忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    日曜の朝、サンドイッチの朝とします。

    dd26950b.jpg先週作ったサンドイッチ。
    オニオンソテを混ぜ込んで焼いた玉子焼きを主役にしたら、なんともおいしく、ウットリしました。
    それで今朝も玉子焼き。
    具材を赤いピーマンにする。

    粗いみじんに刻みます。
    軽くソテ。
    カリコリ感をのこしたままで、一旦、お皿にとってさまして休ませる。
    ピーマンは、焼くと甘みを思い出す。
    その上しばらく休ませ、冷ますと甘みのレベルがグインとあがる。
    玉子を溶いて、そこにピーマン。
    そしてフライパンでこんがりと焼く。

    それからニンジンを千切りにする。
    皮はそのまま。
    包丁でうすくスライスして、それから縦に切り進めてく。
    手切りの千切り。
    だから太いところがあったり、細くなったりと不揃いなのが次々できる。
    それをフライパンで軽くソテする。
    白出汁をチョチョッと注いで塩を少々。
    胡椒をガリッと砕いてほどこし、しんなりしたらコレもお皿で冷まし休ませ、サンドイッチの具材の準備の出来上がり。

    トーストを焼きます…、明治屋さんのサンドイッチ用の1センチ厚の小さな食パン。

    2d251f77.jpg普通の食パンの二回りほど小さなパンで、このサイズ。
    ロースハムのサイズに合わせて出来ているので、サンドイッチがキレイにできる。
    こんがり焼いて、それを立てかけしばらくさます。
    トーストからは蒸気がユラユラ。
    パンが含んだ水気をキッチリ、吐き出させてから具材を挟む。
    そうしないと、サンドイッチがフニャッとしちゃう。

    トーストブレッドにまずはケチャップ。
    千切りにんじんに、焼いたピーマン玉子をおいて、ハムにそれからカーリーリーフ。
    からしマヨネーズをプチュっとほどこし、パンで蓋してザクッと切った。
    具材タップリ。
    だからいつも以上に縦に高くてそれで、崩れぬようにシッカリ支えてパン切りナイフを当てると確かな手応え。
    ザクザク、スコンとスパッと切れる。

    いつも以上にキレイな断面。
    ザックリとした焼けたパンにフッカリとした玉子の中にクシュクシュ、焼けたピーマンが混じって食感、にぎやかになる。
    焼けたニンジンの甘みに香り。
    コツコツ奥歯をたたく歯ごたえたくましく、ハムのうま味にレタスがシャキッとみずみずしくて、この上もない朝のゴチソウ。

    それと一緒にスープを作る。

    bfe2aec3.jpg昨日、作った野菜のスープ煮。
    アゴ出汁。
    ブイヨン。
    野菜とベーコン。
    それぞれがそれぞれの味を吸い込んで、おいしくなってた煮物の残り。
    ほとんどカボチャ。
    時折ジャガイモという内容を、シノワで漉します。
    スープと一緒に網に入れ、スプーンの背中で潰しつつ漉しだしピュレのようにする。
    トロンとなめらか。
    フードプロセッサーを使ってジャジャっとすればもっとなめらかになるのだけれど、食物繊維のザラッと重たい食感を少々、残して仕上げたくって、それでシノアを使って作る。

    一晩、冷凍庫の中で休ませておく。
    すると脂がかたまり、白いボールのようにポツポツ浮かぶ。
    それをすくってとりのぞき、火にかけ溶かして味を見る。
    ビックリするほどうま味濃厚。
    おいしすぎて、スープというよりソースのような感じに驚く。
    牛乳入れてうま味を薄め、味をととのえ、フツっと煮立ててできあがり。
    白い胡椒をくわえて味をキリッとひきしめて、ふうふうしながら食べると、おいしい。
    滋養に満ちた野菜のおいしさ。
    飲む温野菜って感じがたのしく、お腹がやさしくあったまる。

    それにしても外は本格的な秋の空…、街の街路樹もすっかり秋色。
    ちょっとしんみりする、今朝の気分を音にしたらばこんな音になるんじゃないかって、そんな動画を一枚貼ります。



    2001年に公開された「スイート・ノベンバー」って映画の中の劇中歌。
    エンヤの「オンリータイム」でございます。
    キアヌ・リーブスが主演して、シャーリーズ・セロンとの切ない恋を描いた作品で、サンフランシスコのシットリとした街の景色がメロドラマ気分をかきたて、そこに叙情的なるこの音楽がかぶさってくる。
    実はこの作品自体は、ラジー賞の格好の餌食になった作品…、キアヌ・リーブスもシャーリーズ・セロンも最低男優、最低女優賞の候補にノミネートされちゃっている。
    ロマンス系を演じるキアヌ・リーブスって、どこか間抜け顔に見えちゃう、その弱点爆裂したのがこの映画だったんだろうなぁ…、って思ったりもする。
    とは言えエンヤの音って、この時代の音に違いないってなんだかちょっとなつかしい。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アゴ出汁
    アゴ出汁のスープ。
    美味しいでしょうねえ…。
    なつかしいです。
    先日船で沖に出たのですが、トビウオがいーっぱいいまして。
    思わず「アゴ出汁っ!」と虚しい叫びをあげてしまいました。
    手に入らないので…。

    キアヌ・リーブス。
    結構好きです。
    どこか無防備、どこか抜けてる感もまたよしかと。
    この映画のS.F.はとても綺麗ですよね。
    このイメージを持ってマーケット通りの裏にでも行ったら…悲しく(+怖く)なっちゃうんだろな、と思います。
    北CAは雨が降って、秋が深まっております。
    どうぞよい日曜日を。
    ねえねえさん / 2011/11/06(Sun) /
    ウッカリなキアヌ
    > ねえねえさん
    キアヌ・リーブスはウッカリな感じがしますよね。
    太り方、ボンヤリ仕方、演技、笑い方。
    みんなウッカリ。
    それがもしかしたら母性本能をくすぐるポイントなのかもしれないって思ったりもします。
    サンフランシスコのマーケットストリート。
    特にその南側。
    随分、悲惨な状況になってしまっているようで街の新陳代謝って残酷だなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/11/06(Sun) /
    じつは
    あごだし

    オキニイリに

    なっていただけたようで

    ウレシイカギリ

    八女のお茶屋さん

    お茶村

    とても愛情込めて

    つくられて

    ほんとにあったかいものが

    おおいんです

    ほかにも

    玉露をつかった

    梅干しも絶品で

    それをつかった

    ゴキゲンパティシエールの

    梅干しゼリー

    これ絶品でありました!

    楽天にも出店されてます

    じつはこのあごだしちゃん

    憎いやつでありまして

    牛乳、バター、チーズにも

    相性がよくて

    トマトともいい感じ

    ほぼ万能っ

    なんだかほめすぎかもですが

    それくらいおいしいのです
    ネコスタさん / 2011/11/06(Sun) /
    トマトの相性
    > ネコスタさん
    かなり気に入ってしまいました。
    トマトとは相性がいいだろうなぁ…、と思っていました。
    というのも、これで煮込んだ野菜を食べて、トマトを入れたらラタトゥイユになるだろうなぁ…、と思ったのです。
    今度ためして見ることにいたしましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2011/11/06(Sun) /
    そうなんですっ
    ちょっときせつはずれでは

    ございますが

    きっちりとった出汁

    ではなく

    袋をやぶって

    なかみも

    おいしくいただく感じで

    こっそり

    トマトとフライパンで

    合体っ

    細目の麺で

    冷製パスタ

    なんてちょっとみもだえ

    当然

    オリーブオイルと

    ガーリックさんとも

    けっこう仲良し

    うふふのふ
    ネコスタさん / 2011/11/06(Sun) /
    それを
    > ネコスタさん
    冷製パスタの代わりに、ソウメンで試してみます。
    イマジネーションに応えてくれるカワイイ食材。
    うれしい限り。
    サカキシンイチロウさん / 2011/11/07(Mon) /
    さしでがましい
    とはおもいましたが…

    ソーメン最高ですっ

    もしこっそり

    アンチョビさんが

    いらっしゃらないときは

    ツナさまでも

    なみだがぽろり

    でございます
    ネコスタさん / 2011/11/07(Mon) /
    ますます
    > ネコスタさん
    ポルトガル産のアンチョビの缶詰が寝ております。
    ますますやる気満々です。
    サカキシンイチロウさん / 2011/11/07(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    日曜の昼、そして夜 HOME 夜の家
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]