忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中で一段落した仕事の続きを家でしようと、テクリと散歩。



    新宿経由で新宿御苑を通り過ぎ、ちょうど時間はランチどき。それで「志な乃」で食事をとります。
    民芸風の店のしつらえ。昔からこの場所でずっと商売をし続けている。何十年も変わらず同じを続けてきた、安定感と安心感にホっとする店。
    ランチタイムの一回転目が終わったタイミングだったのでしょう…、テーブルの上を片付けるテキパキとした作業もたのしい。



    昨日から「鍋焼き」と食べたくて、けれど今日はなんだか暑い。ちょっと歩くと汗ばむくらいで、お店に入ってどうしようかと思いもしたけど、初志貫徹で鍋焼きにする。
    ここの鍋焼き。
    取っ手のついた鉄鍋で、クツクツしながらやってくる。
    汁がタップリ。天ぷら、三つ葉が表面飾ってはいるけれど、ほとんどの具材が汁の下に沈んでて見た目を構わず質実剛健って感じが大好き。



    しかもこれ…、鍋焼き「そば」です。
    この店の蕎麦は太くてがっしり、分厚くとても頑丈で、せいろで食べると顎が疲れてしまうほど。
    その分、蕎麦の香りであったり粘りであったりが濃厚で、だからこうして鍋でクツクツ煮込んでも、ヘタれずむしろネットリとした食感引き立つ。
    手切りでところどころに太いところや、切れずに残った端の部分がはいってて、その不揃いな食感がたのしかったりするのであります。



    出汁とのからみもうどんなんかに比べ物にならないほどで、鍋焼き麺はうどんじゃなくて蕎麦に限ると思うほど。
    玉子を固めにしてください…、ってお願いをして、この状態。白身はカチッと。黄身の芯がトロリととろけるよき状態でニッコリします。
    しっかりとしたエビの天ぷら。芯まで熱々。フウフウしながらプチュンと食べる。
    インゲン、三つ葉にほうれん草。
    鶏もも肉のぶつ切りタップリ。かまぼこ、ニンジンと具材もタップリ。中でもニンジンは香りの高い西洋人参。まるでハーブのような味わい。体が芯からあったまり午後の仕事ががんばれそうな気持ちになった。さぁ、歩く。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅千駄ケ谷駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    新記的夜 HOME グッドモーニング・グラノーラ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]