忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝のご飯を家で作った…、仕事混じりではあるけれど今日からほぼほぼ夏休み。
    それでユックリ家で朝でも作ってみましょう。
    昨日炊いたカレー用のご飯が残っていたこともあり、日本の朝にしましょうかって料理をあれこれつくってはじめる。



    まずは味噌汁…、鍋に出汁はり玉ねぎ落とす。
    クツクツ煮込んで色が透き通ってきたとこで絹ごし豆腐を細かく切って、ポタリポタリと落としてクツクツ。
    田舎の甘い白味噌といて再び煮込んで出来上がり…、お椀に移してネギぱらり。
    ポッテリとした味噌の食感なめらかで、タップリ豆腐をいれたから豆の香りが汁にうつって風味もたのしい…、ツルンと喉を撫で落ちてお腹をポカッと温める。
    白いご飯にお味噌汁、湯気がフワリと漂ってただそれだけでシアワセになる。

    絹ごし豆腐と玉ねぎで味噌汁作ってそれからおかず。



    甘く仕上げた玉子焼き。
    出汁もくわえて四角い卵焼き用の鍋を使って何度も何度も、玉子を流し、焼いて丸めて玉子を流しをくりかえし形を作って仕上げるたのしさ。
    玉子を焼いて作る料理で、こんなにキレイで繊細で、しかもおいしい料理って他にないんじゃないかと思う。



    それから昨日の夜に仕込んでやすませといた茄子の煮物。
    甘辛味の醤油風味で煮あげた茄子…、赤唐辛子をタップリ入れてピリッと朝の大人味。冷やしたモノを再び温めて食べてもいいかと思ったんだけど、夏であります。
    冷たいままで熱々ご飯のおかずにします。
    タップリ中まで染み込んだ甘辛出汁が噛むとジュワリと口の中へとにじみだし、それがご飯と一緒になって口の中がみずみずしくなる。
    脂ののった鮭を焼き、それを出汁に漬け込み仕上げた「鮭の出汁漬け」。
    これも冷たいまま食べておいしいおかずで、熱々ご飯をおいしく食べる…、お腹をやさしく満たしてニッコリ、ユックリしたら家を出る。

    ちなみに本日、徳島の阿波踊りの初日なんだそうであります。



    四国三大祭りのひとつ…、徳島の阿波踊りに高知のよさこい祭り、それに愛媛新居浜市で開催される太鼓祭りで四国四県あるというのに祭りは3つ。
    香川県は仲間はずれ?って感じなんだけど、そもそも四国二大祭りってボクが小さな頃にはずっといわれてた。
    つまり阿波踊りとよさこい祭りの2つでそれらは、四国の祭りというよりも日本の祭りになっちゃった。
    そういやボクが小学校のときのコト…、五年生のときだったかなぁ、運動会で野球拳と阿波踊りを続けて踊った。学年発表だったんだろうと思うんだけど、野球拳って松山の踊りって扱いだったんだろうか?…、未だ不明の謎のコト。

    ところで昨日。
    夜を夜更かし…、ちょっとお腹が空きまして食べなきゃいいのに夜食を食べる。
    マルちゃん生面の塩味があり、それと一緒にちょっと残った夜のカレー…、それを使ってカレーラーメンにして食べようかと。
    多めのお湯にスープを入れて煮立てて味をちょっとみて、塩と胡椒でエッジをきかせる…、そこに乾麺、固めに仕上げて丼へ。残ったカレーを電子レンジであたためて麺の上にそっとのっけて出来上がり。



    やはり正麺の麺はおいしい。
    ムチムチしていてツルツルしてて、しかも歯ごたえシッカリしてる…、袋麺としては少々太めで角張った麺線で、カレー混じりのスープがからんでもその迫力に負けぬおいしさ。
    そもそも正麺…、麺は一流、けれどスープに特徴がなく特に塩味は甘みが強くてあまり好きじゃなかったんだけど、こうして食べるとなんとおいしい。
    ビリッと辛いカレーをスープ状にしてゴクゴク飲むと体の底からスパイスパワーで元気になっていくような、そんな気がした、汗かいた。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ポールにルポール HOME ヨルノコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]