忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼に体を温めるものをと、それで新宿御苑の「志な乃」に来ます。



    蕎麦とうどんの専門店。ひなびた風情でいつもは夕方や夜にくるのだけれど、静かでのんびりしたお店。
    たださすがに昼どきはお客様がほどよく入る。とは言え忙しいというほどでは無いのがなんだかホっとできる、よきお店。
    家から歩いて5分ちょっと言う場所にあり、実は水道橋にあるオフィスの近所にも同じ名前の、多分、暖簾分けとか系列店とかなのでしょう…、お店があって、なんだかご縁を感じるお店。それでずっと贔屓にしてる。



    今日の目当ては鍋焼きそば…、ここのおそばは太くて頑丈な田舎そば。
    せいろで食べると、歯ごたえがあり喉越しよりも噛んで味わう顎においしい独特の麺。しかも不思議にみずみずしくて、お腹にドッシリたまるゴチソウ。
    それを鍋でグツグツ煮込んで食べるという、普通の蕎麦ではできぬ芸当。
    鍋焼きうどんもあるのだけれど、ココの透き通ってて、出汁がドッシリした汁に蕎麦の風味や味わい、軽いエグみがぴったりあうオキニイリ。
    土鍋でグツグツ、しかも揚げたて海老天が大きな土鍋を横切るように置かれてやってくるのに、食欲誘われる。



    正真正銘、蕎麦であります。熱々の汁に使ってユックリやわらかになる。なるに従い、ほどよくトロミがついてきて引き締まったそばがきみたいな味わいになる。
    しかも具材が具だくさん。
    ほうれん草にいんげん豆、鶏肉、かまぼこ、甘辛煮付けのしいたけ、ニンジン。
    底に沈んだ具材も一旦、ぐるりとかき混ぜ麺の上に並べてみると、まるで鍋を食べてるみたいな景色になるのが、またアリガタイ。
    玉子を固めに仕上げてもらって、疲れた体の滋養にします。熱々スープもゴクゴク飲んで、体をあっためお腹も満たす。午後の仕事に向かいます。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅千駄ケ谷駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ご自愛ください
    まだまだ
    「頑張りすぎです!」
    の張り紙がおでこに貼られて
    いるんですよ。
    無理をせず、休養をとることが
    一番のお仕事だと思って
    無理をして おやすみください。
    どうぞ お大事に・・・
    ばろんさん / 2014/03/06(Thu) /
    頑張り過ぎの貼り紙
    > ばろんさん
    そんなステキな貼り紙があれば貼っておきたいところです。
    とは言え、仕事をちょっとづつでも片付けねばならず、ボクの代わりになってくれる人がいてくれればいいのですけれどね。
    頑張り過ぎぬように、がんばらせていただきます。
    ご心配、ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2014/03/06(Thu) /
    スティームミルク HOME デラックスな朝ルノアール
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]