忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    辛いものでお腹は熱々。甘くて冷たいものでも食べて、バランスとろうかと喫茶店でひとやすみ。

     


    四谷三丁目の角近くにある「風月堂」をえらんできます。
    まだまだランチ時ということもあって、お茶にケーキの人よりも食事をしている人が多くて、お店の中がカレー臭。加齢臭じゃないのが救いではあるけれど、甘いモノを食べてやろうと盛り上がった気持ちがそがれるような気もした。
    まぁ、しょうがない。
    ケーキの売り場はすっかりすでにハロウィン仕様。洋菓子屋さんはクリスマス前の一稼ぎ…、ってところでござろう。



    モンブランとコーヒーをセットで味わう。
    かつてあんまり好きじゃなかったケーキなのです。栗独特の粉っぽさとエグみがどうにも好きじゃなくって…。
    とは言え昔、蒸し栗を2つに切ってスプーンですくってバクバク食べてた。渋皮煮だって好きだったんだけど、もしかしたらそのとき食べ過ぎて体に耐性がついちゃったのか…、と思っていたけど、歳とりました。
    栗きんとんやモンブランがどうにも食べたいお年ごろ。まったりとして口の中でクリーミーになっていく、やさしい甘さにホっとしました。



    友人はチョコレートパフェを選んで食べる。
    チョコレートアイスクリームにバニラアイス。間にりんごのシロップ煮やモモが入って酸味を添える。
    バナナどっさり。子供の気持ちに戻れるゴチソウ。
    ウェハースの代わりにゴーフルが付いているのが風月堂だね…、って思ってニッコリ。汗も引きます、さぁ、帰ろ。


    関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅



    夜、再び街に出て荒木町をそぞろ歩き。「まことや」に来ます。


    先日見つけた気持ちのよい居酒屋で、今日はカウンターの奥に陣取り、厨房の中の仕事をみながらウレシク食事。
    ねじり鉢巻の背筋のキリッと伸びた凛々しい男子が料理をテキパキ作る。カウンターの外でサービスするのは笑顔のキレイな女性。「おひさしぶり」とやってくるお客様に挨拶することがとても多くて、それだけおなじみさんに愛されているというコトでしょう。
    ボクも早く馴染みの人になりたいなぁ…、と思ったりする。さぁ、注文。



    手っ取り早くの料理をいくつか。串は時間がかかりますからと言われてそれであれこれおたのんだ。
    豆苗ナムルは、固めに茹でた豆苗を塩とスープと胡麻油であえてしぼったおひたし風。シャキシャキしてて口の中が潤う感じがウレシイ一品。
    鯵のフライは分厚く、カリッと衣がしっかり頑丈。醤油をつけてハフっと食べると青い魚の強い風味が食欲さそう。
    マカロニサラダとポテトサラダを半分づつ。上に明太マヨネーズをタップリのっけた今日のスペシャル。クニュクニュ、ショートパスタが歯茎にとても心地よくって食べはじめると終わらぬ危険なオゴチソウ。



    鶏もも肉の唐揚げは、漬け込みタイプじゃなくて味を加えた粉を叩いて揚げた鶏の旨みが素直に感じる仕上がりのモノ。
    千切りキャベツにマヨネーズ。芥子をタップリのっけるようにしながら食べるとシャキシャキムッチリ、歯ざわりたのしくお酒が進む。
    ササミチーズのフライという、頭のなかで口ずさんでると注文しなくちゃいけなくなってしまったまるで呪文のような料理も旨い。これにはウスターソースをかけて、ハフっと味わう。そして串をあれこれと。



    今日は残念ながら焼いておいしい鶏の仕入れがなかったので、と、豚バラ肉を焼いてもらった。塩でカリッと。脂が焦げてサクサク歯切れるおいしさで、ごま油をちょっとたらすとサムギョプサルの味になる。
    シイタケはムッチリ肉厚。噛むとジュワリとおいしいジュースがやってくる。
    フルンと厚揚げ。皮ごと焼いたアボカドは、焦げたところがパリッと歯切れ、中はトロリとなんともなめらか。
    先日、食べてびっくりしたのがカマンベールで、串刺しにして炭でこんがり焼くとまるでお餅のようなネットリ感。蜂蜜ちょっと漬けて食べるとまるで〆のデザートみたいで、気持ちもほんわか。あったまる。


    関連ランキング:焼きとん | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    まことやさんは秋元屋出身だそうですね。カマンベールを焼くのは中々オツな味ですが、フェタチーズは更に先入観を覆す味。コーンスターチ衣で揚げて葡萄と供すのはお馴染み「の」お店の秋の逸品です。御試しを!
    茶碗交番さん / 2015/09/27(Sun) /
    フェタチーズ
    > 茶碗交番さん
    フェタチーズの塩味をコントロールするのはとても難しい。
    考えてみれば中国料理には塩干物を上手に調理する方法がたくさんあるから、の弥七さんなら…、と思わせます。
    サカキシンイチロウさん / 2015/09/27(Sun) /
    ヤハリスシ HOME クロイサソリの昼のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]