忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    サンドイッチを作ってはじめる土曜日の朝。



    昨日の午後、仕事の合間に伊勢丹の地下で買い物できる時間があって、それでサンドイッチ用の素材をあれこれ。
    まずはアンデルセンのイギリスパン。酸味が甘みをキリッと引き締め、塩の風味がおいしいパンで、気泡をタップリ含んでる。だからヤックとカラッと軽く仕上がって、前歯で壊れる食感たのしいオキニイリ。
    分厚くできたジャンボンブラン。
    葉っぱと葉っぱがみっちりみっちり詰まった小玉だけれど元気なレタス。
    これでおいしく作ってやるぞと、朝の時間をたのしく使う。



    イギリスパンをサンドイッチ用に薄切りにして、軽くトースト。バターを塗ってマヨネーズ。
    ジャンボンブランにちぎったレタス。甘ぁく焼いた薄焼き卵を重ね上げ、最後にケチャップ、プチュリと搾りザックリ切って出来上がり。
    ひさしぶりに作った今朝のサンドイッチも、よく出来でした。
    ハムもレタスも上等なモノ。なによりパンがザックリ歯切れて、口の中に乾いたパン屑が散らかる感じがにぎやかでいい。
    オキニイリのはちみつコーヒーで作ったアイスオレもおいしい。
    明るい気持ちの朝になる。

    そして昨日の夜のコト。ほどほど飲んで、ほどほど食べて、まだまだ仕事。それで腹ごしらえをと〆をしっかりとることにする。



    肉匠酒場丸信の隣にあって、この界隈では結構人気のあるお店。「珉珉」という中国料理のお店を選ぶ。
    やる気があるのかないのかわからぬ外観に、「餃子の老舗・まいど珉珉です」というとぼけた看板。ただこの「餃子の老舗」というのには意味があって、渋谷にあった伝説の店、珉珉の直系DNAを引き継いでいるお店が赤坂とこの四谷三丁目の店二軒だけという。
    それでいつか来なくちゃいけないと思いながらもなかなか足が前に出ず、そして今日のこの機会。
    お店に入るとそこそこキレイで厨房の中はピカピカしてる。



    メニューは商店街の中にある大衆中華料理店の典型的なる麺+チャーハン、それに一品料理がメインの定食メニュー。
    厨房の中にはお主人ひとりで、なんでも彼がひとりで作ってる。だからちょっと時間はかかる。かかりはするけど、気が遠くなるほどかかりはしない程よい程度の時間で、熱々料理がキチンとできる。
    ボクがたのんだ、マーボー麺にミニチャーハンと餃子をつけたセットなんて、完成時間をピタッと揃えるのがむつかしいだろうに、キチンとできてる。なかなかのもの。しかも化学調味料にたよらぬよき味わいで、こりゃ、めっけ物。



    なにより餃子。皮はムッチリ、焼き加減もよくできて噛むとカリッと表面焦げて香ばしい。
    あんは野菜がメインのモノで、細かく刻んだキャベツにネギ、ニラ。ホロッとそれらが口にちらかり、旨み、香りで満たしてくれる。
    さっぱりしてる。
    なのに味はしっかりしてて、お酢に胡椒をタップリふりかけ食べると素材の味がひきたち、何個だって食べられそうな予感の逸品。
    お腹を満たすに十分で、おいしく気軽なこういうお店が近所にあるっていいじゃない…、って思ったりした。また、来よう。


    関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅



    ところでこの人。カナダ出身の歌手マーク・マーテルさんていう人で、フレディーマーキュリーにそっくりだっていうので一時期、話題になった。



    確かに声だけでなく特徴的な顎の骨格までもが似てる。楽器としての骨格が似ているから声も似てくるのかもしれないけれど、それにしてもよく似てる。
    で、彼がフレディーマーキュリーにのみならず、パヴァロッティまでも真似してみました…、って趣向の動画が公開された。



    かなり凝ったつくりでござる。
    右側の顔はフルフェイス髭のパヴァロッティ風。ところがカメラがグルンと回って顔の左側を写すとなんと、ムスターシュだけのフレディー顔になっている。
    プッチーニの名歌劇、トゥーランドットのヌッサンヌドルマ(誰も寝てはならぬ)といえば、パヴァロッティのおはこアリアで、それを見事に歌い分けてる。
    しかも編集なしのワンテーク。
    オモシロイなぁ…、オモシロイ。世界にはスゴい人がいるもんだって感心します。オモシロイ。

    拍手[9回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    赤坂の珉珉も
    人気ですよね。
    うちのオフィスとTBSの中間にあるのでよく行きますが、行列していたり、かと思えば合間の時間帯にひょっこりカウンターが空いていたり。
    路地奥にひっそりと、「地元のリーマンが来ています」な雰囲気が楽しいです。
    Eikoさん / 2014/10/13(Mon) / URL
    赤坂珉珉
    > Eikoさん
    赤坂珉珉の餃子。
    お酢にタップリの胡椒で食べる、あの食べ方をちょっとここでも真似してみました。
    チャーハンもおいしいんですよねぇ。
    なんだかお腹がなりました。
    サカキシンイチロウさん / 2014/10/13(Mon) /
    日比谷のホテルズ、エスプレッソにエビサンド HOME あれやこれ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]