忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を近所の「の弥七」にくる。



    朝から天気のいい土曜日で、通りを歩くと祭提灯が色あざやかに揺れている。
    春が終わった。
    夏がはじまる。
    そんな季節のメッセージ。提灯が下がっている店、下がらぬ場所と町に対するかかわりがこれでわかるのもオモシロイ。
    ちなみに「の弥七」。軒の下に提灯がユラユラ揺れておりました。



    お店に入るとひんやり涼しく影があり、窓の外の明るい景色が額に入った絵のようで、清楚な店に彩りそえる。
    それにしても、人気のお店になりました。
    最近、数回、満席でやむなく断念。今日も開店と同時に予約のテーブルを残して満席。小さいお店で、だから人気がでるとたちまち入りにくくなっちゃうのです。とは言えそれを大きいお店にしてしまうと、料理、サービスが行き届かない。
    むつかしいなぁ…、なやましい。



    まずは料理の前に前菜。
    鶏ガラスープを出汁に代え作ったふっくら出汁巻き玉子。食感は日本の出汁巻き玉子と同じ。なのに味わいは中華料理というのがたのしい。
    揚げたワンタンに土壌の佃煮。夏でござんす…、元気を出そう。
    いんげん豆の胡麻和えに干海老あえたひと品に、蜂蜜塗って仕上げた叉焼、腸詰めと、味わいとりどり。どれもが味がクッキリしてて、ビールをねだる。



    そしてメインの油淋鶏。
    開店以来、ランチタイムでずっと提供されてる料理で、これを目当てにやってくる人もいるよう。
    揚げた鶏肉にパプリカ、ネギと細かく刻んだ野菜をタップリのっけて提供するスタイルがちょっと独特。ここ仕様。
    久しぶりの今日はハーブ野菜にトマトがちらかり、これもちょっと夏仕様。



    そうそう、鶏肉の厚さが分厚くなりました。
    太ったもも肉がズッシリしてて、しかも断面、見事にツヤツヤ。透き通った旨味ジュースが自然にタラリとにじみだしてる。
    衣がバリッとする食感が油淋鶏のおいしさのひとつではある。けれど今日のは鶏肉の旨味、食感を存分にたのしませてくれるところがアリガタイ。
    酸味まろやかなタレの風味も、鶏の旨味を邪魔せずご飯がすすんでくれる。



    続いて、グツグツ。小さな陶器の鍋に入って麻婆豆腐がやってきます。
    ココの麻婆豆腐は挽き肉使わず、牛すじ肉をトロトロに煮込んだモノを使って豆腐と一緒に煮込む。
    キリッと辛くてそこに肉のドッシリとした味と風味がまじりこむ。赤こんにゃくのクニュクニュとした食感たのしく、山椒の痺れも程よくビリリ。
    調子に乗って食べてしまうと、舌がすっかり麻痺して味がわからなくなるよな麻婆豆腐もあるけれど、ココのはほどよく、食べれば食べるほど食欲わいてくるのがうれしい。



    担々麺をひとつたのんでみんなで分ける。
    ポッテリとしたスープに縮れた細い卵麺がよくからむ。この卵麺がハリがあってなめらかで、ザクザク歯切れる不思議な麺で、ずっと口がそこに留置き味わい続けていたくなる。
    細かな挽き肉。ペーストにした胡麻の他にも粗めに擦った胡麻がたくさん入っててそれがずっとサラサラ舌を撫で回す。ピーナツがそのまま入ってそれがゴツリと砕けていくのもおもしろく、食感たのしいスープが独特。ご飯にかけるとお米をポッテリまとめてくれて、トロンとなめらか。オゴチソウ。



    種なしぶどうにアメリカンチェリー。ライチをどうぞと食後のたのしみ。
    どれもが甘くて、酸味の輪郭もしっかりしててしかも右から奥へと自然に指が動く順番に甘みが増していくステキ。
    やっぱりおいしい。
    今度は夜に来ようとおもう…、オキニイリ。


    関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    家の夜 HOME 工夫のパスタ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]