忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    先日、はじめて訪れて、いい店だ…、って思った荒木町の「チャンポン匠」

    31ecf025.jpeg酒を呑むのもたのしくて、気軽な雰囲気。
    〆のチャンポンもかなりのモノで、普段使いにいい感じ。
    お馴染みさんになりたいなぁ…、とそう思ってその日は帰った。
    昼は気軽にお腹一杯になれる工夫のある店。
    そう言われ、それで今日は昼にくる。

    長崎チャンポンに皿うどん。
    それに小さな丼がつくセットがメイン。
    どの料理を、どう組み合わせても絶対800円前後になるようになっていて、値段も気軽でありがたい。
    まずは皿うどんをたのんでみます。
    パリパリの揚げた細麺と、やわらかなちゃんぽん麺を茹でた太麺を使った二種類。
    麺のうま味を味わうのなら、絶対、皿うどんは太麺が良い。
    それをたのむと、チャチャッと厨房の中で鍋がこすれる音がして、たちまち出てくる。
    スピーディー。
    作りおきという訳じゃない、手早く作って待たせないというこの勢いがまずはウレシイ。
    プルプルの麺。
    粘り気よりも歯ざわり、歯ごたえ、唇触りを重視した麺の食感がとてもたのしく、そこにムチッととろみの付いた海鮮あんがからみます。
    野菜タップリ。
    イカゲソ、アサリ、エビにそれから長崎かまぼこ。
    コッテリとしたコクとうま味はチャンポンよりも数段上で、味わい豊かであったかい。

    f4490458.jpeg先日食べたチャンポンの「辛口仕立て」が昼にはあってそれをたのんでハフっと食べる。

    スッキリとしたパイタンスープ。
    そのまま食べると、カツオの風味がポワンとただよう。
    けれど辛味をくわえると、不思議なほどに魚の香りがどこかに失せる。
    赤唐辛子の風味がズシンと。
    でもそれがスープのうま味を殺しはしない。
    むしろ野菜の甘みや、海鮮具材の風味をひきたてスキッとさせる。
    それにしてもここのチャンポン。
    あるいは、長崎皿うどん。
    野菜がタップリ。
    キャベツに、モヤシに人参にネギ。
    どれもが食感活かす形で整えられて、しかもシャキシャキ。
    歯ごたえどれもがキチンと残し、日頃の野菜不足を一気に解決してくれそうなところがなにより、ありがたい。

    de3a0760.jpegテーブルの上に醤油にお酢に胡椒に辛子。
    そこに混じってウスターソースがおかれているのが、長崎風でまたうれしい。
    皿うどんにはウスターソース。
    それも酸味が若干つよくて、スパイシーなモノをつかって風味をくわえる。
    お酢だけかけて食べるより、胡椒っぽさがくわわり味に深みもでます。
    お皿の横にタップリ添えた練り辛子。
    ソースをくわえてグルンとかき混ぜて、食べると旨い。
    調子にのると、乳白色したあんかけスープがコーヒー牛乳みたいな色に変わってしまう。
    不思議なほどに、タップリ入れても元のスープの味が変わらぬ。
    それだけ基本がシッカリしてるというコトでしょう。

    辛味チャンポンの麺と具材をキレイに食べて残ったスープにセットでたのんだミニチャーハンを、ポンッと放りこみスープと一緒にすくって食べる。
    サッパリとした塩味のパラッとチャーハン。
    それがまるで辛口リゾットのようになる。
    シットリ、さらさら。
    丼の底をさらうように掬い上げると、案外タップリ、細切れゲソやエビのかけらが残ってて特した気になる…、オモシロイ。
    毎度ありがとうございます…、ってお店の人に挨拶されて、二度目で毎度と言われるシアワセ。
    またまいりましょう…、オキニイリ。

    食後にフクナガ

    916c1fe1.jpeg四谷三丁目に昔からある、ちょっと有名なフルーツパーラー。
    一階に果物屋さんがあり、その直営店。
    だから果物の味と品質には当然自信があるのでしょう。
    売り物は、パフェとジュース。
    どれも季節のフルーツをタップリ使ったレシピで今日は、パフェを食べます。

    ラ・フランスのパフェ。
    すくっと背の高いパフェグラスの一番底には一口大に切ったラ・フランス。
    ラ・フランスのジュースで作ったシャーベット。
    生クリームに半割にしたラ・フランスというまさにどこを食べてもラ・フランス。
    驚くべきは見事なほどの売れ具合。
    やわらかすぎず、硬すぎず。
    噛むとクチュっと潰れて同時に、ねっとりとしたラ・フランス独特の食べ心地。
    麝香の香りに似た風味。
    仄かな酸味に、上品な甘みを残してやさしく消える。
    この状態の果物を選ぶ目利きがすばらしく、パフェとはすなわち「果物やアイスクリームをパーフェクトな状態楽しむ料理」。
    その理想型のように感じる。
    ソルベをそのまま食べるとシャキッとサッパリしてて、生クリームと一緒に食べると、あらあら、不思議。
    アイスクリームの食べ心地。

    81c829f7.jpeg一緒にフルーツサンドを食べる。
    ここにくるまでフルーツサンドというモノをどうにもこうにも好き煮なれずにいたのだけれど、ココで魅力を初めて発見。
    サッパリとした生クリームと、フレッシュフルーツ。
    リンゴにイチゴ、パパイヤ、キウイにバナナと食感さまざまな果物が口でにぎやか。
    歯ごたえ多彩でオモシロイ。
    なによりパンが絶妙で、塩味強め。
    キメが細かく、空気をあまり含んでいない。
    ちょっと固めの食感で、それが中のふんわかとした具材をキリッとひきしめる。
    同じフルーツもケーキで食べるのと違ってとても居心地良さげで、なんだかかなりのオキニイリ。

    隣の人が食べてたイチゴのパフェの匂いがただよってくる。
    お店の人が説明します。
    上から下へと甘くなるよう、イチゴを選んで使ってます…、って。
    プロの仕事はすばらしい…、大人のスイーツ、午後のコト。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    冬の夜 HOME マンハッタンな土曜日の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]