の一品。
    朝からご飯がすすんで満腹。
    今朝は昨日以上に朝から肌寒く、もしかしたらば雨になるんじゃないかとも言う。
    天気に負けずほがらかに…、今日も一日、がんばろう!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    土曜の昼のフーターズ HOME クルンテープ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]