忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、早めに仕事が終わってそれで、家に帰る前に飲む。



    家の近所の「肉匠酒場丸信」で、本当はココでなくても良かった。
    どちらかと言えば手っ取り早く、オムライスみたいなモノでお腹を満たして帰りたかったのだけど、目当てのお店は早じまい。
    それでどこにしようかと彷徨うように、四谷三丁目の街をブラブラ。
    一週間ほど前にもココにきたんだよな…、と思いながらお店の中をのぞいたら。



    最近くるたび、シフト違いかお休みかで、会うことなかった女性店長がお店の中に立っていて、それでふらりとお店に入った。
    お店にくるっていうよりも、お店の人に会いに来る。そういう人に出会えることはなんともシアワセ。
    お店の中はほどよくニギヤカ。しかもいつも以上にアダルト系で、ボクらはおそらく下から数えて3番目とか4番目。ヤングでござった(笑)。
    それにしてもこんな明るい時間からお酒を飲める…、アリガタシ。



    串焼きあれこれ。豚バラだとかハラミだとかを焼いてもらいはしたけれど、メインは野菜。シシトウ、シイタケ、ネギを選んでハフっと食べる。
    そういえば、この前食べた新玉ねぎがおいしかった。
    甘くてシャキシャキ、みずみずしくて、最後にほのかに辛味が残る。それと一緒に短冊に切った山芋を梅肉和えにしたのをたのみ、ホッピー開ける。
    野菜で酒が飲める年頃。大人になるってこういうコト…、って思いもします。



    最近ここで必ずたのむ、焼いた納豆の宝袋。
    中にはタップリ、納豆が入ってこんがり焼けている。刻んでさらしたネギがどっさり添えられていて、それと辛子でビリビリシャキシャキさせて味わう。
    このネギのさらし具合が絶妙で、いつも感心。
    そもそもボクは「水でほどよくさらす」というのが得意でなくて、新玉ねぎを先日食べて、真似して作ってみたけどこれがうまくいかない。
    だからこういう料理はお外で食べる料理の代表みたいな感じ。



    焼いた串物ばかりを食べて、今日は串揚げを食べずにすまそう…、体にそれがいいからねって。
    いったそばからやっぱり何か揚げ物ほしくて、それでイカゲソたのんで食べる。
    不思議なことにイカの胴体を揚げてもこんなにおいしくならない。水っぽくってムニュムニュするだけ。
    けれどゲソの部分を揚げるとサクサクコリコリ。歯ごたえたのしく旨みも強い。適材適所は料理の世界にも言えるコト。
    和牛100%のメンチカツっていうのをたのむと、これがなかなか旨くって、そういやココは肉匠酒場。肉を食べなきゃいけないんだネと思って笑う。オキニイリ。


    関連ランキング:焼きとん | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    オワリトハジマリ HOME 表参道でコーヒー2杯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]