忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜。近所の仲良しご夫婦と一緒に小さな新年会。



    四谷三丁目の交差点からほど近いとこにある「フェアファックスグリル」を選ぶ。
    日本料理や鍋にすっかり飽きちゃったから…、と。
    たしかに正月にはそういう和系の料理がメイン。だから洋食系の料理を食べたいからというのがココを選んだ理由。
    同じような気持ちの人がおおいのでしょう…、お店はかなりのにぎやかさ。



    まずは白いワインを抜いて、それに合わせて牡蠣にしましょう。
    オーストラリア産の小粒な牡蠣しか今日は入荷がないんですけど…、と、それでもいいやとたのんでみれば、これがかなりの上物でした。
    フックラ太って、渋みをほとんど持たぬ甘くて、ネットリとしたなめらかな味。磯の香りもさわやかで、ドライなワインとの相性もいい。



    ソフトシェルクラブのフリットっていうのを食べる。
    ココで一番のオキニイリ。
    カラッと揚がった脱皮直後の丸ごとのカニ。殻の部分はサクッと歯切れて、中はクチュッとみずみずしい。肉はフワフワ、味噌や卵がトロトロで口いっぱいにカニの旨みが広がるおいしさ。
    しかもソースがカレーの風味を感じるスパイシーさで、ワインがどんどん進む味。



    ナチュラルチーズの味噌漬けは、ネットリとした食感に味がワインのお供にピッタリで、蒸して割いた鶏胸肉と、セロリや生の白菜をピーナツバターとワインヴィネガーと一緒にあえたカリフォルニア風のアジアンサラダ。
    揚げた春巻きの皮がパリパリ、食感たのしいオキニイリ。
    マッシュポテトを食べながら、これにグレイビーソースをかけてくれたらもっとアメリカ的になるのになぁ…、っていいつつそれでもおいしく食べる。



    大きなはまぐりを大胆に使ったペペロンチーノ。おろしたカラスミをたっぷり混ぜて、海の香りが口いっぱいに広がっていく。
    麺の茹で加減もよきアルデンテ。はまぐりの旨みもしっかり絡んで旨い。
    それからリゾット。カニの旨みをくわえて作ったクリームソース。そこにピュレにしたアボカドまぜて、ポッテリ感を際立たせてる。濃厚味で、これもワインの肴になりそうな大人味。堪能しました…、アメリカン。


    関連ランキング:ビストロ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    チーズパスタにハラルなカラオケ HOME カフェのバフェ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]