忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、サンドイッチを作って食べる。

    c287a048.jpeg週末の朝にサンドイッチを作れるシアワセ。
    今週も、一週間が無事終わるんだなぁ…、とホッと安心できる気がする。
    オキニイリのパンが手元にあるときは、その安心感もまたひとしおで今日も明治屋のサンドイッチ用の薄切りパン。
    トーストします。
    いつも以上に入念に。
    二枚1組。
    蓋する1枚だけはこんがり焦げる寸前くらいまで、トーストをして冷ましておきます。

    具材はいつものハムに薄焼き卵焼き。
    今日はキュウリじゃなくてレタスを使ってそれからツナ缶を足す。
    漬けた油をキレイにしぼり、そこに胡椒とマヨネーズ。
    まずそのツナをパンに塗りこみ、ハム、卵焼き、レタスの順で重ねてザクッと2つに切ります。
    キュウリじゃなくてレタスを使うと、サンドイッチがタップリ空気を含んでサクッと軽く仕上がる。
    ツナの魚の匂いがレタスの青い香りでやわらかになり、シャキシャキとした歯ざわりがツナのムッチリした食感をやさしくなだめて明るい食感にしてくれる。
    それにしてもツナのうま味。
    いつもは玉子の甘い香りがずっと鼻先にぶらさがっているようなサンドイッチになるのだけれど、今日は始終ツナの風味と味が口にドッシリあって元気がでるよなオゴチソウ。
    今日はこれからちょっと仕事で渋谷に移動…、空は青くて気持ちいい。

    ちょっと笑っちゃったキッチンガジェット。

    munch.jpg冷凍庫でアイスキューブを作るためのトレーなのでありますけれど、これを使って出来る氷が「ムンクの叫び」の叫び顔。
    その形をしているというのがオモシロイとこ。

    いろんな形の氷を作るためのアイストレーって結構ある。
    星だったり熊さんだったり、いろんな形。
    けれど大抵、かわいい造形のモノがほとんどでなのにこれ。
    不気味で、けれどオモシロイ。

    だって、ムンクであります。
    その叫び。
    とある通販サイトでは「あなたの氷にほんの少々の嘆きを加えてみてはいかがでしょうか?」なんておすすめコメントが載っていた。

    これでスコッチアンドウォーターを冷やせばおそらく、ビターな味がするのでしょう。
    ただこれ…、見ようによってはホラー映画の「スクリーム」に出てくる犯人役がしているマスクのようにも見える。
    そういえば映画の題名「Scream」って日本語で「叫び」、一方このアイストレーの商品名も「Ice Scream」。
    サブタイトルが「Munch"The Scream" Ice Cubes」となっていて、ムンクの叫びと映画のスクリームの意外な共通点を発見しました、今まで気づかなかったというのが不思議な事実、一個8ドル弱で手に入る嘆きであります…、オシャレかも。

    ムンクつながりで動画を一枚貼っておきます。
    ムンクの「叫び」をアニメーション化してみましたというモノなのだけれど、これがかなりヘンテコリンでハマってしまう。



    ふたりの紳士が港町のボードウォークを歩きながら、ただ「死にたくない」と言い続けているそこにミュージカルのワンシーンよろしく叫びの顔をした何者かが歌をうたうというシュールでまるで意味をなさないように思えるナンセンス。
    なのだけれど実はムンクが叫びを描くキッカケになった幻覚をそのまま映像化しているのです。

    私は2人の友人と歩道を歩いていた。
    太陽は沈みかけていた。
    突然、空が血の赤色に変わった。私は立ち止まり、酷い疲れを感じて柵に寄り掛かった。
    それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと町並みに被さるようであった。友人は歩き続けたが、私はそこに立ち尽くしたまま不安に震え、戦っていた。そして私は、自然を貫く果てしない叫びを聴いた。

    あぁ、あまりに忠実…、あの名作にこんな背景があったとは感心しました、オキニイリ。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    やられました!
    衝撃のアニメーションですね。ウィンターバージョンもたまらないし、友人にも教えちゃいます!
    tabbymomoさん / 2012/03/03(Sat) /
    ムンク
    > tabbymomoさん
    悩んでたんだ…、ってしみじみ同情させられるビジュアルですよね。
    これを実写化するのであれば、多分、ビョーク。
    彼女くらいの深い暗闇がないとムンクの世界は再現できないように思います。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/03(Sat) /
    人間関係・猫の昼 HOME ブログの不都合
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]