忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝の食事にトーストを焼く。
    ディーンアンドデルーカでコーンブレッドを買っておいた。チェダーチーズをねりこんで、ザックリ焼けた香ばしいパン。それを使って贅沢トースト。



    よく熟れたアボカドを手のひら使って軽く潰してパンの上。ゴーダチーズと細かく刻んだ脂ののったベーコンを散らしてレンジのグリラーの中におさめる。
    弱火でジックリ。
    チーズはトロトロ、ベーコンの脂がこげてサクサクになったところで出来上がり。ザックリとしたコーンブレッドにネットリとしたアボカドがからんでとろける。
    チーズとベーコンの塩の旨みで十分すべてがおいしくて、お腹がたのしく満たされる。

    それからもひとつ、「モンキーバナナ」っていう甘いパン。4日限定というのを偶然発見し、朝の食後のおやつに食べる。



    シナモンの香りがまずは食欲そそる。茶色く、小さく、ところどころが甘いシロップで濡れている。熟して蜜がにじみしたモンキーバナナのような姿もおいしそう。
    フッカリとした生地の中にはバナナが一本。
    生地そのものはパンケーキみたいな味わいで、バナナの酸味が甘さをキリッと引き立てる。
    ミルクをお供にパクリゴクリと朝のお腹を明るくさせる。オキニイリ。

    そしてランチを新宿で。先日、ちょっと感心した「響」っていうダイニングレストランのバフェ付きランチ。



    メインディッシュをひとつ選んで、それは厨房からやってくる。サイドディッシュがカウンターに並んでて、それは食べ放題というシステム。
    カウンターの中が厨房。臨場感がおいしさ感につながる工夫。その料理の内容が一時期に比べてスゴく良くなってきて、それで今日もやってきてみる。
    かなり人気が出たようで、満席。それでウェイティング。
    ただ待つ人に対する気遣いはなく、中には帰る人もいる。小さな子供連れのお客様には「忙しいからお子様連れはご遠慮いただきたい」などという…、あぁ、勘違いしてるよなぁ…、って思ったりもする。モッタイナイ。

    まずはバフェの料理を並べる。



    かぼちゃのサラダや新玉ねぎのおひたし風のサラダ、シーザーサラダとサラダが全部で6種類ほど。女性客をよびこむ算段。
    汲み上げ豆腐にひじきにナムルと野菜の料理もふんだんにある。
    ネギ、桜えび、竹輪に紅しょうがとユニーク具材の天ぷらさまざま。それというのもココのバフェの最近、売り物にしてるのが「出雲蕎麦」で、蕎麦のお供によき具材を選んで揚げるとこういう天ぷらになるのでしょうネ。
    ちなみにこの9つのパーツにわかれた器。料理同士の味が混じらぬ良さもある。けれど普通のお皿に盛るよりも3割ほども量が少なくなるんだといい、お店にとっても都合よい。だから最近、バフェではこういう器を使うお店が増えた。



    バフェの料理を食べてるうちに、メインディッシュの準備ができる。10種類ほどの中からひとつ。
    「今日の焼き魚はホッケです」というので決めた焼き魚定食。
    分厚いホッケは小さいながらも脂がのって、香りもおいしい。身離れがよく、箸を入れると湯気が出るほど熱々で、口の中がみずみずしくなる。オゴチソウ。
    ご飯は少量。
    バフェがあるからということなんでしょう。お米ご飯を控えてる身にはうれしいもてなしで、それでも半分残しちゃう。



    かわりに蕎麦をおかわりします。最初は冷たくキリッとさせて、スルンとたぐって胃袋の居場所をたのしくたしかめる。
    お替わり分はあったかい汁。ネギと天ぷらをのっけてワサビでビリッと風味をつけて味わう。
    蒸籠に千切り白菜とモヤシをしきつめ、そこに豚バラ肉を並べて蒸した料理があって、当然豚肉はご飯のおかずにして食べた。けれど蒸した野菜がおいしく、それにそばつゆをかけてシャクシャク、麺のかわりに味わいたのしむ。お腹が野菜で満たされる。いいお昼です。また来よう。


    関連ランキング:和食(その他) | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ノミモノタベモノ HOME himawari
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]